最強の高校生

アプス

第1話 襲来と戦い

この世界は人間や動物の他に悪魔や妖怪と呼ばれている存在も共に生活する世界だった。
「・・・というわけで、この式は〜」
その日は何も変わらない一日だった。
(この授業面白くね一な)
そう思ってたのは、神城龍騎という一人の少年だった
彼は授業が終わってから別の授業のため、移動していた。
「あ、龍騎さ一ん」
そう声をかけてきたのは彼の一歳年下で高一の高山香菜だった。
「あれ、香菜じゃん。次は体育なのか」
彼女は体操服を着ていた
「はい、サッカーなんです。だけど、私はあまり得意ではない
んですけどね。」
「まあ、遊び感覚でやればいいじゃん。」
「そうですね。じゃあ、私行きますね一」
「気を付けてね〜」
そして、次の授業が始り彼が寝ようかと思っていた時だった、校庭の方の空から喋っているのが聞こえた
「やあ、人間と悪魔の子供の諸君。私は悪魔のクルワッハだ。ここに最強と呼ばれている者がいると聞いて殺しに来た』
クルワッハと名乗った悪魔は配下であろう者たちを何百と連れて来ていた
そこで体育をやっていた生徒たちは意味が分からな
いと困まっていたが内容を理解した者から恐怖で動
けなくなっていた
「急いで生徒は校会内に避難しろ!3年生と職員の
悪魔は迎撃の準備だ!」 
そう指示を出したのは、3年のシルフィ・クルーソンだった。
彼女は学校で一番強いと言われている生徒の悪魔で有事の際には指揮を執るように魔王から言われており学校もそれを認め
ているのだった。
「ふむ、出てこないのか。なら、出ようと思わせるまでだ。殺れ」
クルワッハは配下の者たちにそこにいる者たちを殺すように命令した
「絶対に敵を校会に近づけないで!魔王様たちに連
絡はしたから援軍が来るまで耐えるのよ!」 
校庭にいた生徒たちがほとんど避難したタイミングで戦闘は開始された。両軍の力は桔抗し、クルワッハがどうしようか考え
ていたその時だった
「誰か助けて一!」
そう叫んだのは逃げ遅れた生徒を助けていた香菜だった。
「やれやれ、私の思考の邪魔をしないでくれたまえ」 
クルワッハはうるさい虫を見るような目で香菜たちを見てから、慈悲のない攻撃をした
そこからは巨大な爆発音が聞こえた
「ふざけたことしてんじゃね一よ」


 ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ̄
初めてこのようなものを害くので文脈がおかしいところが多々
あると思いますのでよろしければ敦えていただきたいです
そんなに頻繁に考えられるわけでもないので面白いと思ってい
ただけた方も続きを気長にお待ちいただきますよう、よろしく
お願いいたします

「最強の高校生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く