クリフエッジシリーズ第四部:「激闘! ラスール軍港」

愛山雄町

第八話

 宇宙歴SE四五一九年十二月二日。

 王太子エドワード一行は自由星系国家連合の一国、ロンバルディア連合に到着した。
 ロンバルディア星系は主星スペランツァで、第三惑星テラノーヴォと第四惑星テラドゥーエが有人惑星である。
 二つの有人惑星は二千年以上前の第一帝国時代、現代よりはるかに進んだ技術でテラフォーミング化されている。そのため、いずれも緑と水が豊かな農業に適した星であった。

 ロンバルディア星系は第一帝国崩壊時、内戦の影響を受けて一旦放棄された。しかし、約千二百年前、SE三三〇〇年頃の第二連邦時代に新たな移民が入植し始めた。
 入植可能地がふんだんにあり、地味豊かな農地が容易に手に入るため、ロンバルディアの人々は争うことなく、外に目を向けることもなかった。

 しかし、同時期にペルセウス腕に入植し、成立した国家は勢力圏の拡大に積極的だった。ロンバルディア星系の移民たちは各惑星に地方政府を作っていったが、統一国家の必要性を感じ、地方政府の連合体として、ロンバルディア連合という国家を成立させた。
 それでも隣国スヴァローグ帝国の脅威には抗しえず、ロンバルディア連合は仕方なく自由星系国家連合に加盟した。

 同格である二つの地方政府が合併したことから、ロンバルディア連合の政治形態は特殊なものとなった。
 国家元首は行政府の長である首相だが、外交などの重要な事項は議会の承認が必要となる。しかし、二つの惑星の議会の承認が必要となるため、迅速な政策決定が難しく、軍事行動ですら決められたプロセスのもの以外、迅速に行うことができなかった。

 ロンバルディア国民の気質も独特だった。彼らは基本的には穏やかで陽気な人々だが、見栄っ張りなところがあり、自由星系国家連合内での発言力を強めようと画策する。その結果、タカマガハラ会戦で各国との協調を乱し、敗戦の原因を作っていた。
 また、基本的には農業国家に過ぎず、のんびりとした気質の国民性が災いしたのか、工業製品の品質が低く、日常品以外はヤシマからの輸入に頼っていた。当然、最新のテクノロジーの塊である軍備はヤシマ製である。

 彼らもその状況が危険であることは理解しており、当初はヤシマからライセンスを購入して軍艦を建造したことがあった。しかし、その結果は惨憺たるもので、ヤシマから直接購入する方針を変更することはできなかった。
 その影響は現在暗い影を落としている。現状ではヤシマからの軍備の輸入は困難であり、タカマガハラ会戦での艦隊の損失を補充することができず、隣国であるスヴァローグ帝国の脅威に対し、無防備に近い形で曝されていた。


 キャメロット第一艦隊第一特務戦隊、通称王太子護衛戦隊はヤシマ星系に接続するジャンプポイントJPにジャンプアウトすると、出迎えていたロンバルディアの護衛と合流し、首都がある第三惑星テラノーヴォに向かった。
 ロンバルディア星系には大型の要塞はなく、クリフォードは想像以上に無防備な印象を受けた。

(軍事衛星がいくつかあるだけで要塞と呼べるものがない。これで二つの有人惑星を守ろうとすれば、圧倒的に戦力が足りない。この状況ではJPに要塞がなければ、帝国に簡単に攻め落とされる。しかし、なぜここまで無防備なのだろうか……)

 ロンバルディア軍もクリフォードと同じく防衛計画の欠陥を把握していた。それも三百年以上前から。
 その当時から要塞の必要性を議論していたが、ロンバルディア人の気質と政治的な不安定さから、膨大な予算を必要とする要塞の建設は実現せず、現在に至っているのだ。

 それでも現在の危機的な状況を受け、スヴァローグ帝国のタジボーグ側JPに大型要塞を建設する計画が議会に承認された。しかし、その建設を担うヤシマが復興しなければ、実現することは困難で、仮にすぐに建設を開始しても完成には最短でも十年は掛かると言われていた。

 テラノーヴォに到着した王太子護衛戦隊は衛星軌道上にある軍港に入港した。
 王太子はシルヴィア妃と外交使節団、そして護衛の宙兵隊を伴い、惑星テラノーヴォに降り立った。

 クリフォードは宙軍の代表として、ロンバルディア軍から頻繁に招待された。ロンバルディア側は当初若すぎる彼に驚きを隠しきれなかったが、多くの武勲を挙げた英雄であると知り、更に驚く。

 彼らはクリフォードが王家出身の縁故で艦長になったものだと思い込んでいたためだが、経歴を照会したところ、彼らにとっても宿敵であるゾンファに多くの損害を与えたと知り、更に熱烈に歓迎されることになる。
 そのため、頻繁に艦から離れることになり、デューク・オブ・エジンバラ5号(DOE5)はサミュエルが管理することが多くなった。
 サミュエルは慣れない外国の軍港に戸惑いながらも、堅実に艦を運用していった。

 クリフォードはロンバルディア軍関係者との会合を通じ、情報を収集していった。そして、ロンバルディアの軍人が非常に楽観的であることに危惧を抱く。

「帝国が艦隊を整備するには五年は掛かる。それに一箇所に軍を集めれば、内乱が始まるよ」

「自由星系国家連合の軍事協定を改訂すれば、向こうも手を出せない」

「アルビオンにも期待している。帝国が一人勝ちすれば貴国も困るのだからな」

 そんな意見が多く聞かれたのだ。

(軍人ですら危機感がない。やはりこの国は危うい。少なくとも皇帝は自分の在位中に内乱が起こらないように手を打っているはずだ。それとも、これも敵の謀略の結果なのか?)

 半月に渡る王太子の訪問行事が終わった。
 外交使節団は引き続きロンバルディアで交渉を行うが、王太子は引き返すか、シャーリアに向かうか決める必要があった。
 ロンバルディアで得られた情報ではシャーリア法国で異常が起きているというものはなかった。

 侍従武官のレオポルド・マクレーンはその際にも意見を問われ、反対を表明したが、理由を説明できず却下され、予定通り訪問することが決まった。
 しかし、王太子妃シルヴィアは外交使節団と共にロンバルディア星系に残ることになった。
 公式には長旅の疲労となっているが、危険な星系に妃を伴うことを王太子が嫌ったという噂が流れていた。

 十二月十二日、王太子一行は十二パーセク(約三十九光年)先のシャーリア星系に向けて出発した。

■■■

 スヴァローグ帝国の特使、セルゲイ・アルダーノフ少将は軽巡航艦二隻、駆逐艦五隻、スループ艦三隻の小規模な戦隊を率い、ストリボーグ星系からシャーリア法国に向けて出航した。
 彼の任務はシャーリア法国の自由星系国家連合離脱を促し、帝国との同盟を締結させることだった。

 十二月二十一日、アルダーノフはシャーリア法国に到着した。
 事前に連絡が入っているため、ステルス機雷はロックされており、当然、要塞からの攻撃もなかった。しかし、直径三十キロ級の要塞と五キロ級の軍事衛星がジャンプポイントJPを睨むように配置されており、アルダーノフはその威圧感に、背中に冷たいものが流れていた。

 星系内を進んでいくと、唯一の居住惑星である第四惑星の衛星軌道上に到着する。そこにはJPの要塞よりさらに巨大な、直径六十キロ、質量二百五十兆トンの小惑星を改造した要塞、ハディス要塞がその存在を主張していた。更にジャンナの衛星軌道には五キロ級の軍事衛星が十基配置されており、アルダーノフには攻略の糸口すら思い付かない。

(機雷の数は分からんが、あの要塞群を突破するには十個艦隊でも難しいかも知れん。やはり、シャーリアは外交交渉で切り崩すしかないな。逆にいえば、今回の任務を成功させれば十個艦隊に勝る戦果を上げたことになる……)

 彼は不敵な笑みを浮かべて、首都アルジャンナに降り立った。


 シャーリア法国は独特な一神教を国教とする宗教国家である。
 人口は十五億人と自由星系国家連合の中では小国だが、居住可能惑星ジャンナは農業に適しており、自給自足が可能な豊かな星系である。しかし、特筆すべき産業はなく、スヴァローグ帝国からの侵略を防ぐため止む得ずに連合に加盟しただけで、その宗教的な特殊性も相まって、外交には消極的だ。

 政教一致であるため、政治体制は宗教指導者である導師イマームを頂点とし、法官カーディーと呼ばれる閣僚、知識階層ウラマーと呼ばれる官僚が行政・立法・司法を仕切っている。
 政治に宗教観が反映されているものの、近代的な法律が整備されていることと、経典でもあるシャーリア法が合理性を認めているため、宗教国家にありがちな不合理さはない。

 また、ほぼ百パーセントシャーリア教信者ということで、自国の防衛戦では“聖戦”と称して、損害を顧みない果敢な戦い方をする。
 その一方で他国の存亡には興味を示さず、ヤシマ奪還作戦では消極的な動きが目立った。シャーリア軍の消極さがタカマガハラ会戦の敗因の一つと言われているほどだ。


 首都に降り立ったアルダーノフはシャーリアの指導者たちと交渉の場を得ていた。
 そして、彼はその冒頭、以下のように切り出した。

「偉大なる銀河帝国皇帝、アレクサンドル二十二世陛下の名代である小職は貴国に対し、帝国の庇護下に入るよう勧告するものである」

 その傍若無人ともいえる言葉にシャーリアの指導者たちは嘲笑をもって応えた。
 導師イマームであるハキーム・ウスマーンは宗教指導者らしい法衣を身に纏った落ち着いた雰囲気の壮年の男で、アルダーノフを頭の弱い男と決めつけ、諭すように話し始めた。

「特使殿も見たであろう? 我が国のJPは無数のステルス機雷と要塞群で鉄壁の守りを誇っておる。更に防衛艦隊の精鋭が加われば、貴国の全兵力をもってしても突破はできぬ。その程度のことも理解できぬか」

 その小馬鹿にしたような言い方に対し、アルダーノフは冷笑を浮かべて反論する。

「確かに貴国の防御は鉄壁である。しかし、隣国ロンバルディアはどうか。ロンバルディアが降伏すれば、我が国に六個艦隊が加わるのだ。使い潰しても苦にならぬ艦隊がだ。いかに鉄壁の防御を誇ろうとも、死を覚悟した兵を食い止められるのか?」

 そこでシャーリアの指導者たちは互いに顔を見合わせ始めた。
 更にアルダーノフは大きな身振りを加えて話を続けていく。

「貴国も見たであろう。金にうるさいだけの惰弱な国民と言われたヤシマの民ですら、十倍以上の敵に突撃していったことを。タカマガハラで梃子摺ったことすら忘れたのか? 次はその死兵が三万隻になる。それでも守り切れると断言できるのか?」

 当初は余裕の表情を浮かべていたシャーリアの指導者たちだったが、死兵になったロンバルディア艦隊を想像し、俄かに顔が青ざめていく。
 アルダーノフは更に追い討ちを掛ける。

「この星系はストリボーグとロンバルディアにしか接続していない。その両方を我が国が抑えれば貴国は袋のネズミだ。いかに強力な要塞があろうとも滅亡の時を先延ばしにすることしかできぬ」

 彼の言葉の意味をウスマーンたちは正確に理解していた。
 現状では星系を封鎖されても自給自足が可能であり、問題はないように見える。
 しかし、JPの要塞を突破され、星系内の制宙権を奪われた瞬間、滅亡しかなくなるのだ。制宙権を失えば、要塞への補給が困難になることは自明だ。

 ネックとなるのはエネルギー源となる水素だ。食糧は要塞の兵士だけなら環境循環システムによって自給が可能だが、エネルギー源となる水素は外部からの補給が必須だ。現状では星系内のガス惑星から補給を行っているが、制宙権を失った状態では補給できない。
 要塞内にある備蓄量は期間にして一年分程度であり、敵は包囲するだけで勝利が転がり込んでくるため、あえて要塞を攻撃するようなことはしないだろう。


 ウスマーンは額に汗を浮かべ、激しく視線を彷徨わせる。彼の視線の先にいるのは、彼と同じように汗を拭いている法官カーディーたちと、余裕の笑みを浮かべるアルダーノフだった。

 ウスマーンたちは皆、シャーリア法学院という最高学府を優秀な成績で卒業したエリートだが、宗教と法による秩序が前提の平和な国内での経験しかなく、アルダーノフの秩序を無視した恫喝に動揺していた。

「特使殿は我が国を恫喝しておられるのか?」

 アルダーノフはウスマーンの上擦った声に傲慢とも取れる口調で答えていく。

「そのようなことはない。我ら銀河帝国に従わねば、貴国の貴重な文化、伝統が失われると言っているだけだ」

 ウスマーンらは伝統が失われるという言葉に、彼らの精神でもあるシャーリア教を禁止すると受け取った。

「我らから教えを奪うというのであればやってみるがいい! 帝国がいかに強力であろうとも、我らの心は縛れぬ!」

 一人の法官が立ち上がってアルダーノフを糾弾する。しかし、彼は全く動じることはなかった。

「我が帝国はシャーリアの人民に興味はない。興味があるのは豊かなこの星系だけなのだ。民がいなければ、入植させればよい。何も元からいる者でなければならんという道理はないのだからな」

 その言葉で帝国がシャーリアの民を全滅させ、自国民を入植させる計画だと思い込んだ。もし、この場に冷静な者がいれば、慢性的に人的資源が不足している帝国に入植という方法は採れないと気づいただろう。しかし、ウスマーンを始め、法官たちはアルダーノフの言葉に恐怖してしまった。

「大人しく我が国に従えば、一定の自治権と信教の自由を認めよう。これは皇帝陛下より全権を任されている小職が保証する」

 彼の言葉にウスマーンたちは見事にだまされた。全権特使とはいえ、所詮はアルダーノフ個人の口約束であり、降伏しても自治権や信教の自由が認められる保証はない。しかし、恫喝された後に一見すると有利な条件を提示されたことで、彼らの心は大きく揺れる。

「今日はこのくらいにして、明日結論を聞かせてもらおう」

 そう言って会議場を出ていった。
 残されたウスマーンたちは頭を抱えるようにして困惑の表情を浮かべていた。

「どうすればいいのだ。外交部の意見は」

 外交担当の法官が震えるような声で答えていく。

「ロンバルディアが帝国に併合される可能性は非常に高いと見ています。アルビオンの動向次第ですが、彼の国もヤシマとロンバルディアの両国に艦隊を派遣する余裕はありません」

 ウスマーンはアルビオンという言葉であることを思い出した。

「そう言えば、アルビオンの王太子が我が国を訪問すると聞いたが、近々ではなかったか?」

「はい。十二月二十七日に到着の予定です……これはいささか不味い状況かと……」

 ウスマーンは愕然とし、「いささかどころではないわ!」と思わず声を荒げてしまう。普段の彼からは想像できない行動であり、法官たちは皆、目を見開いていた。

「既に超空間に入る頃だろう。今からでは入国を拒否することもできん。彼奴きゃつらに気づかれたら大変なことになる……」

 アルダーノフの性格から見て、アルビオンの王太子がこの星系に到着したら、殺害若しくは拉致しようとするだろう。
 そして、それを防ごうとすれば、実力をもって帝国の使節戦隊を止めなければならず、帝国との交渉は決裂する。
 しかし、アルビオンの使節を帝国に引き渡すことは、信頼している相手を裏切る不当な行為である。これは彼らの信ずるシャーリア法に反する行為だ。そのため、宗教指導者であるウスマーンはその板ばさみに悩んだ。

 ウスマーンは打つ手を見いだせないまま、情報統制をするだけで何も手を打たなかった。否、打てなかった。彼らはアルダーノフが気づかないよう神に祈ったが、それは叶うことはなかった。アルダーノフが情報を入手してしまったのだ。

「これは貴国が我が帝国の庇護下に入る気があるかを見る試金石となる。もし、アルビオンの王太子を皇帝陛下に献上できれば、陛下の覚えはめでたくなり、貴国が望む条件で協定を結ぶことができるかもしれぬ。誠意ある行動を小職は望む」

 その言葉にウスマーンらは決断した。

「アルビオンの王太子がJPに現れたら、帝国の使節がいることを悟られぬようにラスール軍港に誘導せよ。入港後は各艦を占拠し、王太子を帝国に引き渡すのだ」

 このことは極秘事項とされ、ごく一部の者にしか伝えられなかった。
 ウスマーンとしてはこのような騙し討ちは戒律に触れる行為であると分かっており、教えを厳しく守っている信者に知られれば、反発することは明らかだった。

 そして、十二月二十六日、ウスマーンはアルダーノフの提案を呑むと伝えた。

「クリフエッジシリーズ第四部:「激闘! ラスール軍港」」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く