fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

霊長の守護者

ジャングルの王者。
人のいる社会を拒み森へと帰った。
が、しかし人の温もりに恋しむ寂しがり屋。
法力と業力を同時に使える男であり、あらゆる魔術を納め、二人目の万能と言われている、久しぶりの冠位持ちであり、埋葬機関に匹敵する実力を持ち、アブノーマル・ワンと言われて霊長類最強の代行者がなんと妻であり、恐妻家である、が、実力は拮抗していて、加えて、主人公補正の塊で、どんな相手でも絶対に勝てる、ライバルが増え、仲間が出来る、『蝙蝠』のifであり、順調に行けばゴリラになるし、エミヤと志を同じにするらしいが『蝙蝠』の契約する悪魔は日に日に増えて、加えて本人は作家キャスターなるままの性格をしており悪質パロディが本分である。

なのであくまでifに過ぎない。

起源は『ゴリラ』

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く