クラス転移したけど俺が世界を変えるらしいです。

ねこまたくん

第1話 現実世界退出

 「ふぁーぁ」
眠い目をこすりながら通学路を歩くのは俺こと桐嶋翔矢だ。昨日は少しゲームをやり過ぎて寝るのを忘れてしまったが俺にとってはいつものことだ。今日は少し学校に行く足が重い気がするが気のせいではないだろう。休み明けの月曜となれば誰だってそうだ。他の人と違うといったらぼっちであるというところだけだろう。そんなことを考えている間に教室のドアの前まで来てしまった。
(あーぁ憂鬱だな〜。)
 そう思いながらドアを開いた瞬間目の前が真っ白になった...



目を開けるとそこには王様らしき人がいた。
「こちらの世界へようこそ勇者様たち。私はこの国の王グライア ユーギスと申します。まずは勝手に呼んでしまったことをどうかお許しを。」
「「 「....え?」」」
 クラス全員がそう思ったと思う。
_______________________________
本日から投稿することにしました。

「クラス転移したけど俺が世界を変えるらしいです。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く