IQと反射神経と運動神経人外がVRMMOやったら!チートだった件

00カイ00

パーティ名

「はぁ久しぶりの本気だわ…」
「乙〜ヨウのおかげでみんなデスペナを受けずに済んだよ」

「そうっぽいな、まあ良い、ただ一つ時間魔法はもう使いたくない、死ぬほど酔うし吐きそうになる…」
「あはは[蓮撃]君は次元違いの戦いをしてくれるから、全く勉強にならなかったよ…」

「褒め言葉として受け取っておくよ」
「さて問題が発生した、[蓮撃]いやヨウ君、君は今この世界DNO最強のプレイヤーになったわけだ、きっと君にパーティの誘いだらけになると思うよ…どうするの?」

「うーん…パーティを作る?」
「じゃあ私そのパーティ入る」
「ははっ二人だけのパーティかい?」

「多分な…じゃパーティ名は思考回路?」
「ダサい!私が考える![心花シンカ]これはどう?」

「んじゃそれで…決定!」

「IQと反射神経と運動神経人外がVRMMOやったら!チートだった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

  • ショウ

    完全に失踪したな

    0
  • 瑞樹の相棒ヤゾラっち

    失踪したな

    0
  • 瑞樹の相棒ヤゾラっち

    短い。蓮撃なのか連撃なのかわからん

    1
コメントを書く