話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

半魔族の少女は料理と共に

秋雨そのは

33話 変わる意思

いつも読んでくれてるかた感謝です


 私は、幼い頃から立派な王女になるための教育を受けていた。

 習い事はもちろん、仕草まで立派な王女になろうと頑張って生きてきた。
 私のお父さん、ガルド・マルズダマ・セト国王は国民から絶大の支持を受け、その地位を物にした。

 私が5歳の頃までは、優しい父親だった。

 忙しい国王の仕事を切り上げてまで、私に会いに来てくれた。
 新しい魔法を使えれば、褒めて笑顔で私の頭を撫でてくれた。

 5歳の時、突然人が変わったように……、顔を出さなくなった。

 お母さんが問い正しても、怒鳴りつけ聞き耳を立たなかった。
 ある時、私は王の間で冒険者を数人集め何か喋っているので。
 隠れて聞こえた内容は。

ある貴族の1人娘が魔族と婚約し家庭がある。そこを潰せ、そしてその魔族の首を晒し上げろ。そうすれば、私の地位も揺るぎないものとなる。

 私の父から驚くような内容を聞く事になるとは思わなかった。
 父は、戦が嫌いでどんなことでも話でまず解決させようとする人だ。

私はある女神のお告げを聞いたのだ、この国に魔族が入り込んでいると。そして、その子供はこの国を揺るがす程の危険があると。

 女神がそんな事を言うの?
 父が変わった原因が女神にあるとしたら、私は女神を許さない。
 返してほしい、あの優しいお父さんを。

――――――――――――

 私は、懐かしくそして悲しい思い出を思い出していた。

 牢の中に入っているマリアさんと別れ、あの後自室で昔の事を思い出していた。
 マリアさんは、私に変わってほしいなんて言うけど。

「簡単に変われないわよ、あの頃から私は……」

 そういえば、牢から戻るときにマリアさんが何時も持っている本を託されたけど。
 この本を開いてみても、白紙何も書いていない。
 ページを捲っても1文字も書いていないのだ。

――はいはい~、女神ですよ~。今回は特別にエンカさんに聞こえるようしました――

「誰!?」

――そんなに、大声出さないでくださいよ……、幽霊みたいな扱いは凹みます――

「女神とか言ったよね……、私に何のようですか?」

――反抗的ですね、昔に何かあったんですか?――

「あなたに言うことなんて無い」

――そうですか、まぁ他の女神が迷惑掛けたようで申し訳ありません――

 どういうこと?
 この人? は何か知っているの?

「昔、私のお父さん……国王が変わった理由を知っているなら教えなさい!」

――ん~、そうですね、女神が加護を与え私の仕事を邪魔しようとしたんですよ――

「女神の加護? あなたの仕事? 容量をえない」

――私の仕事は……、これは禁則事項でしたね。いわゆる新たな生を与えるってことです――

 新たな生? 死んだものを別な、新しく体に生まれ変わらせるって事?

「それと何の関係があるの?」

――私の事を快く思っていない、女神がですね。この世界の人を魅了させ、新たな生を殺して。私に責任を全て押し付け、失脚させるのが目的なんですよ――

「迷惑な話」

 ということは、女神のただの嫌がらせで人を変わらせ、殺したってこと?

――本……当に迷惑ですよ、私は仕事してのんびりしていたいのに――

「それで私に話しかけてきたってことは何かある?」

――つい熱くなりましたね、貴女のスキル拝見させていただきます――

エンカ・マルズダマ・セル
種族:人族
スキル:???、精霊から愛される者

「これがどうしたの?」

――やっぱり、1つスキルが不明なのがありますね――

 私の表示だと1つしか書いてない。
 不明ってことはこれから何か、覚えるということ?

「それを出すにはどうすればいいんです?」

――そうですね~、詳しくは調べてみないと分かりませんけど……大まかには自分を見つめ直し、いい方に変化させる事です――

 変化……、マリアさんが言った変わってというお願いの事だろうか。

「でも、私じゃ……無理よ」

――無理なら、誰かに相談するんですよ……、貴女は1人じゃないんですから――

 私は変わろうとした、けど何度の挫折して誰も手を差し伸べてくれなかった。
 今更何が変えられるっていうの?

――マリアさんは、優しいですから何も言わなかったんですね。あの人は本当に私無しでも良かったんじゃ――

「マリアさんは過去の事何も喋ってくれないんですよ、女神様何か教えてもらってもいいですか?」

――いいですけど、あまりいい話では無いですね――


 私は、マリアさんの過去を知った。
 なぜあんな、酷い事をされても、親に捨てられても元気でいられるのか。
 人が憎いはずなのに、人を恨まず周りの人に手を差し伸べるのか。

「私は、私だけが不幸な出来事にあっていると思ってた……」

――人は何かしら、不幸を抱えてるんですだから……貴女はその不幸を超えなきゃいけないんです――

 私は変わろう、この先どんな事を起ころうとしても!

新たなスキルを取得しました――

 そんな私に頭の中にスキル取得の言葉が流れた……。


次は、別な場所では?

「半魔族の少女は料理と共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く