異世界の復讐者

3話 

(いったいどうなってるんだ?転移?ウォーカーの血族?)
秋斗は目の前で進む過去の痛ましい光景の前に何があったのかを目でみて音で確認するが理解できずにいた。
そんな秋斗をかまわず進む動画の中の光景は刻々とあの惨状に進んでいた。

「はぁぁ」
「パラサイト」
「なっ!ぐぁっ」
「ドドーン」
右手の拳で殴りかかるエリスそんなエリスの拳を魔法で止めれずマルクがぶっ飛びリビングの壁へぶつかり大きな音をあげる
「さすがウォーカーの一族魔力のみで私の魔法を防ぎますか!ですが転移から約20年魔素の無い世界で生きてきたあなたには私にかすり傷すらあたえる事は出来ません。」
まるで何もなかったように無傷で立ち上がってくるマルク

「エリス!悠里を連れて逃げろ!」
「でもあなたが!」
秋次はエリスに悠里を連れて逃げろと言う。動きを魔法で止められている秋次を置いて行けないと叫ぶエリス

「これはこれは美しい家族愛ですね~そんなあなた方にはわたくしから最高の死にかたをプレゼントさせて頂きます!」

興奮したような高い声で楽しむように死をあたえると宣言するマルク..そして秋斗には地獄の光景が始まった。
「パラサイトミッション」
マルクが呪文を叫ぶと父の体が動きだした。
「なっ!なんだ体が勝手にうごく。おいやめろ、やめてくれ」
秋次はキッチンにあった包丁を右手で手に取った。そしてリビングの隅で泣いている悠里にむかって歩き出す。
「やめて!」と叫ぶエリスが必死に悠里元へ走り悠里を掴み玄関へ逃げようとする
「やめろぉぉ」
「ぎゃあぁぁ」
秋次がどんなに必死に叫ぶも秋次の右手から降り下ろされる包丁がエリスの右太ももを抉る
悠里を庇い右足を引きずりながら玄関へ進むエリス
泣き叫びながら再度右手を降り下ろす秋次
笑いながらその姿を楽しむように眺めるマルク
「いやぁぁぁぁ」
「うぇーーーん」
「やめろぉぉぉ」
母の手から娘を奪いとる父の体が妹の胸を刺す瞬間を止められない過去の動画に秋斗は目から血を流す
動かなくなった娘を放り投げるもう死んでいる娘を瀕死の母エリスは庇うかのように上に覆い被さる
「秋斗生きて」
小さな声で呟く声がはっきりと秋斗の耳には聞こえた。
「あぁぁぁ」
「プシュ」
とどめの一撃かのように背中に深く刺さった包丁から秋次の手が離れた。
「殺してやる、殺してやる、殺してくれ、殺してくれ、殺してやる、殺してくれ」
父の叫ぶ声がどんどん小さくなる。

「終わった?あー終わったみたいだね。どうする?君死ぬ?まぁ生きていてもどうせ今のままじゃみずから死ぬか!はははっ」
「殺してやる、殺してやる、殺してくれ、殺してやる、殺してくれ、殺してやる」
マルクの声に壊れたように繰り返す秋次

「しょうがありませんねー今とても気分が良いので願いを叶えてあげましょう!」

秋次はベルトを外し書斎のカーテンの上の部分にベルトを取り付け壊れた人形のようにみずから首を吊り死んだ

「殺す、殺す、殺す、必ず殺す」
秋斗は止まらない血の混じった涙を必死耐えるようぬぐいさる。そしてこの日秋斗は心に誓った。彼奴を「必ず殺す」その為なら邪魔をする奴は全て殺すと...



「終わりましたよ」
父の死を確認しようともせずマルクは他に誰もいない柊家で喋りだした。
「お疲れ様でございますマルク様」
どこからか一人の男が柊家に現れた。
「えーとこれでウォーカーの血は絶やされたって事で間違いない?」
「はい。この家を調べた者によるとあの娘と結婚した旦那と子供が住んでいると報告を受けております。」
マルクの部下らしき者はさらに下の部下の報告をマルクに
伝える

「そうですか!なら安心ですね。異世界の転移には転移者の魔力に比例し莫大な魔力が必要ですからね。あなた方なら数年に一度で転移出来ますがわたしのような体内魔力だと往復の転移に数十年間は転移石に自らの魔力を貯める必要がありますから。」

「左様でございます。それで帰還の転移日でございますが30日後になります。」
「あー確か間を開けないと転移で失敗して体が半分だけ転移したりするんだったね」

確認を終えたマルク達は闇のなかに消えて行くように歩いて家から出ていった。
30日後と聞いた秋斗は今日の日付を思い出す。9月4日、事件のあった日から28日目だった。(後2日で奴を逃がしてしまう!)


「秋斗ーそろそろ帰るぞー」
爺さんの声がリビングから聞こえた。
「あー久しぶりにこっちに着たから友達と会ってくるよ。バスで帰るから爺さん先帰ってて。はいこれ俺の荷物」
「そうか!余り遅くなるんじゃないぞ?」

秋斗は爺さんに嘘をつき一人行動する。
警察にあの動画をみせれば父の容疑は晴れるはず、だが動画をみせたら間違いなく秋斗の手でマルクを殺す事は出来なくなる。秋斗は自ら殺す為一人行動をおこす。

「秋丸封印解除パスワード454311920426」

「パスワード確認しました。封印解除。パンデミックモードに移行します。」

爺さんが家に帰った後秋斗は秋丸君8号改の封印している能力を解除した。封印された能力は秋斗が徹夜続きの夜中にいつの間にか作ってしまった機能。消去するか迷ったが封印と言う形をとっていた。

「まずはこの家から半径100キロ以内の防犯カメラを全てハッキングし衛星とリンク、保存動画に出ていた家族いがいの人間を探しだし追跡しろ」

秋斗は目的を達成するため法を破る。だがまったく躊躇いはない。ただあの男を殺す事を考えていた

「適合率92%追跡を開始します。」
秋丸君8号改が手掛かりをみつけた。
「よし!このまま潜伏先を探せ。俺は一度出掛けてくる。」
「了解しました。行ってらっしゃいませ。」

「異世界の復讐者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く