to be Continued ~ここはゲームか異世界か~

秋乃ヒダマリ

1話 『ソレガシ』




「――……おいおい、マジですか…」



 目の前に広がるあり得ない光景に、青年――秋山理一は思わず頭を抱えそうになった。

 ほんの数秒前、オレはゲームをしていた筈だった。
 なのに今、この状況は……


 真っ先に目に入ったのは、赤と白のタイトな服にふわっとした緩い赤のスカート、それに合わせるかのような長く赤い剣を腰に携えた金髪の女性が、リンゴに齧り付きながら歩いている様子だった。

「……何と言うか……うん。」

 赤いな、ものすごく赤い。


 などと感想を披露している最中さなか、視線を感じたのか、くだんの赤井さん(仮)が視線を向けてきた。

 ヤバッ!

 慌てて、赤いさん(仮)から視線を外して、誤魔化すように取り敢えず右から左に順繰りと辺りを見渡す。
 例の赤い人は、幸い気にしていない様で人ごみの中に消えていった。――何か言ってた気がするけど、まあいいか。



 そんなことよりも……これはいったいどうしたもんか。

 洋服屋……小さな屋台……買い物客……往来する人々……エルフ――


「現実……だよな……?」


 明晰夢ではなさそうだ。どういう訳か、夢じゃないという自覚がある。
 だとすれば、可能性として……異世界……とか? いや、ないない。…ない……よな?

 状況整理をしようと思考を巡らせていると――不意に、背後から誰かに肩をたたかれた。


 助けがきたのか!!


 期待を胸に振り向くと……其処には立派な白鬚を蓄えたガタイのいい獣人・・のおっさんが仁王立ちしていた。

 なんだ、獣人・・のおっさんか……って、なんでネコのおっさ――


「――おい、なに道の真ん中で突っ立っとるんじゃ、邪魔じゃろ!」

 その、ドスの利いた野太い声に思わず身体が硬直してしまったが、それは一瞬。
 時間にしてコンマ数秒の後、「あ、すいません」と反射的に謝って道を譲る――この反射速度はひとえに、日本の事なかれ平和教育の賜物だろう。

 オレの対応の速さに満足したのか、白髭のジジイは「うむ、よいぞ」と、機嫌よく(?)右手をヒラヒラと振りながら去って…………は行かずに、何故かオレの顔をジロジロと嘗め回すように(主観)見ていた――


 え…なに、怖いんだけど……まさかソッチ系の人? まずいな、逃げなければ――


「…ワシの耳に何かついとるのか?」

「――え?」

 耳?……あぁ、そう言う事か。
 どうやら無意識のうちにおっさんのを見ていたらしい。
 そりゃ見るだろう、おっさんのネコ耳なんてキモいも――


「――じゃから!! ワシの耳になんか付いとるのと聞いておるんじゃ!!!」

「ッ!! はいッ! ちゅり、てません!!」

「どっちなんじゃ!!!」

「付いてません!!」

 怒鳴られて反射的に答えたが、思わず噛んでしまった。
 いきなりの大声に心臓がバクバクで今にも止まりそうだった。


 そんな秋山の事などはお構いなしに、納得したのか軽く頷いて
「そうか、ならいいんじゃ。」

 それだけ言うと、今度こそおっさんは何処かに去って行った。(耳を触りながら)


「……何なんだ…あのおっさんは……?」

 今しがた起きた出来事に混乱を深める秋山。この数分の出来事は、彼が理解できる範疇を大幅に超えていた。


 頭が可笑しくなりそうだ。よし、ここで一息。




――NPC対話確認、チュートリアルを開始します。

「うォゥ!! 今度は何だ!!」

 突然の声にビックリして叫んでしまった。周りの目が一斉にこっちに向いたがそれ処(どころ)ではない。

 また何か起きるのか! 警戒しながら待った――が、何も起こらない。

 何なんだよホント……ってか、あれ? いま、チュートリアルって言ってなかったか?


――メニューを開いてください。

「ッ!!!!」

 今度は、何とか声を上げずにいることが出来た。『声』はどちらかと言うと『音』として脳に響いている感覚だった。無機質な機械音とでも言うべきだろうか。

 落ち着けオレ……多分、お助けナビか何かだ。異世界の定番だろ。

 ここは素直に声に従っておくべきだ、と判断した。

「……で、どうやって開けばいいんだ?」
 そこからである。


――Q&A承認。右手を前方にメニューを発声。


 右手を前に…『メニュー』……おォぉ。ホントに出てきた。

「えっ、これって……」

――プレイヤー認証完了。プレイヤー名『ソレガシ』


 だよね!? これゼノストの画面と同じだし。

 ちなみに、『ソレガシ』と言うのは秋山のゲーム内でのキャラネームだ。原型は『それがし』なのだが、何故この名前なのかの由来は、本人も憶えていないらしい。



――ステータス引継ぎ完了。Q&Aヘルプ参照。チュートリアル終了。…プツッ

 ……え? いやいや!


「まてまて! ナビとかそういうのないの?!……おいっ!!」

 異世界ならナビは定番じゃないのか!? 名前何にしようかとか考えてたんだぞ!!

 だが、虚しくも秋山の声に答える『音』が響くことは、もう無かった。




 ――サヨナラ、オレの人生……

「to be Continued ~ここはゲームか異世界か~ 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く