クリフエッジシリーズ第四部:「激闘! ラスール軍港」

愛山雄町

第十二話

 宇宙歴SE四五一九年十二月二十八日、標準時間〇一〇〇

 クリフォード・コリングウッド中佐はデューク・オブ・エジンバラ5号(DOE5)のJデッキにある格納庫のハッチ前で待機していた。彼を含め、約百名の宙兵隊員と十名の掌帆手ボースンズメイトら下士官兵は全員、船外活動用防護服ハードシェルを着用している。

 彼の指揮官用の情報端末PDAには舷門ギャングウェイでの状況が流れ続けており、DOE5所属宙兵隊指揮官アルバート・パターソン大尉がスヴァローグ帝国軍の軽巡航艦ルブヌイへの突入に成功したことを確認する。

「第一段階は成功だ! 全員いつでも出られるように準備するんだ!」

 そして、敵艦に潜入したブライアン・バージェス大尉から「あと一分です、艦長サー!」というやや興奮した声が聞こえてきた。

 クリフォードはバージェスが指揮を執っていることに一瞬疑問を感じたが、すぐに意識を切り替える。
 アドレナリンが身体中を駆け巡るような興奮を覚えながらも、努めて冷静に対応していく。

「宙兵隊、突入用意!」

 そして、DOE5の搭載艇格納庫のハッチが開かれていく。

「全員、一気に飛ぶぞ! 突入!」

 クリフォードらはハードシェルの推進器を一気に噴かし、二百メートル先にあるルブヌイの格納庫ハッチに向かう。未だに固く口を閉じているが、彼らは迷わずそのまま突き進んでいく。
 クリフォードらの下方にはシャーリア星系第四惑星ジャンナの美しい姿があったが、誰の目にもその姿は映っていない。

 ハードシェルのヘッドアップHUディスプレイに中間地点を通過したという表示が現れる。すぐに姿勢を反転させ、推進装置を噴かして減速していく。
 ここまでは敵艦からの攻撃はなく、敵が混乱していることが窺えた。

(今のところ上手くいっている。後はバージェスがシステムの乗っ取りハッキングに成功するかだが、今は信じていくしかない……)

 彼が覚悟を決めると、それを感じとったかのようにルブヌイの下部ハッチが開かれていく。減圧されていなかったのか、空気が白い霧状になって資材と共に噴き出していた。

「敵の自動迎撃装置があるはずだ。重火器班、突入時に対装甲艇ミサイルを撃ち込め!」

 ロセスベイ1の宙兵隊第一中隊長ダスティン・ブラウニング大尉が冷静な声で命じると、肩にミサイル発射筒を担いだ宙兵隊員が僅かに先行する。そして、空気の流出が止まったルブヌイの格納庫に向けて十本のミサイルを撃ち込んだ。
 次の瞬間、再びハッチから物が飛び出してくる。今回は破壊された壁のパネルや照明器具などで、中に大きな損害を与えていた。

 ブラウニングが「突入せよ」と命じ、クリフォードに向かって「配給酒グロッグの件、よろしくお願いします」と言い残して、先行していった。
 クリフォードは最後尾の集団と共にハッチに向かっていく。

 その頃になって、ルブヌイの対宙レーザーが動き始めた。しかし、宙兵隊員たちは標的となる前に死角に入り込み、目標を失った対宙レーザーの砲塔は空しく回転している。
 しかし、ルブヌイの下部に到達した時、五条の光の柱が彼らを襲った。護衛として同行していた帝国駆逐艦ファザーンからの攻撃だった。
 五名の宙兵隊員が十メガワットの光に焼かれ、瞬時に絶命した。

「減速するな! ランダムに動け!」というブラウニングの命令がハードシェルのヘルメットの中に木霊する。

 更に二名の隊員が命を落としたものの、クリフォードたちは敵艦の内部に潜入することに成功した。

 格納庫は撃ち込まれたミサイルにより、唯一の搭載艇である雑用艇ジョリーボートが大きく破損し、様々な大きさの破片デブリがブラウン運動のように飛び回っている。

「エアロックに向かえ!」と叫びつつ、生き残っていた自動迎撃用のレーザー発射装置をブラスターライフルで破壊する。

「お見事!」、「本当に惜しい腕ですよ、艦長!」という宙兵隊員たちの賞賛が通信機を通して聞こえてくる。

 その賞賛にライフルを上げて応えるが、すぐに真剣な口調になる。

「油断するな! 数は少ないとはいえ、敵も死に物狂いだからな」

 その言葉に宙兵隊員たちから「了解しました、艦長アイ・アイ・サー!」という陽気な声が返ってきた。
 クリフォードたちは最下層の格納庫から緊急対策所ERCを目指して通路を走っていく。

■■■

 帝国の特使、セルゲイ・アルダーノフ少将はDOE5とルブヌイから一光秒離れた場所にいた。ちょうど軌道エレベータの延長上にあり、ラスール軍港と惑星ジャンナが同時に映っている。

 彼は旗艦である軽巡航艦シポーラからアルビオンの決死の反撃を余裕の表情で見つめていた。しかし、内心では敵の小賢しい作戦に怒り狂っている。

「死に物狂いだな。ルブヌイが敵艦を切り離したら、機関部を狙って足を潰せ! それで奴らは逃げられなくなる」

 彼はアルビオンがルブヌイを奪い、人質を取って交渉するつもりだろうと考えた。
 先ほどからラスール第二軍港の管制官が港湾内での戦闘行為は禁止されていると繰り返し警告している。

(敵は軍港近くでは戦闘を行わないと思い込んでいるらしいな。だから、あれほど大胆な策に出られたのだろう。だが、私は違う。シャーリアという国はそう遠くない時期にこの宇宙から消えてなくなるのだ。そのような国の警告など聞く必要はない。自らの思い込みで危機に陥るがいい……)

 それでも味方であるルブヌイに当たる攻撃はできないと、切り離されるタイミングを計っていた。
 しかし、彼の思惑とは異なり、ルブヌイから来る通信は悲観的なものが多かった。

『敵、第五デッキへ潜入! 右舷通路の保安装置壊滅! 第四デッキ入口でなんとしてでも防ぐんだ!……』

 侵入したアルビオンの宙兵は百三十名を超えるが、ルブヌイの乗組員は八十人程度しかいない。そのうち、二十名はDOE5宙兵隊の突入時に戦死している。更に帝国の軽巡航艦にはアルビオンの宙兵隊に当たる陸戦隊が乗り込んでおらず、戦力差は圧倒的だった。

「何をしている! 区画を隔離すれば敵の侵入を防げるはずだ! すぐに区画一斉隔離信号AISを使って封鎖しろ!」

 AISは大規模な減圧時に対応するためのシーケンスで、ブロックごとに隔壁を封鎖する。隔壁の扉は手動では開放できなくなり、敵の侵入を防ぐためにも使われる手段だった。

「システムの権限が敵に奪われつつあります! 人工知能AIに防御させていますが、敵のハッキングのスピードが速すぎて対応できません!」

 アルダーノフは想定外の状況に頭が付いていかない。彼は少将の階級を与えられているが、軍人として出世して今の地位に付いたわけではなかった。
 基本的に彼は文官であり、皇帝に策を献じて出世した。その策も謀略というべきものが多く、参謀というより謀臣といった方が実体を表している。
 それでも皇帝の傍らにいて何度か戦闘を経験しており、自らの指揮能力に自信を持っていた。

「敵に奪われるくらいなら自沈せよ! その場所であれば敵艦を道連れにできる。帝国軍人の矜持を見せるのだ!」

「しかし、あの敵艦には王太子が乗っています。道連れにすれば、王太子の身柄を確保できません」

 そういってルブヌイの副長が反論するが、

「王太子はルブヌイが自爆すると知れば、搭載艇で脱出する。だから無視していい! 今なら乗組員は脱出ポットで脱出できるはずだ! すぐに自爆シーケンスを起動しろ!」

 彼の命令は非情だが、現実的なものだった。
 艦を奪われるのであれば、自沈することは当然のことだった。また、システムが奪われる前であれば、脱出は充分に可能だ。しかし、既に多くの区画が占拠されており、ルブヌイの副長は乗組員のほとんどは脱出することなく、艦と運命を共にすると考えていた。

「了解しました! 帝国軍人として最後の職務を全ういたします!」

 副長はそう言うと自爆シーケンスの起動承認コードを入力し始める。彼がこれほど素直に従ったのは、もしここで生き残ったとしても、帰国すれば厳罰が待っているだけで、家族にも累が及ぶと考えたためだ。ここで潔く従った方が罪は軽くなると自決の道を選んだのだ。

 ルブヌイからの通信に自爆シーケンスが作動したことを示す警報音と、AIのメッセージが入った。

『指揮官権限により自爆シーケンス開始……緊急停止装置無効化完了。起動用核融合炉出力抑制インタロック無効化完了。陽電子投入制限無効化完了……対消滅炉出力十倍加時間、一DPMデカートパーミニッツ……リアクターオーバーロード予想時間約五分……直ちに脱出してください。繰り返します……』

 シポーラの戦闘指揮所CICではそのアナウンスに全員が言葉を失っていた。
 ただ一人、アルダーノフだけは別の命令を発していた。

「敵軽巡航艦の離脱を阻止せよ! ルブヌイから離れた瞬間を狙って集中的に攻撃するのだ! だが、搭載艇が発進するまで沈めるな。後部の機関を狙え」

 アルダーノフの非情さにシポーラの士官たちは表情を固くしながらも、命令を実行していく。しかし、下士官以下の者たちは見えないところで苦々しい表情を浮かべていた。

 シポーラの兵たちがアルダーノフに対して反感を抱く理由は、彼の冷酷さだけではない。
 アルダーノフは皇帝アレクサンドル二十二世と同じく、タジボーグ星系出身だ。しかし、シポーラを始め、シャーリア派遣戦隊はすべてスヴァローグ星系所属の艦であり、乗り組む将兵たちも全員がスヴァローグ星系出身者だった。

 スヴァローグ帝国は再統合されたとされているが、実態はスヴァローグがタジボーグに併合されている。そのため、帝国の中心という自負があるスヴァローグ人にとって、タジボーグ人の上官は憎悪の対象とまでは言わないものの、微妙な距離感があった。

 そこにスヴァローグ人を見殺しにする策に出たことで、兵たちのアルダーノフへの感情は一気に負の方向に向かった。


■■■

 クリフォードたちは散発的な反撃を排除しながら、敵艦の奥深くに侵入していった。
 最初のうちはクリフォードもブラスターライフルを撃つ機会があったが、途中からほとんど反撃されることはなく、開放されたハッチを飛ぶように進んでいた。
 あと少しで緊急対策所ERCに到着するという時、突然鳴り響く警報音に思わず足を止めた。

「敵は自爆を選んだようだ。すぐに脱出する!」

 冷静な口調でそう命じるが、内心では焦っていた。

(思った以上に順調だったから、敵艦の奥深くにまで入り込んでいる。これだと脱出はギリギリの状況だな……最悪の場合も想定しておかなければならない……)

 彼はDOE5に残るサミュエルに怒鳴るように命令を伝える。

「敵が自爆する! 直ちに対消滅炉リアクター通常空間用航行機関NSDを起動せよ! 突入部隊の回収を待たずして離脱だ! 但し、敵主力からの攻撃が考えられる。防御スクリーンを前面に展開しつつ全速で後退するんだ!」

 突然の命令にサミュエルは驚くが、すぐに同じ命令を部下たちに指示していく。
 しかし、心の中では親友を見捨てざるを得ない状況に苛立っている。

(帝国は味方を見殺しにするつもりなのか。戦争をやっているわけじゃないんだぞ……)

 しかし、艦を危険に晒すことは王太子の安全も脅かすことになる。彼は即座に決断した。

「ワッグテイル、緊急発進! ロセスベイ1に向かえ!」

 既に王太子は搭載艇である長艇ロングボートワッグテイルセキレイに搭乗しており、DOE5に危険がある場合は即座に脱出することになっていた。

 純白のロングボートが滑るように宇宙空間に飛び出していく。最大加速度六kGを生かし、一気に離れていった。

 しかし、これで王太子の安全が確保されたわけではない。純白のワッグテイルが狙い撃ちされる可能性は低いが、ここで防御力と加速力に優れたDOE5を失えば、帝国側の包囲網を脱出する術がなくなるのだ。

 質量-熱量変換装置MECからのエネルギー供給だけでも防御スクリーンの展開と機動は可能だが、防御スクリーンを最大出力で展開しつつ、機動するには対消滅炉の起動が必須となる。その起動には最短でも三分掛かる。

 突入部隊を回収に使える時間はその三分間しかなく、現状ではギリギリ回収できるという状況だった。しかし、突入部隊の回収を優先し、その場に留まればルブヌイの爆発に巻き込まれ、大きな損傷を受ける可能性がある。彼はDOE5の安全を優先し、突入部隊を見捨てる決断をしたが、それでも親友のことが心配でならなかった。

(間に合ってくれ。クリフ、こんなところで死ぬなよ。神よ、彼をお救いください……)

 心の中ではそう祈りつつも、的確に命令を出していく。

「後退する航路は可能な限り軍港施設の陰に入るように設定してくれ。敵がその程度で攻撃の手を緩めるとは思わないが、少なくともミサイルは撃てまい……」

 ステルスミサイルにも人工知能AIが搭載されており、軍港施設を回避しながら進むことは可能だ。しかし、その調整を失敗すれば、戦艦を破壊できるほどの威力により、港湾施設のみならず、軌道エレベータをも破壊し、地上にまで影響を及ぼすだろう。
 さすがにそこまですれば、シャーリアの上層部も国民感情を考えて帝国と決別することは確実だ。それでは帝国は目的を達し得ないため、必然的に艦のAIによる精密砲撃が可能な主砲による攻撃に限定される。

 帝国の軽巡航艦の主砲はアルビオンの同級艦より強力であるものの、駆逐艦の主砲はアルビオンのスループ艦並であり、ほとんど無視できる。更にDOE5の防御スクリーンは重巡航艦の主砲にすら耐えられるため、軽巡航艦二隻からの波状攻撃を受ければ別だが、一隻であれば充分に勝機はあった。

「こちらからは手を出すな。スクリーンを開いている間に食らうわけにはいかないからな……操舵長コクスン! 離脱のタイミングで全速後退だ。最初の十秒間は手動回避不要だ。少しでも距離を取る! その後の回避パターンは任せる!」

 更に機関制御室RCR緊急対策所ECRなどにも指示を出していく。
 あっという間に三分が過ぎ、機関制御室から対消滅炉が安定したと報告が上がってきた。

「舷門および格納庫ハッチ閉鎖! 緊急離脱を行う! 衝撃に備えろ! 発進!」

 サミュエルの命令をCIC要員が復唱し、DOE5は一気に後退していった。

■■■

 時は僅かに遡る。
 敵艦ルブヌイに侵入したクリフォードは宙兵隊員を叱咤しながら、敵艦の中を走り抜けていく。幸い、敵の反撃が散発的であったことから負傷者はおらず、移動に支障がある者はいない。

「二分で舷門にたどり着けば何とかなる! 落ち着いて移動するんだ!」

 しかし、分散して進んでいた宙兵たちが一箇所に集まってくると、渋滞が起こり始める。
 特に艦内の狭い通路にハードシェルという大きな装備でいるため、身動きが取れなくなる。その状況に対処するため、クリフォードは隊を分けることにした。

「第一小隊は私に続け! 格納庫ハッチから脱出する! バージェス大尉、聞こえるか!」

 ルブヌイのシステムへのハッキングの指揮を執るバージェスに連絡を入れる。

「今の場所から最短で格納庫にいけるルートを第一小隊に転送してくれ! 途中のハッチの開放も頼む! それを終えたらDOE5に戻れ!」

 バージェスの「了解しました、艦長アイ・アイ・サー!」という声を聞くことなく、ヘッドアップディスプレイに映し出される敵艦の艦内図を見つめる。

「全員、ルートは分かったな! では、落ち着いて走れ! まだ、一分半ある! 一分でハッチから飛び出し、DOE5に飛び込むぞ! 最初に飛び込んだ者には配給酒グロッグではなく、私のブランデーを一杯進呈する! 殿下からいただいた逸品だぞ!」

 クリフォードが悲壮感漂う宙兵たちをそう言って励ます。

 バージェスから転送されたルートが良かったのか、予定通り一分で格納庫に到着する。
 開口部から見えるDOE5の格納庫は未だ開いており、二百メートルほどを一気に飛び越えれば脱出できる。

「全員飛ぶぞ! 行け!」

 クリフォードの叫ぶような命令に「了解、艦長アイ・サー!」と短く応えると、三十人の宙兵隊員が一斉に推進装置を噴かした。

 近くにいた駆逐艦からの攻撃を警戒したが、駆逐艦は既に安全な位置まで後退しており、対宙レーザーによる攻撃はなかった。
 百メートルほど進んだところで、DOE5のハッチがゆっくりと閉まり始める。

「待ってくれ! もうすぐなんだ!」という若い宙兵隊員の悲鳴が通信機を通して聞こえてきた。

「ジェットパックを全開で噴かせ!」

 ゆっくりと閉まっていくハッチに、宙兵たちが次々と飛び込んでいく。最後の一人が飛び込んだ瞬間、ハッチは完全に閉まった。まさにギリギリの状況だった。
 しかし、彼らに安堵する余裕はなかった。推進装置を全開にしたため、速度が付きすぎ、隊員たちは格納庫の壁に次々とぶつかっていったのだ。真空であるため、音は聞こえないが、気を失った隊員たちがピンボールの玉のように跳ね返っている。

 すぐに意識のある隊員たちが捕まえていく。
 クリフォードも減速しきれず、壁に激突し、肩に大きな衝撃を受けるが、頑丈なハードシェルのお陰で打撲程度で済んでいた。

「全員無事か! 一番に飛び込んだ者が確認できなかったから、ブランデーは三ダースほど届けさせる! 全員で味わってくれ!」

 その言葉に宙兵隊員から歓声が上がった。しかし、その直後、敵艦が爆発したのか、大きな衝撃がDOE5を襲った。

「クリフエッジシリーズ第四部:「激闘! ラスール軍港」」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く