fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

大黒幕・概要

赤神かだやし
『吸血鬼よりも鮮血する鬼』
アダムとして生まれた存在。

「人はどうして殺すのか?」
「私が仕組みを作ったから」

性罪説の立証をしようとする。
善と悪を知ったが故に堕落していく人間を醜いと断じる、が、少しは楽観視している模様で滅ぼそうとは考えていない様子である。
彼の目的は人間が醜いと断じ終えたい事。

もしも、彼が人間を見捨てたのならば………

カイゼルドラゴン
神の友の父親レウエルメーカー
エデンに蛇を使わせた支配竜。 
血と肉の支配者で深紅の神竜。

「喜べ人類貴様達の願いは漸く叶う」
阿頼耶「そんなのは必要ないんだ!」

鮮血の輪廻の受肉化した姿だ。
血肉の喜び、欲望を尊ぶ外道。
だが人を本来導く立場にいる。
善悪の彼岸からも旅立ちさせたいと思っていて、人理の次のステップのために目覚めた竜、黙示録にて天から落ちる方は落胤だ。
『三番目の支配者』であった。

おぞましき血族はこの竜の因子を代々持つ。

レウエル
始まりの真祖。
ミディアン族の長。
モーセに宿を貸して、旅支度をさせた存在。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く