fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

水面下のライダー



「演算続行、人理はまた一つ化膿性を孕んだ」

その平家蟹と呼ばれる怨霊は禍津冬木の沿岸部にある、一隻の沈没船の中で計測を続ける、彼は『セペクの泥』と呼ばれる存在だ。

「願わくば、この物語が浄められるように」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く