銀の冒険者は最弱スキルで成り上がる。

ダックン

武器戦闘

「今日も皆集まってるかぁー!研修開始十分前だぞ!
研修を初めて一週間ほどが経ったが気を引き締めてのぞむように。いいか!」
「はい!」
冒険者一同は今日もギリス平原の自由訓練にむかう。
「相変わらずハイド先生の声はでかいですねぇ、、。それで、アルトくん今日はいったいどんな訓練をしますか。」
「僕は今日武器を使った戦闘をしてみようかなぁーって思ってるけどどうかな。」
「いいと思います。私も試してみたいことがあったので。」
「じゃ、武器戦闘をメインで決まりだね。」
「アルトくんは何の武器を使うんですか?ワンド?それとも、両手剣?はたまた片手剣?」
(凄い、なんだ、今までにないくらい食いついてくるぞ。) 
「アリンは武器が好きなの?」
「あ、はい。私の家は武器を作るのを専門にしている店なので小さい時から馴染みがあって。」
「武器店かぁ。今度お邪魔してもいいかなぁ。」
「えぇ是非どうぞ。もしかしてアルトくんが使う武器ってその腰についている剣ですか。」
「そう。でもこれ、ただの剣じゃあ無いんだよね。『魔法刀』って言って五万年ほど前にあったワノ国っていう場所の刀っていう武器に魔法技術を応用した武器で使ってる人は僕の一族くらいなんだよ。」
「魔法刀。見たことないです!それに、刃もないしどうやって戦うんですか?」
「それは見てからのお楽しみってことで。」
この時彼女の目は今までにないくらい強烈な光を発していた。
(眩しすぎる。)
「今日は少し強めの魔獣と戦いたいな。レベル確認できるか?」
「はい。えーっと、ここから300メートルくらい先にレベル8のソルラビットが3体います。そこにしますか?」
「よし。そこにしよう。それにしてもそのスキルすげぇなー。目に関することならほとんど万能じゃんか。本当に銀か?」
「そんな、全然強くないですよ。いつも足でまといだし。」
実際彼女のスキルは銀なんてレベルじゃあ無いはず。今確認できる力だけでもう金より少し強いくらいのサポート能力を持つ。たが彼女はそれにイマイチきづいていないようだ。

「着きましたね。私は後衛で魔法弓でのアシストをします。前衛よろしくお願いします。」
「弓!銃じゃなくて?扱うの難しい武器のはずだったよね?」
「はい!私これといって特技はないんですけど弓の扱いだけは得意なんですよ。弓は銃と違って音もないので奇襲にもってこいです!」
「すごいなぁ。でも僕も負けてないよ。魔法刀『発』」
その瞬間魔法刀の柄から赤いく光沢があり長さ1m弱くらいの長さの刃が出てきた。
「これはねぇ、属性魔力を込めると込め方によってよれに見合った刃が出てくる特殊な武器なんだ。因みに今込めているのは火属性。じゃあいくよ!」
「我流魔法刀術 焔崩しほむらくずし
僕の手の平に握られた刀は一直線にソルラビットに向かった。
ソルラビットは抵抗しようとその頑丈で刃のような爪でガード体制にはいったが、それは意味を成すことなく終わった。
火属性が込められた魔法刀の刃はその爪の刃をも溶かし直撃。撃破。
残り2体のソルラビットは僕の後ろから襲いかかってくる。
「アリン!すまない。この武器一発打つと反動で10秒程待たないと次の刃が出ないんだ。」
「わかりました。任せてください。」
絶対的中パーフェクトショット
彼女の弓から放たれた矢は1本で2体のソルラビットの体を貫いた。決して一直線上にいたわけではない。矢自体が相手の場所に吸い寄せられるようにまがっていったのだ。
「助かった。いま、何をしたか聞いてもいいか。」
「これは、私のスキルの応用技で風の向きなど全ての目の情報をもとに矢を放つことで100%の確率で的に当てることが出来る私だけの技です。実はこれをためしてみたかったんです。上手くいって良かったです!」
「それだ!」
武器とスキルの応用。なんで思いつかなかった!僕のスキルは属性追加!魔法刀との相性はいいはず。
「少し僕も試したいことが出来た。魔獣は近くにいるか?」
「はい、、いました。西に100メートル進んだところに、?!っアルトくんやばいです。逃げましょう!」
「どうした!」
「ソルラビットレベル20前後の群れがやってきますぅ」
「丁度いい。行こう!」
「嫌ですよぉ。流石にむりですって。ねぇアルトくんー」
「いくぞー!」
「はい、、、。ガクッ。」

「銀の冒険者は最弱スキルで成り上がる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー449777

    早く新しいの出してください

    0
コメントを書く