クリフエッジシリーズ第四部:「激闘! ラスール軍港」

愛山雄町

エピローグ

 エドワード王太子はラスール第二軍港で待機していたが、入港してくる自国の艦を見て言葉を失った。

(倍する敵と戦ったから当然なのだが、私がここに来ることを反対すれば、これほど大きな犠牲を払うことはなかった……)

 そのことを侍従武官であるレオナルド・マクレーンにいうと、彼は即座にその考えを否定する。

「彼らの犠牲があったからこそ、シャーリア法国は帝国に降らなかったのです。彼らによって多くの人々が救われました。殿下にはそのことを心に刻んでいただきたいと思います」

 王太子はその言葉に苦笑する。

「相変わらずレオは容赦がない。しかし、言いたいことは分かった。私がすべきは彼らの死を無駄にしないこと。そういうことだな」

 王太子の言葉にマクレーンは無言で頷いた。


 激しい戦闘を終えたアルビオン王国軍の各艦はラスール第二軍港に入港し、応急修理を受けている。
 軽巡航艦デューク・オブ・エジンバラ5号(DOE5)は最下層のJデッキが大きく抉られ、格納庫が完全に破壊されていた。しかし、戦闘中にJデッキに配置される部署はなく、人的被害は衝撃により転倒した軽傷者のみだった。

 S級駆逐艦シレイピス545号は艦首部分にある主砲が完全に破壊された。また、艦尾側も損傷し、艦の心臓である対消滅炉が一系列使えないなど、戦闘艦としての機能は完全に損なわれている。そのため、艦首付近にいた掌砲手ガナーズメイトと機関室にいた機関士たちに死傷者が出ている。

 同じS級駆逐艦であるシャーク123号の損傷はシレイピスの比ではなく、ほとんど残骸と言っていいほど破壊されていた。艦の前部は醜く溶け、爆発しなかったのは奇跡と言われているほどだ。掌砲手ら兵装関係の乗組員を中心に全体の半数を失っていた。

 喪失したスウィフト276号と合わせて、実に百五十名近い未帰還者を出している。
 この状況にクリフォード・コリングウッド中佐は顔には出さないものの、適切な手を打てなかったことに激しく後悔していた。
 彼は戦隊を率いた当初から、駆逐艦の艦長が弱点になることが分かっており、それを改善できなかったことが今回の結果だと考えている。

(もっとやりようはあったはずだ。少なくともスウィフトとシャークは救えた。私が指揮官として、艦長たちをしっかりと統率していれば……)

 内心の後悔を隠しながら、負傷した将兵たちを見舞い、慣れない他国の軍港で修理を行う掌帆手ボースンズメイト技術兵テックたちに声を掛けていく。


 そんな中、やらなければならないことがあった。
 それはシャークの艦長イライザ・ラブレース少佐に対する処分だ。
 ラブレースは敵艦との戦闘の最終盤、自らの功績のためクリフォードの命令を無視して猪突した。そのため、DOE5は敵ミサイルによって損傷し、更にシャークとシレイピスが敵軽巡航艦シポーラの砲撃で大きな損傷を受けた。
 彼女はクリフォードの命令で自艦の艦長室で謹慎している。

 クリフォードは王太子にラブレースの処分について説明にいった。

「ラブレース艦長を更迭します」

 クリフォードの言葉に王太子は「君が指揮官だ。私は君の判断をいつでも支持する」と言って承認する。
 秘書官のテオドール・パレンバーグは控えめに反対を表明した。

「王国の支配星系に戻ってからでもよいのではないか」

 それに対し、クリフォードは明確に否定した。

「ラブレース艦長の命令違反は明確です。幸いリックマン艦長がおられますので、シャークの指揮に不安はありません」

 そう言い切ると、パレンバーグもそれ以上何も言わなかった。

 クリフォードはラブレースに面会するため、シャークの艦長室を訪れた。
 ラブレースはいつもの妖艶な笑みが消え、憔悴しきっている。艶やかだった髪すら輝きを失っているように見えた。

「何か言いたいことはあるかな、ラブレース少佐」

 努めて事務的にそう問い掛けると、ラブレースはゆっくりと顔を上げる。

「あの時はあれが最善の手だと確信しておりました。戦術の教本通りの行動ですし……敵があのような手を打たなければ……」

 そこまで言ったところでクリフォードに詰め寄り、「私の行動は勝利のために必要なことだったのです!」と叫ぶ。

 必死に言い募るラブレースに、彼は静かに反論する。

「それでも君の命令違反は明確だ。もし敵が何もせず、我々に損害がなく勝利したとしても、私は今回と同じように君を更迭しただろう。君は自ら手で勝利を決めるために友軍を危険に晒した。いや、多くの将兵を死に追いやった……」

 ラブレースは彼の言葉を遮った。

「しかし! 私は! 中佐も武勲を挙げた時、無茶をしているんじゃないんですか! どうして私だけが……」

 悲嘆にくれるラブレースを無視し、再び事務的に話を進めていく。

「ここには君を裁くべき将官がいない。軍法会議はキャメロットに戻ってから行われる。シャーク123号の艦長の任は戦隊司令である私の権限で一時的に剥奪する。臨時の指揮官としてリックマン中佐が引き継ぐから、準備しておくように。引き継ぎ後はDOE5に移ってもらう」

 ラブレースががっくりと膝を突く。クリフォードは僅かに憐憫の情が浮かぶが、控えている宙兵隊員に拘束を命じた。


 ラブレースを拘束した後、シレイピスに向かった。
 応急修理の指揮を執るシャーリーン・コベット少佐の姿を見つけ、声を掛ける。

「少佐のお陰で助かった。今回の戦闘がどのような扱いになるかは分からないが、司令部にはできる限り正確に伝えるつもりだ」

 コベットは「ありがとうございます」といって軽く頭を下げると、

「艦長のもとで戦えたことは私にとって誇りです。この戦いがどのように評価されるかは分かりませんが、我々が帝国軍を叩きのめさなければ、シャーリアは降伏し、このペルセウス腕で大きな戦乱が起きたことでしょう。我々はそれを防いだのです。この事実は何があろうと変わりません」

 あれほど挑発的だったコベットがサバサバとした表情でそう言い切ったことに、驚きを隠せない。そのことを感じたのか、コベットが更に話を続けていく。

「私は中佐のことが嫌いでした。運に恵まれて出世したあなたが憎かったと言ってもいいでしょう。ですが、今は違います。中佐はいついかなる時も目的のために全力で行動していました。あなた以外にこんな状況をどうにかできる人はいません。運というより、神がそうなるように配したとすら考えています」

 いつもの厳しい表情ではなく、笑みを浮かべてそう言った後、

「ですが、こんな崖っぷちクリフエッジは二度とごめんです、私は」

 そう言いながら笑い、敬礼してから作業の指揮に戻っていった。


 シレイピスからDOE5に戻ると、サミュエルの出迎えを受ける。

「リーコック少佐が見つかりました。軍港の一室で酔って寝ていました。作戦中行方不明者MIAではなく、無断離脱AWOLです」

 サミュエルは事務的にそのことを告げるが、DOE5の航法長マスターハーバート・リーコック少佐がAWOLすなわち、敵前逃亡したことに怒りを覚えていた。

(副長に次ぐ士官が敵前逃亡だと! これではクリフの経歴にも傷が付く。副長である俺がしっかりしていなかったからだ……)

 それに対し、クリフォードは「少佐はどこに」と、ラブレースに対した時と同じように事務的に話を進めていく。

「DOE5の営倉が使えませんので、軍港の保安部隊の収容施設を借りて収容しています」

 DOE5の営倉は最下層のJデッキにあり、今回の戦闘で使用不能になっていた。

「でもよかったと思いますよ」とサミュエルが自嘲気味に言うと、クリフォードは首を傾げる。

「DOE5の営倉は未だかつて使用したことがないことが誇りだったのです。それが最も不名誉な敵前逃亡、それも士官に対して使うことになるところだったのですから」

「しかし、応急修理で営倉も使えるようになるのではないか?」

 クリフォードの問いにサミュエルは大きく首を横に振る。

「DOE5の営倉は緊急性がないため修復しません。ですので、シレイピスに収容してもらいます。コベット艦長は嫌がるでしょうが、その方がリーコック少佐も堪えるでしょうから」

 修理の責任者は副長であるサミュエルであるため、その権限を使い、航宙に不要な設備である営倉の補修を取りやめるつもりでいた。
 そして、死傷者がいないDOE5より、善戦し満身創痍のシレイピスの方がリーコックに相応しいと考えた。
 クリフォードはサミュエルの考えに苦笑するものの、それ以上何も言わなかった。

 クリフォードは負傷者の見舞いや応急補修の指揮で忙しく動き回っていたが、二日目になって時間ができたため、リーコック少佐に面会することにした。

「何か言いたいことは、少佐」

 リーコックは一日で十歳以上歳を取ったかのように疲れきった表情でクリフォードを見つめている。

「自分はどうしてしまったのでしょうか? 気づいたら軍港の中にいたのです……私はどうなるのでしょうか……」

 焦点の合わない目でそういうが、クリフォードは感情を排した声で事実を告げる。

「君が志願した任務で失敗したことは聞いている。それだけなら、まだ何とかできただろう。しかし、君は士官としての責務を放棄した。その時点で士官たる資格を失ったのだ」

「覚えていないんです……」

「君は戦闘中に酒を飲み、艦を無断で降りたのだ。私は君の士官としての権限をすべて剥奪した。キャメロットに戻り次第、軍法会議に掛けられるだろう」

 軍法会議という言葉にリーコックは嗚咽を漏らし始めた。
 クリフォードはそれ以上何も言わずに立ち去った。


 クリフォードたちが艦の応急補修を行っている時、シャーリア法国では大きな政変が起きていた。

 ラスール第二軍港の管制担当官サイード・スライマーン少佐とスヴァローグ帝国特使セルゲイ・アルダーノフ少将との会話がシャーリア全土に流されると、シャーリアの国民は反帝国を訴え、指導部であるハキーム・ウスマーン導師に対する抗議行動を起こした。
 彼らは導師イマームの行動をシャーリア法に反する行為と断罪し、直ちに退任を要求した。
 更にハディス要塞司令官アフマド・イルハーム大将が導師を弾劾する。

導師イマームは真に守るべきものを見誤った。我らシャーリアの民が守るべきは神との契約であるシャーリア法である。しかし、導師は帝国の恫喝に屈し、その守るべき“法”をないがしろにした」

 それに対し、ウスマーンは反論した。

「君はあの場にいなかった。我らの信ずるものを守るため、一時の屈辱に耐える決断を私はしたのだ」

 それに対し、イルハームは断固とした口調で糾弾する。

「我らと戴く神は違うが、アルビオンには帝国の恫喝に屈せず、主君を守った勇者がいる。あれほど不利な状況で最後まで勝利を目指し、大切な主君を守り通した。小官は彼の戦いを見て思ったのだ。戦うべき時に戦わねば、真に守るべき大切なものを失ってしまうと。帝国との戦いは聖戦である。それを異教徒の若者に教えられたのだ。導師はあの若者を見てもまだ自分が正しかったと言うのか!」

 ウスマーンはがっくりと肩を落とし、それ以上何も言わなかった。

 イルハームはウスマーン派の軍法官カザスケルアル・サダム・アッバースや他の法官カーディーを僅か一日で排除し、政権を奪取した。彼は圧倒的な民衆の支持の下、導師イマームに就任する。

「諸君らも帝国の恫喝を見たであろう! 帝国に降ることはシャーリアの民の死を意味する! 前導師イマームが手を拱いている時、異国の勇者は帝国に果敢に立ち向かった! シャーリアの教えを戴く我らに同じことができぬはずがない! 神との契約を守るため、私はここに聖戦の発動を宣言する!」

 その力強い言葉に民衆は熱狂した。
 イルハームがこれほどまでに急いで聖戦の発動を宣言した理由はアルビオンに見せるためだった。特に国民への影響力が強いエドワード王太子の前で戦意の高さを見せ付けることは今後のアルビオンとの同盟に有利に働くと考えたのだ。

 そして、イルハームはアルビオン戦隊に対し、可能な限りの助力を申し出た。

「我らの目を覚ましてくれた勇者に対し、最大限の助力を申し出たい」

 この申し出に対し、クリフォードは秘書官のパレンバーグらと協議し、要望事項をまとめた。

 損傷した各艦の補修への協力、失った強襲揚陸艦ロセスベイ1の代わりとなる輸送艦の手配、ロンバルディア連合までの護衛艦の派遣が主な要望だった。
 その要望に対し、イルハームは即座に了承した。

 最も損害が大きかったシャーク123号の応急補修には十日程度掛かるため、その期間を利用して、王太子および外交官は今後の外交関係について協議を行った。
 その結果、シャーリア法国は今回の不法な戦闘行為対し、スヴァローグ帝国に厳重な抗議を行うと共に、ロンバルディア連合他の自由星系国家連合各国との連携を強化することとなった。

 一方、アルビオン王国は今回の戦闘の取扱いに苦慮した。
 エドワード王太子を拉致しようとしたことはスヴァローグ帝国の特使セルゲイ・アルダーノフ少将の発言で明らかだが、このことを公開すると、アルビオン王国内で反帝国の機運が高まることは必定だ。最悪の場合、帝国への宣戦布告すら考えられる。

 現在、ゾンファ共和国と戦争状態であるアルビオンにとって、もう一つの大国である帝国と戦端を開くことは国力的にも無理がある。
 それだけではなく、現在戦力を消耗し一時的に大人しくなっているゾンファ共和国が、再び牙を剥いてくることも充分にあり得る。

 王太子の秘書官パレンバーグと外交官らは、今回の戦闘は国籍不明の海賊との戦闘であったと発表すべきと結論付けた。
 それに対し、王太子は「私を守って命を落とした兵士たちに申し訳が立たない」と言って反対する。
 王太子の意志が固いと見たパレンバーグはキャメロット星系に急使を送り、政府の判断に任せるべきと言って説得した。


 シャーリア法国ではスヴァローグ帝国軍の生存者の扱いが問題となった。
 帝国軍の指揮官代行ニカ・ドゥルノヴォ大佐は、ラスール第二軍港の保安隊本部に拘束された。
 彼の上官であり、帝国の特使であったセルゲイ・アルダーノフ少将は軽巡航艦シポーラが降伏する際、自室で自殺しており、彼が責任者として尋問を受けていたのだ。
 当初、彼はシャーリア法国政府の取調べに対し、黙秘を貫いた。しかし、このままでは自分だけでなく部下たちも海賊として処刑されると聞かされ、事実を語った。

 シャーリア法国政府は戦闘記録やドゥルノヴォの証言などを持ち、帝都スヴァローグに向かった。そして、皇帝アレクサンドル二十二世に対し、アルダーノフの暴挙を訴え、それに対する謝罪を要求する。
 しかし、皇帝はシャーリアの外交使節に対し、冷笑を浮かべたまま、謝罪の意思がないと言い放った。

「アルダーノフらは我が軍の管轄下になかった逃亡兵なのだ。貴国に迷惑を掛けたことは遺憾だが、海賊として取り締まればよいだけだ。あの者に騙された貴国にも責任がある」

 皇帝はアルダーノフが自分の許可を得ることなく、勝手に行動した逃亡兵に過ぎず、帝国としては責任を取るつもりはないと言い切った。

「その証拠にアルダーノフは国籍を明らかにしていないではないか。後ろ暗いことがあった証拠だ」

「では、逃亡兵を放置した責任を果たしていただきたい」

「海賊船の取り締まりは当該星系を支配する国家が行うものではないのか? 貴国がそれを行使することをためらっただけだ。海賊の責任まで我が国に求められても応じられるわけがない」

 皇帝の言葉に外交官は怒りを覚えるが、これ以上交渉しても無駄であると考えた。

「では、ドゥルノヴォ大佐らは海賊として当方で処理してよいのですな。貴国のために命を懸けた兵士を見捨てられると」

 皇帝は興味を失ったかのように投げやりな態度でそれを許可する。

「好きにするがいい。もちろん、我が方に引き渡してくれれば法に従って厳正に処分するがな」

 外交官はその言葉を受け、席を立った。

 彼は皇帝への嫌がらせのため、この件に関する情報を至るところで漏洩リークしていく。特にストリボーグ星系では皇帝とのやり取りを藩王ニコライに直接報告した。

 藩王は興味深くその話を聞き、自らの軍の兵士たちにこう話していた。

「皇帝は自らの失敗を兵士たちに押し付けた。余であれば、このような理不尽なことはせぬ」

 彼は皇帝の求心力を下げるため、この事実を使った。更に自分の印象をよくするため、シャーリアの外交官に対し謝罪までしている。

皇帝・・の暴走とはいえ、貴国に迷惑を掛けたことは事実。皇帝に代わり・・・謝罪しよう。もし、補償が必要であれば、交渉に応じる。我が軍の兵士たちの身柄も当方で引き取りたい」

 藩王ニコライはシャーリア法国軍の死傷者に対し賠償金を支払い、シャーリア政府はドゥルノヴォ大佐らをストリボーグに送還した。藩王はドゥルノヴォ大佐らを厚遇し、皇帝への牽制に用いることにした。

 この話を聞いた皇帝は余裕の笑みを浮かべていたが、内心では大きなミスを犯したと悔やんでいる。

(ニコライに利用されるとはな……しかし、アルダーノフがこれほど愚かだとは思わなかった。アルビオンの使節など無視するか、シャーリアが我が国に寝返ったと教えてやればよかったのだ。そうすれば、アルビオンではロンバルディアまで守るか、それとも切り捨てるかで論争が起きたはずだ。キャメロットとアルビオンは離れている。論争が起きれば優に数ヶ月は時を浪費するだろう。その間にロンバルディアを降伏させれば、労せずして二国を手に入れられた。アルビオンの王太子を捕らえたとしても、何の役にも立たない。あの者は先を見る目がなかったのだ……)

 そう考えるものの、アルダーノフに許可を与えたのは自分であると自嘲する。

(愚か者を重用したのは余だ。見抜けなかった余の責任だ……)

 皇帝は国内の引き締めを強化すると共に、求心力低下を食い止める策を考え始めた。


 宇宙歴SE四五二十年一月八日。

 S級駆逐艦シャーク123号の応急補修が完了し、キャメロット星系までの帰還が可能になった。
 シャーリア法国から大型の客船が貸与され、自沈した高機動揚陸艦ロセスベイ1の乗員や宙兵隊員たちが収容された。
 その客船は豪華なもので、宙兵隊員たちから「士官室ワードルームより、いい部屋なんじゃないか?」という声が上がるほどだった。実際、シャーリアの外交使節が表敬訪問などに使う特別なものだった。


 出発の前日、客船の大ホールに宙兵隊が集められる。
 クリフォードは彼らに対し、訓辞を行った。

「シャーリア政府の好意により貸与された船に乗るが、諸君らは王太子殿下の護衛なのだ! 航宙中は戦時と同じ規律を求める。規律が弛むようなら、帰還後の休暇を取り消し、超過勤務を命じることもある!」

 その厳しい言葉に宙兵隊員たちはがっくりと肩を落とす。クリフォードの後ろにブランデーが詰められた木箱が並び始める。

「しかし、航宙は明日からだ。今日は約束のブランデーを持ってきた。殿下から頂いた名酒を存分に味わってほしい!」

「「オウ!」」という歓声が会場をこだまする。

 更に王太子が入場し、その後ろには宙軍の将兵が続いて入ってきた。王太子はクリフォードに目で合図をすると、全員に向けて追悼の言葉を発した。

「諸君らの奮闘により、シャーリア法国は帝国に降ることをやめた。異国の地で命を落とした戦友ともたちに、感謝とともに追悼の意を捧げたい」

 そう言って黙祷する。クリフォードらも同じように静かに頭を下げる。
 三十秒ほど沈黙が支配した後、王太子はそれまでとは全く異なる明るい声で宣言する。

「今日は無礼講だ! 全員で飲んで騒ぐぞ!」

 その言葉に宙兵隊員だけでなく、宙軍の将兵からも「「オウ!」」という大きな歓声が上がる。

「ロセスベイから降ろしておいた酒もある。存分に飲んでくれたまえ!」

「王太子殿下、万歳!」という歓声が大ホールにこだまする。

 そして、大宴会が始まった。

 クリフォードは従卒のモーリスからグラスを二つ受け取り、一つをサミュエルに渡す。

「明日は大変そうだな、副長ナンバーワン」とからかった後、

「いろいろとあったが、今は忘れて飲もう。乾杯!」

 二人はグラスを合わせると、一気に酒を飲み干した。

第四部完

「クリフエッジシリーズ第四部:「激闘! ラスール軍港」」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

  • kapi

    とても面白い‼️
    次を期待しています

    333
コメントを書く