話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

半魔族の少女は料理と共に

秋雨そのは

58話 学校の平凡

話しが途中になってしまいました。次の5章の1話に話は繋がります。
5章では、ナタリアさんの話しがメインです。
最後の文章を多めにカットしました。


 私は、寮に戻っていた。

 職員室の決定で、明後日からの食事をお願いするということで。今日と明日は作る必要が亡くなった。私は部屋に戻り、疲れた様子を見たエンカが首を傾げるが、喋る気力も残っていなかったため。
 大浴場に入り。私は部屋で静かに眠った。


 昨日の出来事が濃すぎるのよね。昨日寮に戻ってからの事、全然覚えてない……。
 今日はどうしましょうか、私は上のベットに寝ているエンカを起こさないように。部屋を後にした。

 寮の広いリビングに向かって歩いていると、男2人の話し声が聞こえた。

「それにしても、今日はどうやって逃げるか?」

「魔法使いながら走り込みすればいいんじゃね?」

「おう、それやってみるか」

 そんな会話が聞こえてきた。リビングの扉を開けると、窓を開け魔法を構える2人の男子生徒がいた。
 魔法を使う自体は、許さているのね。走り込みとか言ってたけど許されるのなら、動き易い格好で普通に走ろうかしら。

 そんな事を思っていると2人は、風の魔法で木を蹴り、天井に登っていった。

「あ、おい! 魔法不安定になってるぞ!」

「ヤベェ落ちる!」

 先に行った1人が、魔法の調整を誤り落ちる。もう1人はそれを支えようとするが、勢い良く落ちくるため巻き込まれてかなりの高さから落下する。
 えっと、なんだっけ……風……クッション?

「エアークッション」

 私は男2人組が落ちる所に、風を発生させて上に上げる程の風で落下速度を弱める。
 2人は何が起きたのか分からず、キョロキョロ見ていた。

「こら~! また、貴方達魔法使ったでしょ!」

「「げっ! 逃げろ~!」」

 男2人はメガネを掛けた女子生徒に追い掛け回されていた。
 なんか思い出すな~、前世で馬鹿やった頃を。使ってるの魔法だから危ないんだけどね。

 見失ったのか、女子生徒が戻ってきた。というかここ女子寮よね? なんで男子生徒居たんだろう?

「ごめんなさいね、騒がしくしてしまって。あの人達、女子寮に男子禁制なのに良く入ってくるし」

「私は問題ないですけど、常習犯なんですか?」

「そうです。あ、私は2年のミネール・ネルバ貴族でも何でもない一般生徒よ」

 彼女は、一般人なんかやっと普通の人に出会えた気がするわ。あのクラス半分以上貴族だし……。
 私は同じように自己紹介する。

「私は1年のマリア・トアネット・カールです。新米貴族なので、敬語とかは要らないですよ」

「あぁ~、寮の料理を担当してくれてる子よね?」

「はい」

 彼女は、寮で出した料理は「店に出しても普通に美味しいわ……むしろこっちの方が美味しいかも」など言ってくれた。
 後、この学園では、貴族と一般ではクラスが別れているらしい。
 1年の一般クラスはもう、2年の一般クラスと話をして、親しい人も居るのだとか。

「それにしても、貴族なのに貴族っぽく無いわね。何処かの国出身?」

「はい、マルズダマ国から」

「え!? また、凄い所から来たわね……」

 やっぱり、みんなそんな反応なのね、あの国が凄い国なのはクラスで散々言われたから。堪えたわ……。
 そういうの気にしない子みたいだし。私は普通に接する。

「何時もこんなに賑やか何ですか?」

「そうね……男子寮は、貴族フロア以外はこんなもんよ?」

「それはそれで面白そうね」

 ミネールは「貴女、本当に貴族?」なんて言われたので「私はお金あるけじゃないですし平民と同じですよ」と答えた。
 少し、親近感を覚えたのか。ここの寮について色々聞いてみた。

 女子寮は平民と貴族の隔たりが凄く、顔を合わせればいい合いになることもしばしばあるらしい。
 平民が嫌っているわけでなく、貴族のお嬢様が一方的に嫌っているらしいため。私みたいな存在はこっちとしては、嬉しいらしい。
 エンカはこういうことに首を突っ込まないし、しょうがないかな。

「先輩はこれからどうするんですか?」

「ミネールでいいわよ、私は委員長の仕事があるから。この後少ししたら学校に向かうわよ」

「そうなんですね、ミネールさん。朝食はどうするんですか?」

 ミネールさんは「あ」とういう声を上げ、考えていなかったようだ。少し考える仕草をしたが。

「まぁお昼まで、我慢すればいいことだし問題ないでしょ」

「食材はいっぱいありますし、適当な物作りますよ」

「いいの? 私料理なんてしたこと無いから、任せきりになっちゃうけど……」

 私は「問題ないですよ」と答え、大きな冷蔵庫から入っている物を探すが……手間の掛かる。肉だったり魚だったりするため。
 簡単に作れる。前世の定番、トーストを作ることにした。

メンヌギとモーコン(ベーコン)のチーズトースト
パンの上にモーコンを乗せ、薄くスライスしたメンヌギを乗せる。
その上にまたモーコンを乗せて、薄いチーズを乗せ。オーブンでチーズが少し焼けるくらいまで温める。
その後、取り出した後に好みでマヨネーズをかける。

 手軽で料理といえる物ではないけど、時間があまり無いときには簡単に作れて。美味しい。

「簡単なのね、私はちょっとこういうの食べた事無いから分からないけど……美味しそう」

「さ、食べちゃいましょう」

 私たちはトーストを食べながら雑談をする。

「私も少し委員長という仕事気になるので、見学します」

「いいけど、そんなに面白いものでもないわよ?」

 前世と似ている物だと思うけど、魔法とか色々気になるから。早めに行って、部活みたいな物? あったら見たいし。
 ちょこちょこ、人が通っているので朝練があるのかもしれないし。

「そんなにキラキラした目で、見られると断りにくいじゃない」

「お願いします」

「しょうがないわね、貴族と言わないと約束するなら」

 そっか、平民のクラスに行くことになるんだから、貴族が行ったら何か問題起こりそうだもんね。
 今は見学だし、私は静かにしてようかな。

 ミネールさんは「それと」と付けて足して、私に人差し指を向け立てた。

「あの時は、非常事態だったから許したけど。魔法の使用は基本的に禁止よ? わかった?」

「は~い」

 そう答えると、満足そうに笑顔になり。食べ終わった物を片付け、学園に向かうことにしたのだが……。

 寮の外に出ると、ケルトさんが外で待っていた。

「あ、ケルトさん。おはようです」

「おはようございます」

「マリアさんの従者かしら? おはよう」

 驚いた様子もなく、彼女は淡々と答えた。割りとさっぱりした対応で私はびっくりしたけど。
 このまま、従者と定着されてしまうと困るので、私は弁明するように言った。

「ケルトさんは、平民ですよ。従者っていう立ち位置ですけど……、従者というよりは親しい友人です!」

「そうなの? 構えてそんしたじゃない」

「僕もすぐ弁明出来なくてすみません。マリアさんは友人を作るの上手ですね」

 意外と柔らかい対応に、ミネールさんは少しびっくりしていたけど。咳払いして、私に言った。

「彼氏?」

「なんでそうなるの!?」

 私は、いきなり言われた爆弾発言に顔を赤くした。ケルトさんはまんざらでもなさそう。た、確かに好き……よ? でもまだ早いわよ。

「あ、否定しないってことは……こんなイケメン捕まえてるなんて、意外と小悪魔なのかしら?」

 ミネールさんはからかってくる。少しの間、弄られたが。ケルトさんが「用事があったのでは?」というと忘れていたのか。少し、慌てて切り出す。

「そ、そうだった。学園に行かないとね」

 私達は、学校に向かって歩いていった。


次は、その後の行動について

「半魔族の少女は料理と共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く