話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

半魔族の少女は料理と共に

秋雨そのは

40話 少女の起こした奇跡

ユニーク4000突破、感激の涙が……


 私は街の大広場、商店街、料理通り、冒険者ギルドへの道の十字路の真ん中。
 そこに立てられた十字架に、フード被せられた状態で貼り付けられていた。

 広場は熱気に包まれていた。
 それと同時に、痛々しい程の殺気の篭った視線を受けていた。

「魔族を殺せ! 俺の家族は魔物に襲われて殺されたんだ!」

「魔族が居なければ、私の息子は……」

「早くしろ! 俺は早くこの怒りを収めたいんだ!」

 口々に罵倒の言葉や、魔物に殺された恨みをぶつけてくる。
 私は、それだけで泣きそうになってしまった。

 元々、前世でも恨まれる事があった……、しかしそれとは異質な本気で殺すという殺気だからだ。
 フードから時々見える、民衆の顔が酷く怖くて悲しいものだった。

 私を貼り付けている十字架の下には薪が置いてあり、焼き殺す準備がされていた。
 そんな事を思っていると、国王がやってきて言った。

「この度、私は魔族を捕獲した。よって、このパレードの開始としてこの魔族を焼き殺してから始めようと思う」

「「「「おぉぉぉぉ~~~~!!」」」」

 民衆全員が大声を上げ、私の耳余る声が響く。
 私は、何も声を発する事が出来なかった。ただただ、涙を溢れそうになるのを堪えるだけ。
 国王は私の頭に被ったフードを掴み言った。

「今から、魔族の顔を見せようと思う。これが魔族だ……!」

 国王は得意げな顔で、私のフードを取り民衆に私の泣きそうな顔と、大きな角が見せた。

「「「……」」」

「うそ……、あの子が……」

「嘘じゃろ?……」

「あんな子が魔族であったたまるか!」

 民衆は戸惑いを見せ、先程の熱気は何処に行ったのか。認めない者もいれば、言葉を失っている人もいる。納得したように頷く人もいた。
 熱気に包まれると思っていたのか、国王は戸惑った。

「どうした? もっと盛り上がらんのか?」

 憎々しい顔を私に向け、咳払いしてから喋る。

「まぁいい、今から処刑を始める! 火を持って来い!」

 衛兵2人が木についた火を持ってきて、国王の前に並ぶ。
 国王は頷き、私の下にある薪を燃やすよう指示を出した。

 その時、複数の人がこちらに走ってくる足音が聞こえた。
 その音に国王はびっくりしていた。

「ケルト! あの嬢ちゃんでいいんだな!」

「あぁ、民衆は落ち着いている今なら邪魔もされにくい」

「行くぞお前ら! 恩返しの時だ!」

 5人程の冒険者だろうか、それとケルトさんが居た。
 国王は大声をだし。

「この賊を捉えろ! この処刑を邪魔させるな!」

 やってきた20人くらいの衛兵が出てきた。
 民衆をかき分け、5人の冒険者と相まみえる。
 その隙を縫い、ケルトさんは私の前にいる2人の衛兵に剣を向ける。

「どけ! 貴方達だって分かっているはずだ! 彼女は人を殺すような人じゃない!」

「ほざけ! 魔族は敵だ、多くの人が死に大きな悲しみを背負った!」

「貴様こそ魔族に加担して、ただで済むと思うなよ!」

 切りかかってくる2人の衛兵に対し、ケルトさんは冷静に剣を払い除け、避け、隙だらけの足を蹴り、転ばせる。
 2人の衛兵の剣を遠くに投げ、私の目の前に立つ。

「ケルトさん!」

「僕は……、僕は貴女を守ります神に誓って。どんな辛い事でも」

 ケルトさんは、そう呟いた……。
 その時、ケルトさんは満面の笑みで。

「僕は、マリアさんの事が好きです」

 私は、驚いて声を発せなかった。
 でも、本気の言葉だと理解はできた。

 驚いているとケルトさんは。

「返事は今じゃなくてもいい、だけど僕は伝えたかったんだ。この気持ちを」

 そう言って、私を固定してる。十字架の鎖を剣で壊し。
 私をお姫様だっこで抱え上げた。

「え? え?」

「少しじっとしていてください」

 そう言われたので、混乱する頭でケルトさんにしがみついた。

「民衆の方々! 魔族に恨みもある方もいるでしょう、でもこの少女を見てください!」

 ケルトさんは続ける、周りを見てる民衆に対して。

「彼女は人は人を殺しましたか? 違うでしょう、彼女に会ってない人もいるでしょう。ですが、その人は周りに聞いてみてください!」

「「「「……」」」」

「彼女は、この街で何をしましたか? 今、この場で思い出してください。彼女が居たのは少ない日かもしれない……、それでもやったことは貴方達の損になったでしょうか?」

 ケルトさんは、逃すまいと奥からでてくる衛兵から逃げる。
 しかし、衛兵は1人の老人に遮られた。

「ほっほっほ! 若いというのはいいの~、でもこの儂も助けられたからの~」

「喫茶店のお爺ちゃん!」

「久しぶりじゃの、お嬢さん。儂はな、あの店は思い出が詰まっていての……、人生のもう一度くらい繁盛している店を見たかったんじゃ」

「ありがとう」

 私はお礼をいい。

 ケルトさんは、貧民街の方に走る。
 その入り口から衛兵が出て来る。
 しかし、またその衛兵はある集団に遮られた。

「「「姉御! 大丈夫ですかい!」」」

「3人組の……なんだっけ?」

「「「酷いっす! 姉御!」」」

 3人の姉御呼びする……、名前聞いてなかった。
 落ち着いたら聞いてみよう。

 そう思いつつ、ケルトさんが速度を上げて、貧民街の中を走っていく。
 走っているとハナさんが同じ速度で並んでくる。
 何やら急いでいるようだけど……。

「ケルトさん急いで下さい、結界もそろそろ限界が近いです」

「あぁ分かっている」

 ケルトさんは事情を知っているようだ。
 ミナトさんが来なかったのも理由だろう。
 心なしかケルトさんの走る速度が上がった気がする。

 ケルトさんの体って大きくて、安心する……。
 必死に走っている顔を見ると、いつも頼りない姿が霞むくらい、凛々しい顔に見える。
 そんなこと思っていると不意に話しかけられる。

「マリアさん……、森で遭った黒い獣がいますよね?」

「は、はい!? そ、そうですね?」

 びっくりして声が裏返ってしまった。
 あの黒い怖い魔物さんね。

「それが、街に乗り込んでこようとしてるんです」

「へぇ~、ってそれ大変な事じゃない!」

「なので、マリアさんに声を掛けてもらい、鎮めてもらおうかと」

 私が声を掛けてね……、いやいや、無理ですよ?
 私が話しかけたところで、何も変わらないですよ?

「無理です! 試したこと無いですけど、失敗します!」

「大丈夫ですよ、マリアさん」

「うっ……、わ、わかりました……やってみます」

 そんなことを話していると、街の外にでる門が見えた。
 何故か周りには民衆がいた。
 門番は、親指をグッと上げ門を開いてくれた。

 民衆のみんなが言った。

「「「「貴女が今度こそ幸せになりますように!」」」」

 天にも祈る言葉の様にみんな一斉に呟いた。
 その言葉を胸に、黒い獣の元にケルトさんと共に走る。

 門を出てしばらく、走った。眼前に広がる森の上に異様な空気を持った獣に。
 私は近くまで着いたら、下ろしてもらった。

 ……ちょっと名残惜しかったけど。

 なんとも思っていない、ケルトさんが切り出す。

「それじゃ行きましょう」

「はい」

 目の前に黒い獣が見える。その横に傷だらけのミナトさんが木に寄りかかり座っていた。
 黒い獣は魔法の様な、陣と拘束具の様な、鎖が施されていた。

「やっと来たか、この馬鹿が遅いんだよ……つっ」

「親父待たせたな、死んで無いようで何よりだ」

「ふんっ、こんな物で死んで溜まるか」

 黒い獣は拘束具と魔法陣を破り、私に向かってやってくる。
 すると、私の目の前に止まり。頭を下げ頬を寄せてきた。

オォォォ~~~~ン

 寂しげな鳴き声をした、そんな声も出るだな~と思った。
 私は頭を撫で、嬉しそうな顔で言った。

「もう大丈夫だよ、私は助けてもらったから」

 そうすると安心したように、尻尾を振り始めた。
 一度黒い獣が、光ったと思うと……。

 猫の姿になった。

にゃ~~~ん

 鳴き声を上げると私に飛びかかってきた。
 私はキャッチして、両手で支えるように猫を抱いた。

「可愛い~!」

「ふっ! 俺らの努力は何だったんだ。ていう位にあっさり終わったな」

「良いじゃないですか、私は好きですよこういう結果は」

 ミナトさんが呆れて、脱力している所にハナさんがやってきた。
 さてと、という感じに傷だらけの体を持ち上げ、ケルトさんに言う。

「後は盗賊団だ、お嬢ちゃんの事は頼んだぞ」

「その体で何を言いますか、ミナトはそこで待っていてください」

「そうだ、俺とハナの仕事だ、女神とやらのいざこざを終わらせてくれ」

 木の陰に隠れて、見ていたのかナタルさんが顔出して言ってくる。
 ミナトさんはそれに残念だと言いたげに、肩を落とした。

「面倒な事は勘弁何だがな」

「僕的には余り変わらないような気がするけど」

 ナタルさんとハナさんは盗賊団の方に向かっていった。
 無論、後々盗賊団の断末魔が聞こえたのは言うまでもない。
 2人共普通にしてたみたいだけど、凄く怒った感じが抑えきれてなかったもん。

「さてと、女神の方がどうなってるんだ?」

――あ、終わった? こっちはこの馬鹿女神をまだ終わってないのよ――

――誰が馬鹿女神よ! 私より貢献度稼いだり、他の神認めれてるからって生意気なのよ!――

――うるさいわね、だからそれただの嫉妬じゃない。私の仕事まで迷惑かけないでよ――

 うん、うるさい。
 やり取りもそうだけど、何より頭の中に喋りかけてくる感じだから。
 ガミガミ言われると、こっちの頭がキンキン状態なのだ。

「あ、あの2人共?」

――何? マリアさん?――

――無視するな、このおばさん女神!――

――誰がおばさん女神よ!――

ブチッ!

 私は、流石に切れた。この女神2人に頭の中で騒がれるのに。頭が来た。

「2人共~~~?」

 ケルトさんがギョッとしていた。
 ミナトさんはやれやれと言った感じに見ている。

「根源してそこで座りなさい!!」

――は、はいぃぃ!――

――は、はぃぃぃ!――

 出てきた2人の女神は私の目の前に正座していた。

 そこから私は2人の女神に対し説教を日が傾くまで続いた。
 横には黒い獣もとい、猫がいた。
 ミナトさんは戻ってきたナタルさんとハナさんに連れられ、戻っていった。
 ケルトさんは、最後まで残っていて、最終的には私をなだめてお開きになった。


次で第3章終わりです、終わった後はおまけを少々。
次は、変わった街

「半魔族の少女は料理と共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く