fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

朝礼、塩臭い転校生



「さぁ、今日は転校生の紹介をするよ」
「初めまして、鷲丘神月と言います!」
上着はしていなずに黒シャツであった。

彼は、一体何者なんだ?

遠坂凛が彼を聖杯戦争のマスターだと認識していた、あんなにも魔力の量があるのは異常であり、その魔力源が何なのか知りたくはない、そして、あのサーヴァントは危険大だ。

あれはとてつもなく、えげつない陰陽師だ。

それも、とんでもない呪術を使う男だろう。その正体は、『芦屋道満大内鑑』であった。

安倍晴明の宿敵であり、ライバルであり、そして、何より、安倍晴明が陽を司るならば、芦屋道満大内鑑は陰を司るのは当然の事だ。

「皆仲良くしてください、外圧は嫌ですよ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く