銀の冒険者は最弱スキルで成り上がる。

ダックン

ライト&ダーク

僕達が初めて戦闘する相手はどうやらソルラビットと呼ばれる獣族魔獣だ。
見た目は兎だが、サイズがまず人間の腰あたりまであり、爪が異様に発達し、その長く鋭い爪で相手を切り裂いてしまう。なんて説明すると強そうに思うがそこまで強いわけでもない。防御力が極めて低いため僕達でも普通に戦えるレベルだ。
「さっそくスキルを使ってみるか。」
僕は息を大きく吸い唱えた
「ライト」
・・・ポッ
僕の手のひらに豆電球程の光が出た。
「う、嘘だろ、まじか。本当にまじか。」
「アルトくん!あぶない。」
僕が落ち込んでる隙にも容赦なく攻撃してくるソルラビット。
弱い魔獣とはいえ攻撃を食らえばダメージを受ける。なんとしてもそれだけは避けたい。
「仕方ない。 フレイム」
僕はスキルを使うことをいったん諦め四属性魔法を使い戦うことにした。
フレイムは見事に的中。ソルラビットを倒すことに成功したようだ。
「ごめん。戦闘中に気を抜いてしまった。」
「いえ、アルトくんがフレイムを放っていなかったら私は攻撃を受けていました。守ってくれてありがとうございます。それに、まだダークの方が残っているじゃないですか!落ち込むのは早いですよ!」
「それもそうだな!次行ってみるか。」
僕はライトを放った時、銀紋が弱いスキルという事を改めて実感した。
もちろん、ダークにもあまり期待はしていない。
悲しい現実だが受け止めるしかないようだ。
そんな事を、考えているうちに二体目のソルラビットがやってきた。

「アルトくん、いましたよ!ソルラビットです。」
僕はすぐに四属性魔法へシフトできる体制でダークを放つ事にした。
「ダーク!」
僕は強くある事を願いを込め大きく唱えた。
・・・?
僕は一瞬何が起こったのか分からなかった。目の前が真っ暗だ。僕は死んでしまったのか?いや、まだ攻撃を食らっていないはず。
「アルトくん!凄いですアルトくんの周囲の光をすべて吸い込んで真っ暗になってます!」
僕は理解した。ダークは魔力を込めた範囲の光を吸い込み光の侵入を防ぐ事により闇を作る魔法らしい。潜伏に使う事が出来るが攻撃には向いてないようだ。
それにしても自分も何も見えないし、相手のソルラビットも見えない。
・・・そうか!
ここでライトを使うことによりその光で視界を確保できる!
「ライト!」
唱えた瞬間僕の手からとてつもなく明るく眩しい光が放たれた。
ソルラビットは完全に目が見えていないらしい。ソルラビットの放つ攻撃は空をきる。
僕には何が起こったのかよく分からなかった。しかしこのチャンスを逃す訳にはいかない!
「フレイム!」
見事に的中。二体目のソルラビットを倒すこと事に成功。
「今何が起こった?」
「アルトくんがライトを使った瞬間周りにとてつもない光が、でも何故か私は目が大丈夫でした。多分私のスキルのおかげでアルトくんの光属性で目くらましを喰らう心配はないようです。」
どうして先程豆電球程の光しか出なかったあの魔法からあれほどの光が出た?違いはなんだ?そうか!
「なあアリン!さっき闇属性魔法を使った時なんて言った?」
「確か、周りの光を吸い込んでって、!そういう事ですか!」
「どうやらそうらしい。ライト&ダーク。単体では力を発揮しきれないこの二つのスキル。しかし二つ合わさる事で力を発揮できるらしい。」
「アルトくんのスキルテキストが変わってます!私のスキルで先程みたときは?になっていた欄が今見てみると、 ライトの特性は光を放つ、光を操る。
ダークの特性は光を吸い込む。光を弾く。
とあります!」
僕はこの特性を聞いた時このスキルは虹に匹敵する力を持っていると確信した。
「このスキル。まだいろいろなことができそうだ。」


「銀の冒険者は最弱スキルで成り上がる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く