異世界に転生したので楽しく過ごすようです

十六夜 九十九

第23話 ランクアップするようです

「異世界に転生したので楽しく過ごすようです」のいいね!数が100を超えました!
いいね!をして下さった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです!
感謝の気持ちとして今日はもう1話上げるのでそっちもよろしくお願いします!




 ゴブリンキングを倒して王都に戻ってきた俺達は、冒険者ギルドに向かった。

 とりあえずゴブリンキングなんてものがいた事にクレームを付けたい。ゴブリンの報酬でゴブリンキングを討伐するとか俺はそんなに優しくないぞ。

「すいません。ゴブリン討伐のクエストのことなんですけど」

「はい。なんでしょうか?」

「さっき行ってきたんですけど、あのゴブリンたち、ゴブリンキングが出てきたみたいで王都に進行してきてましたよ?」

「そ、それは本当ですか!!」

 ざわざわ…。

 おや?ギルド内がざわめき始めたぞ?どうしたというのだろうか?

「それでそのゴブリンキング達は今どこに!?」

「んー。あの世ですかね?」

「へ?」

「えっと、俺のパーティが殲滅させときました」

「え?」

「あの、だから、えーっと」

「えぇぇええ!!」

「うぉ!」

「すいません!ギルドマスター呼んできます!」

 ざわざわ!

 ん?ギルド内がまた一層騒がしくなったんですけど?どうしたんですかね?

「ギルド内がざわざわしてるのはどうしてだ?」

「あんたそんなのも分からないの?」

「分からないから聞いているんだが?」

「はぁ…」

 俺、ため息つかれたぞ。周りのみんなもやれやれみたいな感じだし。

「簡単なことよ。ゴブリンキングの群を1パーティで殲滅したことに驚いてるだけよ。それをつい最近出来たロリっ子ハーレムパーティがやったって言うのも驚きに含まれてるはずよ」

「あたしロリっ子じゃないもん」

「ばっか!このパーティにロリっ子なんているわけないだろ!」

 これだけで察したジュリ。

「そうね。ロリコンハーレムパーティだったわね」

「ばっかお前!それじゃパーティにロリっ子が沢山いるって言ってるのと一緒だよ!それと俺はロリコンじゃない!」

「あら?ハーレムは否定しないのね?」

「ツッコミが間に合ってないだけだよ!」

「マスター楽しそうだねー?」

「ゼロ様、今主様はツッコミのお仕事の最中なのです。邪魔はいけませんよ?」

「こら!ツッコミのお仕事ってなんだ!そんな仕事してる覚えないぞ!」

「社畜の鏡」

「ミルも不穏なこと言うな!」

 俺のパーティで心の癒しはゼロだけだよ。

「マスターはロリコンハーレムパーティを作ったの?」

 おっと、癒しが一転、地獄に変わったぞ。

「俺、泣いていいかな……」

「あ、あのー?ギルドマスターの所に案内してもよろしいですか?」

「あ、はい」

 もしかしてさっきのくだり見られてた?見られてたらかなり恥ずかしいんだけど。

「それじゃパーティメンバー全員付いてきて下さい」

 受付の人について行き、ギルドマスターの部屋へ向う。

「ジールさん連れてまいりました」

「おお、入れ」

 ギルドマスターと思わしき人物はかなり歳を取っている男だった。体つきからして魔法職をやっているのだろう。

「どうも。わしはジールという。グランザムの冒険者ギルドのマスターをしている。よろしく頼む」

「それで俺達のパーティに何の用があるのですか?」

「直球じゃな。わしはただ報酬とランクアップの話をしたくて呼んだだけじゃよ」

「え?ほんとですか?」

「本当じゃよ」

 おお!報酬とランクアップか!思っても見なかったぜ!

「報酬の話からすると、おぬしのパーティに50万Gを渡すことになる。ゴブリンキングとその群れを討伐しておるから妥当じゃろ」

「おお。ありがとうございます」

「次にランクアップじゃが、1パーティでゴブリンキングとその群れの討伐はSランクパーティ以上の実力なのじゃ。だからおぬしらのパーティはSランクにアップじゃ」

「普通のランクアップみたいに2つまでとか制限はないのですか?」

「パーティに関しては、Sランク同士で組んで作ることもあるからの。特に制限はないのじゃ」

 おお!!マジか!!Sランク!最低からの一気にS!!ジュリなんて、さすがテンプレね!とか言っちゃってるし。

「そして個々のランクアップじゃが、リーダーのおぬしはSランクに、そこのお嬢ちゃん2人はCランクにランクアップじゃ」

「あ、俺Aランクまででいいです」

「なぜじゃ?」

「ギルドカードの色は黒か白がカッコイイですからね。Sランクになったら銀色になっちゃいますし」

「フォフォフォ、おぬし変わっておるの。ギルドカードの色はどうにかなるじゃろ。Sランクになってみらんか?」

「そういうことならSランクになります。ギルドカードの色は黒にしてもらえますか?」

「ああ、いいじゃろう」

 どうやらギルドカードの色はいじれるらしい。まぁ色なんてどこででも付けれるしな。

「お嬢ちゃん2人はどうするんじゃ?」

「あたしは別に」

「私もいいわ」

「変わっておるのはおぬしだけのようじゃな」

 いいえ違うんです。こいつら変わってないように見えますけど、変わってるのこいつらなんです。俺は普通なんです。

「それで?そこの2人のお嬢ちゃんはおぬしの妹達か?」

「わたしマスターの妹なの?」

「ゼロ様。そういうことにしてるんですよ」

「じゃあお兄ちゃん?」

「グハッ!」

 こんな所でお兄ちゃんとかやめて!

「こ、こいつらは俺の従魔ですよ」

「主様いいのですか?」

「どうせお前達が人化出来ることはいつかばれるし、それなら別にいいかなって」

「そうですか、分かりました。ゼロ様。私達は主様の妹を辞めることになりました」

「じゃあやっぱりマスターだね!」

 いい感じに落ち着いてくれたようで安心。

「フォフォフォ。おぬし魔物使いじゃったか。どおりで体つきが一般人と変わらないわけじゃ」

 えっと?俺魔物使いなの?結構自分で戦ってるんだけど。まぁいいか。都合いいし。

「わしが伝えたかったことはこれくらいじゃな」

「そうですか。なら俺達昼がまだなのでこれで」

「またなのじゃ」

「ええ、また」

 俺達はジールさんの部屋をでて、受付に向かった。ランクアップと報酬を受け取るためである。

 俺はSランクになり黒のギルドカードを、ミルとジュリはCランクになり赤のギルドカードを、それぞれ受け取った。後は報酬の50万G。

 パーティランクは俺が水晶に手をかざすだけで更新されました。さすが水晶。水晶はどこのギルドのものであっても便利なのは変わらない。

「おい、見ろよあのパーティ」
「ああ、ロリコンパーティだろ?」
「あのパーティ、Sランクになったらしいぞ」
「はぁ!?そんなわけないだろ!?」
「あのパーティのリーダー魔物使いで、ゴブリン達をテイムしまくって殺し合わせたって噂だぜ」
「おいおいマジかよ!あのリーダー残虐すぎるだろ!」
「これからあいつは残虐ロリコンだな。」
「ははは!いいねぇ!」

 どうして聞き耳スキルが自動で発動するんだ!それとあの残虐ロリコンとか言ったやつとその周辺の奴に俺の威圧かけとこ。

 ビクッ!!ジュワァ…。

 ………失禁したか。まぁそれ相応の報いだな。

『あなた酷いわね?』

『なんのことか分かりません』

 やはりジュリは気づいてたか。でもまぁいいさ!俺はスッキリしたからな!

「よーしそれじゃ宿に戻ってあまってるドラゴンの肉でも食うか」

「やったー!」「肉…!」

 ゼロとミルは食べることに関してはテンション上がるよな。

 ちなみに槍ちゃんはずっとそわそわして、今か今かと待っている。ドラゴンの肉食べる時にでも研いでやろうと思う。名前はもう決めてるしな。

 そして俺達は宿に戻った。

「異世界に転生したので楽しく過ごすようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く