fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

昼下がりの団地妻


「あ、あん、はぁはぁ、あっ!」

その後、浮気相手は熟睡している。
そんな、彼の顔を撫でながら笑う。
狐の顔、そして九本の尻尾となる。

「さぁて、どうするの、申公豹ちゃん」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く