話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

半魔族の少女は料理と共に

秋雨そのは

42話 マルズダマという国

4章始まりました!
私としてはちょっと、イベント起こしたかったけど。ダメでした。
名前修正しました!


 私は、国王ガルドの元を訪れていた。
 手紙を渡しに使者を出すと言っていたけど、私はそれを断った。
 まぁ結局来たけど。私の家の扉で、執事服の男の人が立っていた。

「マリア様、国王様からの便箋が届きました」

「様なんて、必要無いですよ。もっと気軽にしてください」

「で、ですが……」

「誰もいないし……ね?」

 そう、ここは私の家だし、基本誰も訪ねてこない。たまに3人組がやってきて、騒ぐけど。
 私は、貴族や使者だとかで、敬語使ってほしくないし。

「分かりました……。それでは……マリアさん、国王様がお呼びですので行きましょう」

「うん、貴方も堅苦しい挨拶じゃなく私の時は、普通の喋り方を心がけて……。然る時にはちゃんとね」

「はい……、疑っていたのですがマリアさんは、どんな方なのか……魔族だと聞いたので」

 やっぱりそうよね~、警戒しないわけにはいかないもんね。
 でも、と彼は答えると。

「優しい方なのですね、貴族の方でフレンドリーの方はいませんよ」

「そうなの? 私は平民……小屋暮らし? が長かったからかも」

 そんな事を話しながら、王宮の前に着くと。彼は来た時の様に、キリッとした。割りと様になっているので、モテそう。
 便箋貰っておいて、中身見てなかった……。ガルドさんに直接聞こうかな。

「マリア様、いらっしゃいませ」

「こんにちわ~、元気になって良かったですね!」

「はい、マリアさんに指摘してもらった。食べ方をしたら調子が良くなりました!……つい敬語取れちゃいました」

 メイドや執事の人の悩みを聞いて、食改善や生活のリズムを直させたら。大半の人と打ち解けてしまったのだ。
 なので、たまにガルド国王の前でもボロを出しているけど。彼はそれを笑って、許しているのだ。
 噂で『彼女と話すと幸せを届けてくれる』などメイド、執事間で話題になってしまった。

 メイドや執事達と話していると、あっという間に王の間についてしまった。

コンコン

「入れ」

「失礼します、マリア様をお連れいたしました」

 扉を開けると、ガルド国王が王の椅子に座りながら。笑顔で迎えてくれた。
 私は、封を切っていない便箋を出し。

「便箋の中身見ていませんけど、呼ばれたので来ました!」

「はっはっは! そうだな、口で説明した方が良かったのだが。一度も会ったことのない彼に合わせたくてな」

「なっ! 国王様、分かっていて私を使者にしたのですか!」

 どうやら確信犯だったらしい、こんな会話をするとクスッと笑ってしまう。
 前はガルドさんと、みんなは仲良くなかったらしいけど。そんなのが嘘になるくらいフレンドリー。

「おっとっと、話をズレてしまったな。学園の入学手続きと貴族と私の親書を発行し終わって、学園へ向かう馬車を手配が終わったのでな」

「そうなんですね、そんな手続きが必要だと思ってませんでした」

「……本当は、必要ないんだが。なり始めの貴族はあたりが強いからな」

「……そうですね、雑に扱ったなど……この国の人が知ったら……」

「「……間違いなく戦争が起きる!」」

 ん? ガルドさんと執事の彼は、耳打ちし何やらやりとりしてたけど。終わったのか、こちらに焦ったような汗をかき笑顔で。

「お主は気にしなくて良い。そうだ、便箋を開けてみてくれ」

「はい? 分かりました」

 開けて見ると、各貴族、国王、メイドや執事、街の人々、貧民街の感謝状とお詫びの言葉が並べられた紙が入っていた。
 貴族は、メイドや執事を通して色々な事まで解決していったので。手紙のやり取りだが、仲良くなった。直接あったこと無いんだけどね。

「それとな、ケルト殿を護衛及び騎士候補として入学させようと思うのだが……」

「ケルトさんも入学されるんですか?」

「お主が望めば、入学して護衛と勉学をしてもらうことになる」

 ケルトさんも一緒に入学出来るんだ~、知り合いが居ないと心細いし。嬉しい。
 断る理由もないため、私は頼むことにする。

「お願いします」

「そうか、ケルト殿にはすでに伝えてある。許可を貰え次第報告をしようと思ってな」

 ガルドさんは、「了承するとは思っていたがな」と笑っていた。
 どんな学園生活になるんだろう? 前世だと、ぼっちだったから、お友達何人できるかな~。

 その日は、ケルトさんに報告すると笑顔で頷いてくれた。


 3日後の出発する日。

「お嬢ちゃん達、忘れもんは無いかい? 国を出て、別な国に入るから遠出になるよ」

「えっと……、大丈夫です!」

「僕の方も問題ありません」

 私とケルトさんは馬車を乗せてくれる人に、答える。
 それにしても馬車なんて始めて乗った~。素材集めは、徒歩の移動だったから新鮮。

「そっちの兄ちゃん、魔物や賊が来たら頼むよ」

「魔物については気にする必要はありません、賊はその時対応しましょう」

「気にする必要無いってことはないはずだ、最近物騒だからな」

 ケルトさんは澄まし顔で受け答えしていた。実際に魔物に会うことほとんど無いため、ケルトさんの言ってることは正しいんだけど。なんで自信満々なの?
 ちなみに同じ学園のエンカは先に戻っている、休暇の間だけ王国に戻ってるみたい。私の入学より先に始まってるため、別行動になってしまって少し残念。

 馬車に揺られること、数十分程した時に馬車の人が話しかけてきた。
 やけに驚いた様子で、首をこっちに向けていた。

「本当に珍しいな、この辺りは気性が荒いと評判なんだが、魔物1匹通りゃしねぇ」

「だから大丈夫と言ったんです」

「兄ちゃんがなんか、まじないしたのかい?」

 ケルトさんは「そんな事はないです」と答えていた。私も知りたいのに~。
 馬車の人が、「こっちの嬢ちゃんか? いや、何も知らなそうな顔してるしな~」など言って暢気な声を上げていた。

「おっと、そろそろ国外にでて、ハルデルト王国の領に入るぞ」

「早いですね! 流石です!」

「そんな事はねぇよ、魔物に出会わなきゃ、こんな時間かかんねぇだけだ」

 彼は照れくさそうにして、自分の頭を撫でていた。
 そんなやり取りをしていると、頭の中で何か聞こえる。

ハルデルト王国が登録されました
素材、調理、調合等追加されました
上記の物で似た性質の物があったため反映しました
特産物の情報を追加しました

 なるほど、国内に入ったのと国名で登録が入ったみたい。
 前より情報が多いけど……、また気になる情報が追加される。

国外に出たため、マルズダマ国の評価共に概要に追加されました

マルズダマ国
評価 世界最強国である、表向き戦争に縁がないが。国内にて戦を起こすと、争う両国が消えるとか。また、元勇者ミナト・シライシが住んでいるため他の国は下手に手出しできない。
魔物危険度 平均的に低めだが、国内の冒険者の評価なため正確ではない。国の戦力を合計しても危険度は一番したである。
また、唯一種族を気にしない国で魔族への嫌悪はあるようだが、害が無いと国民と認めてくれる。

 私の住んでいた国って、凄い国なんだ~。評価はしょうが無いし、危険度はそこまでじゃなかったような?
 そういえば、獣人族の受付嬢いたよね。私の事もいい人だと分かるとみんな優しくしてくれた。

「どうしたんだい?」

「何でもないわ、賊って強いのかしら?」

「どうだろう? 僕は戦ったことないから」

 そんな事を言っていたが、フラグを回収することなく。安全に平凡で問題なく、街へ目指すのであった。

「俺の心配は無駄だったのか~~~! いや、安全なのは良いこと、だ。だけど何か違う!」

 馬車の人が、両手で頭を抱えて叫んでいた。
 平和なのは良いことよ?


次は、街中と学園ですよ!

「半魔族の少女は料理と共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く