fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

特異点・悪質隔離腐海魔境・池袋2

「ところがどっこい夢じゃありません!」

カルデアのマスターに通告される。

池袋、溝臭い煩悩が街を彩る魔都!
そこにある闇カジノ、そこで敗北!

ゲームは、コントラクトブリッジである。
「爪が甘いですね、先輩、いや、敗者よ」
ベリベリベリと、マシュの顔が剥がされる。

協力相手でコンビを組んでいたはずの少女、絶対に裏切らないはずの相棒、が偽者!?

その中の顔はなんと怪人二十面相。

「マスター、ここに地獄は紡がれました」
池袋のアーチャーに語り賭ける。
「さて、本物の池袋のアーチャーはどこですかね、貴方は聖杯大戦のマスターである、それ以外、デミサーヴァントなぞしてませんよね、それに、我輩も、負債を追った身です」

「では、令呪を持って命ずる、次の勝負はどんな事をしてでも勝てちなさい………」
偽者の池袋のアーチャーである彼は、この舞台の黒幕の一人にして立会人。
無造作な髪型に、無気力で相手の目を合わせることを嫌う態度が特徴的。また、自分の唾でシャボン玉を作って飛ばすクセがある。
饒舌な方の彼は普通に別のサーヴァント。
本来の彼は無口。
とことん無気力。
圧倒的ダウナー。

「絶対的な強者が、崩れ落ちて歪み這いつくばる顔が見たい、貴方も例外ではありませんよ、カルデアのマスターさん? さぁ新たなるゲームは、怪人二十面相とのポーカー勝負」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く