fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

マスター概要4

ジナコ=ゾォルケン

ロシア人と日本人のハーフ、両親が交通事故で無くなり、その遺産で一生暮らせる分の資金を得た、日々、ネットやゲーム、オタク活動に勤しむ、心の闇が深く、心の傷が化膿しているとか、魂まで膿んでるとか言う、包帯を常に右腕に巻き、眼帯もし邪眼を疼かせる、マスターとしていざというとき彼女は不思議とあらゆる卑怯な策を行う。その前段階では極めて戸惑うのに、行う際には不思議と邪な笑みをこぼす、自堕落のせいでムッチリとした体型、一応は元素変換専門の魔術師。
彼女のサーヴァントはなぜか、熊の着ぐるみに着ている、しかし、それは偽りの姿で………

『汚職刑事』
父親が大物政治家であるが、親の七光りを多用して、警察の腐敗による甘い汁を啜っている、真性の外道、自己中心的で享楽主義者。
今作のトリックスターポジション、その二。

遠阪凛
『汚職刑事』に『シネマの中の世界』に突き落とされた、魔術師、第五次聖杯戦争後、聖杯の解体まで終わった後に新たなる聖杯戦争の噂を聞き虎穴に入り込んだ悲劇のヒロイン、ゼルレッチと後で合流する予定だった。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く