fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

ブラッディーナイト


「やぁ、我が親友、御機嫌は如何かな?」
本物のワラキアの夜、というのは滑稽な表現、目の前の弟子にして、自分が脚本家なら、彼は演出家だ。
互いに悪性情報を使え、演出家はその根底にある『歪み』さえも使用できる。

『蝙蝠』は創造維持神ならぬ破壊持続神。

世界に歪みをもたらす、汚染物資、真性悪魔、というわけにもいかないのが彼である。

「最高だ、現実と虚構が絡み合うカラミティ、バロック・バイオハザードの始まりだ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く