話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

半魔族の少女は料理と共に

秋雨そのは

27話 貧民街と仲間

章の終わりは、事が始まる直前を予定してます
ユニーク数増えてます、感謝してもしきれません
脱字修正しました


 私は、店に戻り1つ残しておいたショートケーキを取り出す。

――わくわく、それでは具現化するので店の扉のとこにでます――

「はぁ……貴方はホント他人事のように適当ね」

 人化した女神は入ってくるなり、私の手に持っていたショートケーキを掠め取ると。
 カウンター席に座って、美味しく頂いていた。
 そのやり取りを、ミナトさんと私以外呆然と見ていた。

「あの、マリアさんこの人は?」

「私の数少ない友達よ、ケルトさんも話したことあるはずだけど……」

「え? 僕と会ったことあるんですか?」

 察しが悪いけど、普通に考えて気づかないよね。
 カウンター席で美味しそうに、頬に手を当てていた。

「この顔みてると、怒りたいけど怒れないのよね……」

「マリアさんは、もうちょっと私に敬意を見せるべきです。色々教えてあげているのに……もぐもぐ」

 口の横にクリームを付けて、敬意も何も無い気がするわ。
 ケルトさんが、何かに気づいたようだけど察して発言しなかった。

「ほら、今日の仕事も終わったし、食べ終わったら行くわよ~」

「引きずらないで~」

 女神がカウンター席に置いたのを、確認してから店の扉まで引きずる。

「仲良いのじゃな~、この儂にも困った時は頼ってくれと嬉しいの~」

「ありがとう、その時が来ればお願いします」

 そのまま、私は店は後にした。


 戻った時に、エンカに何処に行ってたのか怒られた。

「私だっていろんな所に行ってみたいんですよ!」

 そんなことまで言われたのだ。
 一緒に行ける場所があれば、誘ってみようかな。


 次の日、朝の朝食を終えた後。ナタルさんが話しかけてきた。

「今日も行くのか、今日はハナがいないから俺が付き合うぞ」

「いいんですか?」

「あぁ、ハナにもよろしく言われたからな」

 それってどういう意味だろう?
 でも、付き合ってくれるのは嬉しい。
 ならあそこをお願いしていいかな。

「それじゃ、私だけじゃ危険な場所ですけど――」

 私たちは近くの場所だけど、行きづらかった場所に。

 貧民街の中に入った。

「なんでここに来たかったんだ?」

「どういう生活とか見たかったのと、私を見ても襲いかかってこないので何かあるのかと」

 ナタルさんは感心したように頷いた。

「よく見てるな、ここは身寄りの無い奴がいる集まりだが、俺らが統制して食料とかを出来るだけ分けてるんだ」

「そうなんだ~」

「ただ、一部だけで、自分の力だけでやってる奴や、悪に手を染めてるやつもいるからここに来るのは、おすすめしないがな」

 1人じゃこんな所に普通来たくないもの。
 だけど、ここの人達とも仲良くなりたいな。
 そんな事話していると、気だるそうだけど瞳の鋭い男がナタルさんに話しかけてきた。

「ナタルさん、隣の嬢ちゃんはどうしたんですかい?」

「ちょっとした、親方の知り合いだよ」

「ほぅ、それにしても意思は強く、好奇心旺盛といった人が知り合いとはね」

 ひと目見るだけでわかったのかな?
 それなら凄い技術と観察眼の持ち主よ。

「あぁ~、また悪いクセがお前出てるな」

「そうなんですが、もう受け入れてますぜ」

「そうか、こいつが少しここの生活してみたいというんでな」

 気だるそうな男は、私をじっくり見て改めて観察しているようだ。
 男は1つ頷いて。

「あんたならここの生活も生きていけるかもな、むしろいい影響を及ぼすかもしれないぜ」

「ほぅ……お前がそこまで言うなんて珍しい、何に対しても人に毒舌な」

「それを言われちゃ、立つ瀬もないですが私の目が正しければ」

 何の話しをしているか全くわからないけど。
 体験させてくれるのかな?
 ちょっと貧民街の生活って憧れてたんだよね。

「それじゃ、お嬢さん名前を聞いても?」

「本名は不味い?」

「構いませんぜ、俺らだけですが」

 う~ん、なら。彼に名前を教えて、呼ぶ時は。

「マリア・トアネット・カール、ここではアネットと名乗っときます」

「了解だ、意外と貴族のお嬢さんかと思ったら、違うか?」

「いえ、合ってますけど、今は亡き家の名前ですから」

 私はそう一瞥すると、男は笑って歓迎してくれた。
 そしてこの男の名前を聞いてないので聞く。

「貴方の名前は?」

「俺の名前はゲオールだ。よろしく頼む」

「私もよろしく、少ない期間かもしれないけどお願いするわ」

 そう言って私は、貧民街の生活をするのだった。


次は、貧民街の人達と……?

「半魔族の少女は料理と共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く