話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

半魔族の少女は料理と共に

秋雨そのは

26話 応援する父の仕事仲間とお爺さんの秘密

PV10000突破です。凄く感謝です!


 マリアさんが、店を出てすぐ。
 僕は、何の話をしているのか気になってしょうがなく、扉を行ったり来たりしていた。

「落ち着きなさいよ」

「す、すみません。でも気になって……」

「余程、あのお嬢さんの事、気になっておるの~」

 図星を付かれて、動揺する。
 そんなに分かりやすいだろうか。父もすぐに気づいてからかって来るし。

「そういえば、お2人は父さんとどういう関係なんですか?」

「私は、仕事仲間ね。冒険者やっていたけど、貴族ぐるみで告発されたところを、ミナトに助けられたのよ」

「儂はな、両親がここの常連じゃったので、よく知っておる」

 お爺さんは、只者じゃない雰囲気と共に、何処か懐かしい感じがする。
 もしかして、僕は会ったことあるのかも。

「儂はな、お主が小さい時にあったことあるぞ」

「そうだったんですね、僕が覚えてないのも小さかったからですね」

「ほっほっほ、立派になったものよ、あの頃は父親についていくのがやっとだったのにの~」

 マリアさんは、小さい頃どういう風に育ったのだろうか。5歳から、小屋くらいの家で住んでいたって言うけど。
 父は僕が生まれてから正気じゃなかった、らしい。
 母から聞いた話だから、曖昧だ。女神の言葉も聞こえるみたいだし、何があったのだろう。

「ミナトは何かに取り憑かれてたとか、呪いとかなんとか言ってましたけど」

「そんな事、僕に一言も……」

「そりゃそうでしょ、無駄に気を使わせてはいけないもの」

 ハナという女性は、立ち姿もそうだけど、気品があるようで、スキがない。
 動き1つでも経験が違う事がわかる。

「そんな事はいいんです、今はマリアさんとの恋を成就させなきゃね!」

「え!?」

「当たり前でしょ、何処の馬の骨だか知らない人に手駒にされるくらいなら、貴方の方が数十倍マシですよ」

 突然の、宣言に戸惑った。
 なんでみんな知っているの? そんなに分かりやすいの?
 マリアさんは純粋だから、確かに騙されて結婚なんかさせられるかもしれない。

「正体の事もあるし、その点貴方は知っているみたいですし」

「儂は蚊帳の外かの?」

「ハナ……さんも知っているんですね」

 どうせなら、ここまで話しちゃったし、お爺さんにも聞いてもらおう。

「マリアさんは、半魔族なんですよ」

「そうだったのじゃな、でも魔族にしては普通の少女にしか見えんがな」

「そうなんです、普通の家庭とは少し違いますけど、仲睦まじい両親だったと聞きます」

 お爺さんは何処か納得した様子で、かっかっかと笑っていた。
 良かった……、誰しもがマリアさんを嫌わなくて。

「儂みたいな老いぼれでも分かるわい、あの子は純粋にこの街を楽しんでおる」

 お爺さんは、1つ息を吐き、今まで優しそうな顔がいきなり険しくなり。

「その楽しみを、邪魔する者がおれば、儂は容赦せんよ」

 僕は、その一言に寒気がした。
 お爺さんは端から見れば普通に言っただけかもしれないが。
 先程の一言には、怒りや憎しみなど、こもった言葉に見えた。

「さてと、儂は自分の入れたコーヒーでも飲むかの」

 さっきまでの表情は何処に行ったのか、普通にコーヒーを飲み始めた。
 この人を敵に回したくないと心の底から思ったのだ。

「お爺さん結構、気に入ってるね」

「それはそうじゃよ、若いもんは元気が何より、どんな子でも笑顔が眩しいのじゃよ」

 お爺さんは何者かは、分からないけど……。
 マリアさんは好かれるな~、と思ったのだ。彼女の無意識の行動は、人を笑顔にさせる。
 僕もそれで救われたんだ。
 そんなことを思っていると、ハナさんが。

「マリアさんをどうやって、口説くかですね!」

「なんでそこに繋がるんですか!」

「良いの~、恋は人を成長させる。儂も1回くらいしたかったの」

 お爺さんも茶化すように、頷いていた。
 まだ、僕の気持ちの整理がついてないんだからやめてほしい。
 ちょっと、彼女はどう思ってるのか聞きたいけど。

「ケルトさんも、もっと攻めていかないと、一緒にお出かけとか!」

「僕は1回くらいしか、一緒に歩いてませんね」

 そう、あの時から一緒に行動することができなかったのである。
 マリアさんは別行動取りたがって、僕を巻き込まないようするけど。
 逆にそれが心配の種だ。

 もし、この騒動が終わって彼女と一緒に歩くことが出来たら、その時は――


次は、ケルトさんと別れ、次の日マリアさんは街の散策に戻ります。

「半魔族の少女は料理と共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く