話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

正反対の僕と彼女~2人の関係の行方~

梅谷シウア

#1 13.教育実習生~彼女はしっかり考えていて~その1

「おはよう、泉さん」
 晴人は昇降口で見つけた泉に声をかける。
「おはよう、晴人。金曜日はごめんね」
「いいよ気にしないで。悪いのは姉さんなんだし」
 晴人は軽く話をした後、日誌を取りに職員室に行った。
「おお、鎌ケ谷。今日はお前が日直か。うちのクラスに教育実習生配属されることになったから困ってたらよろしくな」
「はあ、分かりました」
 晴人は教育実習生について考えながら教室に戻り、日直の仕事を始める。
「おはよう、晴人。教育実習生くるらしいけど知ってたか?」
「おはよう大河君。教育実習生の話なら知ってるよ」
 晴人は朝の日直の仕事を終わらせ、席に戻り教育実習生について話を始める。
「大声では言えないけど、うちのクラスに教育実習生が来るらしいよ」
 仁に職員室で聞いた話を伝える。
「肝心なところの情報はなしかよ。女子大生がいいよな」
「そうか。じゃあその時はお前に学校案内を任せてやるよ」
「おお、持つべきものは親友だな」
「抱き着くなよ、暑苦しいから」
 うっとおしそうにしながら、晴人は仁の相手をする。そこでチャイムは鳴って話は終わりになった。
「えーっ、今日から2週間教育実習生としてこのクラスに配属された高瀬先生だ」
高瀬たかせ結莉ゆりです。これから2週間よろしくお願いします」
 男子生徒たちは目を輝かせ、女子生徒たちは憧れの眼差しを向けていた。
「おい、約束覚えてんだろうな」
「はいはい、覚えてるよ。学校の案内をお前がするんだろ」
「なに、なに、何の話?」
「ただ、頼まれてた教育実習生が女子大生だったら案内をやらせてくれって」
 泉は仁の話を聞いて苦笑いを浮かべた。
「おい、何言ってくれてんだよ」
「事実だろ」
「いや、そうだけどな」
 それから、授業の合間に高瀬先生が質問攻めにあっていたが普段通り午前中の授業が終わった。晴人はいつもの場所へと向かおうとする。
「あれ、えっと」
「あー、鎌ケ谷です」
「そうそう鎌ヶ谷くんどこでご飯食べてるの? 教室では食べないんだよね?」
 晴人は素直に屋上で食べるとも言えずに、軽く考え込む。
「特に決まった場所はないですよ。どこか昼ご飯を食べたい場所ありますか? 案内しますよ」
「そっか、じゃあ中庭で一緒に食べない? この学校について教えてよ」
「ええ、まあ僕でよければ」
 この学校についての軽い説明をすると、部活動の話や私生活について話した。やはり結華の話題は話を広げるのに向いていて、結華の話や音楽について話すと、チャイムが鳴った。
 ふぅ、ようやく解放されたな。屋上で自由に食べるのがやっぱり俺には向いてるな。
「おい、どうしてお前は高瀬先生とあんなに仲良く飯を食べてたんだ」
「捕まっちまったんだよ。それに僕じゃなくて姉さんに興味があるだけだよ」
 結華の話をした時の表情の変わり方を思い出しながら言う。
「まあ、お前の姉さんすごいもんな」
「音楽の才能であちこちからスカウトされてるんだっけすごいよね」
「まあ、あれは才能の塊だからね」
 こんな話をしたりしながら午後の授業をこなし、放課後になった。仁は放課後の予定をすべて蹴り、高瀬先生に学校の案内をしようとしていた。
「じゃあな」
「ああまた明日。ありがとな」
 仁に適当に手を振ると、晴人は部活に顔を出しレポートを出して帰った。

「正反対の僕と彼女~2人の関係の行方~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く