fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

マスター概要2


甘粕正彦
未来干渉によってありとあらゆる人類の転換期に現れ、人の勇気と愛を鑑賞しに来た、というか、この聖杯戦争に乱入してきたバカ。
『二頭狐』とはボケとツッコミの間柄の友。

北一輝
『二頭狐』に裏切られた思想家の軍人、片目の魔王を異名とり、復讐より先に、現代社会を憂い、セイヴァーのサーヴァントを呼ぶ。

東郷平八郎
『二頭狐』に頭を抱える軍人の偉い人、彼自身は裏切られてないし、裏切られる必要もないと肝が据わったままでいるが、今回の聖杯戦争の招待状によって、ついに胃が痛んだ。

船坂弘
『二頭狐』を生暖かい目で見守る不死身の軍人、僕の考えた最強のサーヴァント、アーチャー枠代表(マタギィ)を召喚し再会を喜ぶ。

監督役
羽州のきつ………言峰神父。不穏分子筆頭格。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く