銀の冒険者は最弱スキルで成り上がる。

ダックン

東部ADO

「ここが、東部ADO。これから1年間よろしくお願いします!」
僕は近くに人がいないことを確認してから一礼した。

「あのー・・・。」

背後から少し小さい女性の声が聞こえた。
後ろを振り返るとそこには小柄で黒髪でショートカット、顔は整っていて可愛いという表現が1番適切。そんな女の子が立っていた。

「もしかして、聞こえた?」

恐らくこの時僕の顔は真っ赤になっていたのであろう。彼女は少し笑っていた。

「は、はい。聞こえちゃいました。でも、すごくいいと思います!」

そして彼女は続けて
「よろしくお願いします!」と建物の方を向き大きな声で挨拶をし一礼した。そして彼女の顔も少し赤くなっていた。どうやら彼女も僕と同じ新米冒険者らしい。

「えーっと、これからお世話になるかもしれないし一応自己紹介しておく
ね。僕の名前はアラン・アルト。これから宜しく。」
「私の名前はウェート・アリンです。アランさんこれからよろしくお願いします。」
「アリンって呼び捨てにしても良いかな?僕もアルトでいいから。なんか、さん付けって堅苦しいでしょ。」
「は、はいっ!わかりました。」
「そろそろ僕は集合部屋に向かうけど一緒に行く?」
「はい!」

ADO入口門から十分程度歩いたところに集合施設はあった。

僕達ふたりが集合場所についた時には26人中僕達を含め25人来ていた。

「どうやら、僕達は少し遅めだったようだね。」
「結構早めに家を出たつもりなんですけど道に迷ってしまって。そしたらアルト君が施設前にいてくれたので助かりました。」

(僕はそのお陰で恥ずかしい所を見られてしまったけどまぁ、結果オーライか。)

──ガラガラ バタン。

「おはよう!もう皆揃っているか?」
部屋に入ってきたのは、先日とは打って変わって、凄く優しそうで明るい
ハイド先生。

「いやぁー、昨日は緊張したねぇ。まさか自分が神台管理に選ばれるなんてガハハハ。印象かわった?」

(いや、変わりすぎだろ)

大声でツッコみたくなったが辞めておこう。これは絡まれるとめんどくさいやつだ。

──ガラガラ バタン

「ギリギリセーフ!」

大声発しながら入ってきたオレンジツンツンヘアーは間違いない。セルスだ。

「初日から遅刻とは君、いいねぇー!ガハハハ。」

(セルスとハイド先生は、絶対にくっつけてはいけない。)
僕は強くそう思った

「ゴホン。えー、では皆が揃ったのでこれから詳しく東部ADOについて説明させていただきます。
ADOとはAdventureDevelopment office
の略で、ここで1年間君達新米冒険者は『冒険者』を学ぶ事になります
東部ADOの総面積0.565km2
この敷地にはびっちりと君たちを育成するシステムで満ちています。

そして東部ADOの他に西、北、南、中央の四種類があり、君達とは違う地域の新米冒険者達が冒険者を学んでおります。なにか質問はありますか?」

「はい」

「えーっと、君はアルト君だね。質問どうぞ!」

「他のADO冒険者とは何かを行ったりするのですか?」

「もちろん。合同イベントがあるから楽しみにしておいて。」

「他に質問はないかな?ないなら今日の実習訓練について説明するよ。」
・・・
「では実習訓練について説明するよ。今日の訓練はギリス平原で行います。ギリス平原は危険度Fと低いため君たちでも十分に戦うことができると思います。しかしそれでも危険が伴うためペア活動とさせていただきます。
2人1組のペアを作って平原にを探索してもらい、自由に魔獣達と戦ってください。もし、緊急事態に遭遇したら直ぐにペアのひとりが私のところまで来て連絡下さい。質問はありますか?」
・・・
「では実習場所まで移動開始!」


「銀の冒険者は最弱スキルで成り上がる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く