fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

無明城の火種

「元凶っ!」

両儀式が虎穴に飛び込む。
其処は日本有数の怨霊の楽園。
都内有数の最も忌むべき霊場。

吉原跡。

女霊が、殺されたがりに彼女に寄る。
カラクリ人形が、殺したがりに寄る。
「なんで、笑顔で死を受け入れる!」

女霊は、皆ただ成仏したがっていた。

カラクリ人形は、皆、殺したがった。
壊す。
苦悶。
声が出ぬはずの物質から声が出る。
破壊する。
破壊する。
破壊する。
破壊する。
破壊する。
破壊する。
破壊する。
「人形は皆俺を求めているのか?」
両儀式の推測は概ね当たっていた。
「…まさか、荒耶宗連の弟子か?」
「不正解だ」
能面をした男。
蝙蝠のようなキィキィと切なげに紡いだ。
「霊媒体質、というのには流石に聞き覚えあるだろう? イタコが減ったのは霊の質が下がったからだ、病み、死を望み、誰もが、生ける屍のように、自分の生に自信がない、つまり、私は、救いたいのだ、哀れな魂をな!」
「それが、この地獄か?」
「最初の禍根は既にばら蒔いた種からだ、私は、その咲いた彼岸花を愛でる事はする、枕にも、服にも、女の香り、それは彼岸に触った霊達だ、お前はこの亡者をなんと見る?」

「分からない、どう言っていいのか、分からない、だが、この殺戮を善意とは思わない」
「良い心構えだ、よくぞたどり着いた偽善者、お前は、殺すことによって満たされる虚無、お前の声は彼岸に触るのを許されない」
「だが、お前を殺す事はできるさ、外道!」
「やってみろ、歓迎する」
その者は死の線で真っ黒だ。
死で満ちていた亡者である。
「反魂の術は魔法の域には未だに届かない」
「お前はそこまでなんで生き足掻く?」
「救いたいからだ、私は涙を流す女を放っておけない、慈善事業にも劣る愚鈍エイリだがな」
「何が愚かなんだ?」
「ここに何人の霊がいる?」
「霊気を感じているが見えないのか?」
「そうだ、鈍いものだろう、これを外道よりも、虚ろな無道と言う、さぁ、皆殺せ!!」
「お前も死にたいのか?」
「下らん、それは輪廻転生のその場しのぎ」
「なら、なぜ殺す?」
「男は醜い、私を含めてだが」

「殺して」「殺してくれ!」「助けてくれ!」「体の自由が効かない!」「謝る!謝るから!」「自首をするから!」「助けて」

男達が群がる。
その者達は自分の意思で体を動かせない。
どいつもこいつも、罪人だ。
女を強姦したり凌辱したり。
セクハラ、パワハラ、虐待。
そんな者達が白き蛆のように足掻いている。
「言っておくが、どういう事か爆発する」

「人間爆弾だと………」

「カラクリ人形と同じギミックはあるがな」
その両目は深淵のように暗い。 
暗澹、怖く、恐ろしい眼の色。
「私は既に無明に到達した、癒すな、救うな、助けるな、同情するな、キリスト教では、人を迷える仔羊というが、私はもう、迷宮の黒山羊、霊満ちる柳の王ブーネであるゆえに」

「かはっ!」

背後からの攻撃。

「ッ!」

カラクリ人形の後にはね。
ビスク・ドールも混ざる。

「………お前は、今、何を感じているんだ、この地獄絵図を哀れんだか、哀しんだのか?」

その返答は彼の感情、心、精神の壊死を意味していた、惨く、惨く、酷く、酷い、解答。

無感動アグゼリュス


「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く