異世界に転生したので楽しく過ごすようです

十六夜 九十九

第37話 レースをするようです

 シロをペットとして飼い始めた俺達は、馬車に戻って、ゆらゆらと揺られている。

 俺的には癒しが増えたことが嬉しいが、面倒事がまた増えそうで気が気でならない。

 ちなみにシロは魔物扱いらしい。名付けした時従魔になりましたって言ってたしな。

 で、そのシロはと言うと。

「ミャー」

「とってもかわいいのー!」

「きもちいい…!」

 女の子達に囲まれて撫でられています。

「わ、わたしにも撫でさせて!」

「リン様そんなに焦らなくてもシロ様は逃げませんよ」

「みんな元気ねえ。でもシロに構うのもほどほどにしてあげなさいね?嫌気がさしていなくなっちゃうかもしれないし」

 ジュリがまともな事言ってる。

 だけどその手はなんだろうね?めちゃくちゃ撫で回してるじゃん。説得力ないよ?

 だが、シロには悪いがちょっとの間構ってもらっていよう。その間にシロのステータスを確認しておくからな。

 それじゃステータス!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マウスネコ
Lv.1
HP:500
MP:50

【魔法】
結界魔法

【スキル】
魅惑・感知・夜目・聞き耳・俊敏強化・無音・毒牙

【称号】
伝説の魔物の子
従魔【シロ】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 まぁペットにするならこれくらいがちょうどいいよな。

 とりあえず知らないスキルを調べておくか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔魅惑〕
自分を見た者を釘付けにする。
〔夜目〕
暗くても昼と同じ見え方ができるようになる。
〔俊敏強化〕
俊敏が強化される。
〔無音〕
自分の出す音を消すことができる。
〔毒牙〕
噛み付いた相手を毒状態にすることができる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 さすがネコと言ったところですかね。ほとんどネコの特性だわ。でも毒牙はネズミかな?

 まぁこんなものだろうな。で、問題の称号なんだが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔伝説の魔物の子〕
伝説の魔物の子である者に与えられる称号。ステータスが上がる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 な、なんと…。ステータスが上がっちゃう系の称号だったとは…。それに伝説の魔物ってやっぱりビャッコですよね。

 うちのペットも大概チートでしたわ。まぁシロ程度じゃあもう何も思わなくなってきたけどな。

 だって俺のパーティメンバーは、スキルを奪えるゼロに、全魔法を使えるレンとリン。攻撃魔法特化でなんでも凍らせるミルに、支援魔法特化で自分にバフ掛けまくって殴りに行くジュリだぜ?

 俺なんてスキルを増やせて、スキル数が多いほど強くなるんだぞ?

「二ャー!」

 あっ、シロが俺の頭の上に戻ってきた。

「おいお前達。シロにもう少し優しくしてやれよ。なんか泣いてる様な気がするぞ?」

「「「「「ごめんなさい」」」」」

「だってよシロ?許してあげてくれ」

「ミャ」

「許すってよ」

 なんて言ってるかわからんがそう言ってるのだろう。

「よし。じゃ、レースするか!盗賊が来て結局してないからな」

 皆は今一度レースの準備に入る。と言ってもスタート位置に並べるだけだが。

 今回のコースは凸形になっており、カーブが多い。上の出ている部分はヘアピンカーブとなっていて、うまく曲がることができるかで勝敗が決まるだろう。

「それでは、レースを開催します。エントリーナンバー1!ミル選手!」

「王者は譲らない…!」

「エントリーナンバー2!ジュリ選手!」

「精いっぱいやらせてもらうわ」

「エントリーナンバー3!ゼロ選手!」

「楽しみなのー!」

「エントリーナンバー4!レン選手!」

「1位を狙っていきます」

「そして最後はエントリーナンバー5!リン選手!」

「前回は全然出来なかったから今回は頑張る!」

「以上!選手紹介でした!」

「これってやらなければならないことだったの?」

「何言ってんだジュリ。これをしないと気が乗らんだろ!」

 俺の言葉に頷くミル。ていうかミルしか頷いてない。分かってくれないかぁ…。まぁいいか。早く始めよう。

「皆さん。位置に着いていますね。ではスタートの合図を出します」

 5人の選手に緊張がはしる。

「3!2!1!GO!」

 合図とともに一斉にスタートする!

「おっと!さすが王者!スタートダッシュでいい位置取りからトップに躍り出る!一方少し出遅れたリン選手!必死でしがみついていく!シロさん、これからどうなるか見ものですねぇ」

「ニャー。ニャ」

「ふむふむ。なるほど。そうですねぇ」

 なにを言ってるか分からないが、そこは雰囲気だ。

 現在のトップはミル。その後ろにレン、ゼロ、ジュリ、リンと並んでいる。

「先頭が最初のコーナーを曲がっていく!おーっと!ミル選手ちょっとスリップしたかぁー!後ろに着いていたレン選手に抜かれてしまったぞぉ!」

 ここでレンがトップに躍り出てミルが2位に。

「ほかの選手は危なげなくコーナーを曲がっていくぅ!さて!2つ目と3つ目のカーブであるS字カーブに入った!ここでゼロ選手を抜いてジュリ選手が3位に上がる!最下位のリン選手はここは綺麗に抜け差を縮めたぁ!」

 現在、レンからミル、ジュリ、ゼロ、リンの順で並んでいる。

「ここから一番の難所!ヘアピンカーブに入ります!シロさんここはどうなるでしょうか!?」

「ミャミャ。ミャーミャ?」

「なるほど。いかに速度を上げた状態で曲がれるかが勝負になると?」

「ミャ!」

 適当に言ったら当たったぜ!

「さて!レン選手とミル選手が並んでヘアピンカーブに差し掛かったぁ!両者の速度はほぼ変わらない!綺麗にドリフトを決めていくぅ!おーっと!ミル選手がリン選手を内側から抜いていったー!」

「ニャアニャ!」

「そうですねぇ。すごいテクニックでしたねぇ。おっと、後続が来ました!3者並んでヘアピンカーブに差し掛かる!おっと!ジュリ選手とゼロ選手少しスピードを出しすぎたかぁ!?コースアウトしてしまったぞぉ!それによりリン選手が最下位から3位に上がる!」

 ヘアピンカーブを抜けた時の順位はミルを先頭にレン、リン、ジュリ、ゼロだ。

「さて、終盤に差し掛かってきました。次は左と右に直角に曲がるカーブが連続でやってきます。ここは立ち直りが重要になってくるのではないでしょうか!?」

「ミャ!」

「先頭が直角カーブに差し掛かりました!おっとぉ!レン選手最初の左の直角カーブが曲がれずコースアウト!大幅な時間ロス!3位のリン選手にぬかれしまったぁ!ミル選手は難なく直角カーブを曲がっていくぅ!後続も危なげなく曲がっていきます」

 ここでの順位は先頭がミル、後ろにリン、レン、ジュリ、ゼロの順。

「ここで先頭が最後のカーブに差し掛かりました!ここはミスをしたくないところ!ミル選手どうか!?……いったぁ!!綺麗に曲がりました!!そしてこのまま先頭でゴール!!1位はやっぱり王者!!王者は強かったぁ!!」

 先頭でゴールしたミルはガッツポーズをしている。

「おっと!2位争いが起きています!!現在の2位はリン選手!ふたり並んでカーブに入ったぁ!レン選手うまい!外からリン選手を抜いていったー!リン選手も後を追いかけるがそのままゴール。2位はレン選手。3位がリン選手となり表彰台が埋まった!」

 リンはもう少しで、2位を取れたのに!、と悔やんでいる。レンは、あそこでコースアウトをしなければ1位争い出来ましたね、とつぶやいている。

「最下位を決める戦い!ジュリ選手とゼロ選手!カーブをほぼ横並びで抜けた!ここは立ち上がりが早い方が勝つか!?結果は……!ジュリ選手が先にゴール!指一本分の差でジュリ選手が先にゴールしました!これにより最下位がゼロ選手となりました!」

「ミャミャ!ミャ」

「はい。とてもいいレースでしたねぇ。次もこんなレース見られると良いですねぇ」

 ジュリは、もう少しいけるかしら?、とか言っていて、ゼロはとてもにこにこして、楽しかったー!、って言っている。

「では、ここで表彰をしたいと思います。1位のミル選手はこちらへ」

「ん!」

「表彰!第1位!ミル!栄光を讃える!」

「ありがとうございます…!」

 そう言って俺は即興で作った表彰状を渡す。

 なかなか様になったレースだったぜ。見てるこっちも楽しかった。またやって欲しいな。

「ミャ」

「お?どうしたんだシロ?」

「ミャーミャ?ミャッ!」

「ふむふむ。自分もレースに出たいと言っているのか?」

「ミャ!」

 当たったみたいだ。と俺は気づく。あれ?俺、対話のスキル持ってたよな?対話のスキル使ったら会話できるよな!よし!使おう!

『じゃあシロも使えるように改良しないとな』

『ミャ!』

 えぇ…。対話ですらミャなの…。言葉どうやってもわからないじゃん…。

「あたしが王者…!」

「次は私が勝ちにいきます」

「レンちゃんみたいに強くなるまで練習する!」

「次は私も本気出そうかしらね?」

「またやるー!」

 そんなこんなで、2回戦が始まって、それからも飽きるまでレースを楽しんだ。

 ちなみに俺は3回目位で実況に疲れたのでシロと一緒に戯れていた。ふわふわしてて気持ちよかったです。

「異世界に転生したので楽しく過ごすようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く