IQと反射神経と運動神経人外がVRMMOやったら!チートだった件

00カイ00

チーター

「おはよう、桜御」
「はよ〜、私はまだ眠いよ〜」
「そうか、そういや、桜御はLevelどんぐらいなんだ?」

「78」
「まじか!俺まだ30だぞ!」
「ねぇ葉はいつ始めたの?」
「昨日だが?」

「!!葉?言ってる意味わかってる?、まずDNO自体がまだ発売が2週間前で、私ですら発売日からやって78なのに葉はもう30?人間?」

「おい!まぁちょっと雑魚狩りしてたらいつの間にか30だっただけだよ」
「おかしい、今日一緒にログインして、葉の雑魚狩り見てて良い?」

「まぁ良いぞ?」


「おっさくっ…シオン」
「それじゃ行くよ〜」
「オー」

「別に見てても面白くないぞ?」
「良い早くやって?」
「はい…」

んと、上、右、左下、正面で行けるな

葉は上にいる、ゴブリンを斬り殺し、
右にいるゴブリン2を逆手に持ち替えた剣で斬り、左下にいるコボルトを逆手で持ってる剣で刺し、刺した剣を真っ直ぐ持って正面にいるゴブリン3の頭蓋に差し込んだ…

「ふぅ、まぁこんなもんだな」
「葉…私にはどんな動きをしてるかわからなかった…」

AIですら認識できない速度で葉は動いているせいで、紫苑には何も見えなかった

「えぇ見えないの?」
「葉?やっぱり人間?」
「人間だわ!」

「そうだ、葉フレンド登録しよ〜」
「あぁ」
ポンッ
「おっキタキタポチッと」

「ん、よろしく、そうそう葉、私の事リアルでも紫苑で良いよ〜」
「良いのか?」

「良いの、私が葉の事下で呼んでるし」
「そうか、明日は日曜だから、俺はオールでレベ上げするからここで別れるか?」

「ん〜今日は良い、んで葉は前線に行きたい?」
「まぁなソロでボス狩りできるようにはなりたいな」

「言ってる事おかしいよ〜」
「そうか?じゃ」
「ん〜おやすみ?」

「おやすみ?だな」


葉は凄い…私が剣筋を見れなかった、
本当に凄い、私も負けてられない!


「はぁ〜あ今何時だ?」
[メニュー]
(5時20分)
「うおっ結構時間経ってんな!」
[ステータスオープン]

名前
霜月 葉

LV68

職業
暗黒剣士LV40

装備
鉄の剣


100000

生命力
9000 職業補正+3000
魔力
9000 職業補正+3000
俊敏性
9000 職業補正+3000

9000 職業補正+3000

スキル
[全属性魔法] 
ユニークスキル
[暗黒魔法] [虚無]
[聖白魔法]
職業(固有)
[暗黒剣士LV40] [聖魔剣士LV25]
[魔法師LV40] [剣士LV15]
[●●●●]
剣技
[スラッシュ] [パリィ]
[三連切り] [二段好き]
[見切り] [バーチカルカッター]
[居合]
固有剣技
[ダークスラッシュ] [心切り]
[聖魔斬] 

「もうちょっとで紫苑に追いつくな…今日はもう寝よう」
「ログアウト」

「IQと反射神経と運動神経人外がVRMMOやったら!チートだった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く