話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダンジョン潜って1000年、LVの限界を越えちゃいました

花鳥月下

ダンジョンに行ってくる

「此処がミスクリアか…でけぇな」
キリガは純粋に思ったことを口に出した。
赤髪をカリカリと掻きながら世界最難関と言われるミスクリアに足を踏み入れる。
その前に此処に至るまでの経緯を話そう。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界樹ユグドラシル、森の精と呼ばれる純血のエルフが守人を務める世界最大の大樹であり、魔法発動に必要な‘‘テラ,,と呼ばれる物質の源でもある。

エルフ達は、この大樹の真下に集落を作っており、テラの恩恵を充分に受けて生活している。そのため、純粋な戦闘力ならエルフは世界で三指に入ると言われている。そして、寿命がとんでもなく長い。

本来世界ミルトの人間は、テラを吸収する細胞が劣化して老けてゆく。

一番若々しくいられる年齢は13歳くらいだろうか、普通の種族なら寿命は100年、竜族なら300年位だろうか。
だが、エルフの一族はテラを大量に浴びて生活をしているため軽く10000年は生きる。
世界樹の実を食べると不死になると言われているのはそのためだ。
ちなみにこの世界の種族は寿命が長い順に

エルフ 魔族 竜族 巨人族 ハーフエルフ 兎人族 猫人族 犬人族 狐人族 人間族 子人族

となっている。
ちなみにキリガはエルフ族だ、エルフは森の精と呼ばれており、森の加護を受けているために、髪は白髪緑目が普通だ。

ーーーーしかしキリガは違ったーーーー

彼の容姿は赤髪金眼と誰にも似つかない『変異型』だった。

『変異型』は代々何かしらの力を持っている為、ステータス次第で彼を殺す事にし鑑定士に鑑定して貰った所、ステータスに問題は無かった、そればかりかとある加護を受けている為、一族はこの少年を仲間、いや王と認めた。

何故なら彼の持つ加護はーー

世界樹ユグドラシルの御加護
……テラを最も吸収する年で肉体の成長が止まる。だが、能力の成長は止まらない。
……全属性耐性
……全能力強化
世界樹ユグドラシルが求めた者に対して与えられる

まさに、世界の欲している存在と言えるほどの物だったからー

エルフ族はキリガを隔離し、他国からの詮索に対策をした。森と共に在るエルフ族の知恵は伊達じゃなく、高密度のトラップを仕掛け、キリガを守った。

しかし、長くは続かなかった。
キリガ自身が自由を求めたからだ。
彼を止める権利は誰にもないし、そもそも止める事は出来ない。

何故なら彼は13歳でエルフ族の誰より強かったからだ。

いや、正確に言うと13歳の肉体を持った100歳という事になる。
エルフ族の族長は、旅立ち前のキリガに言伝をした。
『キリガ、お主の力は強大じゃ。じゃからと言ってむやみに使ってはいかん。身の危険や魔物との戦闘、そして本当に大切な者を護る為に使うのじゃ。よいな?』
族長は、静かに言った。キリガ自身も真剣な顔つきーー
「じぃさん、それ何百回目だよ!!」
『ん?はて?999を境に覚えておらんな……?』
「千越えとんのかい!!」
ではなく、頭を掻きながらキレのある突っ込みをしていた。まぁその後族長から必要最低限の金を貰い、キリガは里をでた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、今に至る。
「よし、行くか。」
こうして彼のダンジョン生活が始まったーー



どうも、花鳥月下です!二作同時更新中なので投稿がまばらですが宜しくお願いします!

「ダンジョン潜って1000年、LVの限界を越えちゃいました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 花鳥月下

    >>ヤゾラ13さん、ご指摘ありがとうございます。そして、申し訳ございません。次回から改善していきたいと思います。

    2
  • 瑞樹の相棒ヤゾラっち

    文と文を開けてないから非常に読みにくい

    2
コメントを書く