fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

真夜中・劇場・マガツからの使者


「君が、マシュ・キリエライトちゃんかぁ」
『汚職刑事』が闇より囁く。
シールダーとしての盾は腐敗する、穢れによって汚染される、その手からは穢れが出る。

だから錆びていった。

そうして盾は壊れた。
彼女の頭は捕まれる。
そして『シネマの中の世界』に入れられる。
 
「盾が無ければ何も出来ない無能さを噛み締めろ、そっちで太陽王(笑)によろしくねー」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く