fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

プロローグ、そして宣言。

人類最凶の蝙蝠さんが、道化師の仮面をつけながら笑う、笑って、狂って、狂い、言う。

「皆、良く臓物が微笑んでいるな…」
「貴様が来ないのは正解だ、ヘロデ」

拍手、何より、血涙が、ダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラ。

「さぁ虚言の夜を始めよう犇めけ嘶け叫べ」


「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く