話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

半魔族の少女は料理と共に

秋雨そのは

16話 情報整理と女神の心配

いつも呼んでくれてありがとです


 僕は、街中を1人出歩いていた。

 マリアさんが、王女エンカさんとお出かけしているためだ。
 僕はと言うと、冒険者ギルドに向かっている途中だ。

 ここらで情報を整理しよう。

 急に事件が一変するかもしれないし。
 まず、僕達のこと。

マリア・アネットカール
 見た目は、赤い瞳に黒く長い髪、透き通るような白い肌、そして頭に生えている角、優しい笑顔をするので
 昔の出来事を何も感じないほど
 魔族と人間のハーフで、性格は好奇心旺盛、世話好き、どんなに人にも優しい
 5歳の頃僕の父と連れに、父親を殺されている
 母親がどうなったかは、不明だそうだ
 本人も気づいていない天然がある

ケルト・シライシ
 見た目は、蒼い瞳に茶髪だ、マリアさんが言うにはイケメンだそうだ
 勇者ミナト・シライシの息子で、性格は臆病だが友達思いで、自分よりも相手を優先するタイプ
 5歳の時父についていった、先でマリアさんの父親の殺害を見ていた
 マリアさんは特に気にした様子もない
 出会いは魔物に襲われてる時だそうだ

エンカ・マルズダマ・セル
 マルズダマ第3王女、碧い瞳にポニーテールにした蒼い髪の母親似の顔で、大人しく冷静な感じだが、実は凄く好奇心旺盛、料理は壊滅的だそうだ
 上と下に姉妹がいるらしい、下の妹は図書に篭っていて魔法学をずっと学んでいるとか、上の姉は別な国に行っているらしく、今この国にはいない
 父親が裏の手の者に、目を付けられて殺されかけているらしいが……真意は不明
 出会いは、宿屋に行く途中、マリアさんが偶然見かけて嫌な予感したらしく、ついていった先に取引時に襲われ助けた

女神・ラクシュミー
 マリアに深く関わっている女神だが、マリアさんに聞いても、詳しく言ってくれない
 普通の人には声を聞くことができず、今会話出来るのは、僕とマリアさんくらいだという

 そう整理していると、女神が話しかけてきた。

――ケルトさん~、冒険者ギルドに行く前に、商店街寄ってもらって行きましょう――

 なんでだろう、どことなく心配げな声だ。

「どうしたんです? 余程の事が無い限りは街中は安全ですよ?」

――それが、逆に……ってなんでマリアさんの事だとバレてるんです!?――

 意外とわかりやすい女神で、良くマリアさんとコントの様なやり取りを見る。

「女神さんが心配するなんて、マリアさん絡みじゃないですか」

――むぐっ! そうですけど! なんか釈然としません――

――と・に・か・く! 行きましょうよ――

 女神は姿が無いため、姿は無いが顔が膨れて、急かしてくる様子が、声で分かる。
 マリアさんは見たことあるとか言ってったような。

「はいはい、行きましょうか」

 そう言って、寄り道で商店街に向かう。

 そこでは、マリアさんとエンカ王女が店番をしていた。

――なんで店番してるんでしょうね……――

「あ、そういえば、お金渡してなかったような……」

――それ以前に無一文で街に繰り出すって、マリアさんも案外適当ですね――

 マリアさんの事になると、毒舌が発揮する時あるらしい。

「今は、忙しそうですし出直しましょうか」

――ん? ちょっと待って下さい、あそこで2人を見てる人怪しくないですか?――

 何処だろう……、居た物陰に隠れて、2人を監視するような視線。
 フードを被っていて顔までは、わからないが。
 男で、そこそこのガタイのようだ。

 確認に来ただけなのか、彼が去る。
 僕はその後を静かに、気づかれないよう追っていった。


次は、事態が進む……?

「半魔族の少女は料理と共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く