話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

半魔族の少女は料理と共に

秋雨そのは

11話 冒険者と食べ物と

毎日更新頑張ってます!


 私は街に入ってから、のんびり歩いていた。
 周りの人がちらちら、こっちを見てる気がするけど。

「なんでみんなこっちを見るのかしらね」

「貴女は……、いえなんでも」

 どうしたものか……。

――とりあえず、それぞれしたい事すればいいんじゃないですか?――

 それもそうかも、彼は冒険者ギルドだっけ?
 行く予定あったはず。

「それじゃ、冒険者ギルド?って所に行きましょう~」

「そうですね、僕から離れない方がいいですし」

 ん? なんでだろう?
 離れる理由も無いし、いいけど。

「その……、マリアさんは正体の事もありますし、か、可愛いので」

 そうかも、バレる可能性上がるよね、1人じゃ。

 そう思いつつ、冒険者ギルドに着く。

 入ると、色んな人がこっちを見ている。
 酒を飲みながらだったり、話をしながら。

 猫耳の受付嬢がこちらに手を振っていた。

「ケルトさん~、待ってましたよ」

 何あの可愛い生き物……。

――獣人族ですね~、尻尾もありますし、もふもふですよ?――

 凄い触ってみたいけど、平常心、平常心。

「えっと、そちらの女性は?」

「彼女は、街の近くで会ったので、街の案内も含めてですね」

「そうだったんですね」

 私が居た場所の事は、伏せてくれるみたい。
 まぁ森で会ったなんて言えないもんね。

「早く用事あるならさっさと、離れてくれねぇかな……、俺はワハネちゃんと話したいんだけど?」

「す、すみません」

 うん、弱いな~、彼。
 ワハネっていうんだ、彼女。

「誰が、俺のですか……。私は誰のものじゃないですよ、ケルトさん依頼はどうします?」

「今日は案内があるから、今度お願いします」

 今日は、挨拶だけだったようだ。
 出ようと入り口に向かうが。

「兄ちゃん、女置いて行ってくんねぇか?」

「なんで?」

「殺されたくなかったらな!」

 大ぶりの斧を彼の前に、突きつける。
 何処の世界も男は変わらないんだな~。

――何処の世界も変わりませんよねぇ~――

 女神も思ったようだ。

「僕たちは急いでいるので、失礼します」

「置いてけって言ってんだよ!」

 斧は彼の脳天に叩きつけれる……が。
 彼は、少し体を捻り避けた後。ガラ空きになった、男の腹を思いっきり蹴り飛ばした。

「がはっ!」

「冒険者での暴力沙汰は禁止ですよね?」

「はい! 後で覚悟してくださいね?」

 男達のパーティに受付嬢は、黒い笑みを浮かべて言った。
 こめかみに青筋付いているのは、前から暴力沙汰があったのかな?

 それにしても、彼強かったんだ……。
 全然そういう風に見えな……、気にしないことにしましょう。

「それでは行きましょう、マリアさん」

「はい」

 冒険者ギルドを出た後は、商店街や料理店を周る。

 商店街は、珍しい物もあれば、あっちでも見たこともある食材ばかりだ。
 目を輝かせながら、見ていると。

「お嬢ちゃん、これなんかどうだい?」

 店のおじさんが、1つ商品を見せてくる。

バリリ
バナナのこの世界読み、あまり流通はされていないが。
マルズダマ国の特産品の1つ。

 バナナか~、見た目もそのまま、後で買おうかなお金無いけど……。

「今手持ちに無いので、機会があったらお願いします」

「そうかい、何時でも待ってるよ」

 笑顔で言うと、おじさんは笑顔で送り出してくれた。

 商店街を後にすると、料理店が集中する広場にでた。

「ここが一番楽しみ!」

――貴女は本当に料理好きですね――

 しょうがないじゃない、前世の人生は中々出来なかったし。
 異世界料理なんて、興味津々。

 ワクワク。

「今日は僕がおごりますので、好きなお店いいですよ」

「ありがとう~」

 中に入ってメニューを見ると、さすが異世界、全然見たこともないメニューばかり。

 私は、オススメを聞こうと思い、店員を呼ぶ。

「どうかしましたか?」

「オススメの料理教えてもらっていいですか? この辺りの料理を知らないので」

「かしこまりました、そうですね~、チャーのアルダとかどうですか?」

チャーのアルダ
チャーという動物の肉を使った。
薄焼きの肉との間に野菜を盛り込み、上から半熟玉子を乗せたステーキ。

 へぇ~、これにしてみようかな、かなり楽しみ~。

「それじゃ、お願いします!」

「かしこまりました」

 接客も丁寧だし、意外とちゃんとしてるのね。
 前世基準だから、差があると引いちゃうかもしれなかったけど。

 彼は何も頼まないのかな?

「頼まないの?」

「貴女の幸せそうな顔を見れて、十分ですよ」

 そうなの? 私は自覚ないけど……。

「お待たせしました、チャーのアルダです」

「ありがとう~」

 来た、食べるのは、フォークとナイフ。
 異世界にもあるのね、もしかしたらこの世界創った人は、前世のとこが好きだったのかも?

「う~ん、美味しい!」

「食べ方分からなかったら、教えようかと思ったけど必要無い……みたいだね」

 優しいのね、森を出るまではあんなに頼りなかったのに。
 食べると、旨味が出てきて美味しい。

 ただもう少し工夫すれば、もっと美味しくなりそう~。

 食べ終わり、彼がお金を払う。

 次は、宿探しかな?
 どうすれば、宿見つけられるんだろう?

 そう思いつつ、店の外にでたのであった。


次は宿屋と料理と?

(マリア)意外と知ってるものあるわね
(女神)それはそうよ、この世界創ったの、あの世界の神だもの
(マリア)そうなのね、ならレベルとか存在しそうだけど
(女神)分からなくもないわ、でも他の神に止められたらしいわよ
(マリア)個人的に無くて良かったと思うわ
(ケルト)何話ししてるんだろう?

ブクマしてる方いつもありがとうございます。
(マリア)いつも同じくらいに収まってるわね
(女神)いいじゃない、ユニークも増えてるし順調よ
(マリア)大丈夫かな、毎日更新頑張りすぎよ、即興で

「半魔族の少女は料理と共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く