fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

黒聖杯と川の中に石がある

城の地下にある。
黒聖杯があった。
ブラックマリア像。
抑制されない排泄器官のように黒い泥が出ている、川のように、まさに川のように!!!
「令呪を持って命ずる、川の中の石を拾え」
『鳥頭』がネタに走る。
「川の中に石がある、拾いにいく、あ!この川深い!ぼぼぼぼ!ぼ!ぼぉ!ぼぼ!助けて!流されちゃう!ぼぼ!助けて死んじゃう、ぼぼぼ!助けてマスター、ぼ!ぼぼ!」

黒い泥が彼女の全身をおかした。
霊基の髄まで。
そうして現れたのは鴉のキメラのような半人半鳥のような『黒翼公』のような復讐者だ。

五人目のアヴェンジャーである。
どこまでも酷いゲス顔を見せる。

「さ、人間達に裁きをやろっか」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く