話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

半魔族の少女は料理と共に

秋雨そのは

8話 ラッキースケベ

増えるPV数とユニークは嬉しいです
次話予告変えました、スペース整えました


 私は、彼が起きるのを静かに待っていた。

 女神は戻り、飽きたのか話掛けて来なかった。

 私は彼を運んだ時に汗をかいてしまったため、身体を洗いに着替えを持って部屋を後にした。

「そういえば、この世界にシャワーあるのかしら」

「それより、水出るのかしら」

 私は脱衣所に入り、服を脱いだ後風呂場に入った。

 そこには、シャワーはなかったが、湯船があった。
 蛇口はあるので、お湯を出して身体を洗う。

「う〜ん、気持ち〜い」

 湯船も丁度いい温度〜。

――あぁ~、お風呂入ってる――

「別にいいじゃない、疲れたのよ」

 朝から動いていたし、休んでないんだから。
 水の貯水? はどうしてるんだろう?

 1人悩んでいると女神が話しかけてきた。

――聞きたい事は分かりますよ、水のことですよね?――

「予想はつくけどね、水の魔結晶の欠片とか?」

――いえ、普通に水を持ってきて温めに火の魔結晶の欠片使っているくらいですね――

「そうなんだ、水まで出来たら便利すぎだよね」

――基本は魔法で出しますね、貴女のお母さんは魔法が得意でしたから――

 それ私じゃ無理って事じゃない……。
 風呂から上がり、タオルで身体を拭きながら

「魔法って覚えるに時間かかるの?」

――個人差があるとしか言いようがないですね――

 勉強して見ないとわからないってことね。
 でも面倒そうだな~。

「それは街に行けるようになってからかな」

 無理だと思うけどね。

――もう少しで可能じゃないですか?――

 それって何のことだろう。

――あ、そろそろ服着た方がいいですよ?――

 え?  まさか、彼が起きててこっちに来るとか無いよね?
 タオルを置き着替え始める。

 不意に何か開く音が……。

「へ?」
「あ」

  キャ――――!

 なんでこんな時にラッキースケベが起きるのよ。

 私は近くにある物投げながら追い出す。

「ご、ごめん!」

――綺麗なラッキースケベ置きましたね〜、いい物を彼は見ましたね――

「貴女が原因でしょうが!」

 私は顔は真っ赤にして、女神に怒鳴る。

――私は言ったじゃないですか早く、服を着た方がいいですよと――

「もっと早く言いなさないよ」

 早々に着替え済ませ、彼の元に向かう。

「もう貴女も入ってくなら、せめてノックしなさいよね」
「はい、はい、すみません」

 私は話聞きたいだけなのに、彼は土下座していた。

「もう、怒って無いわよだから、土下座はやめて、ね?」
「ありがとう」

 彼が起きるまで、待たなかった私も悪いし。

 もう見られたことを考えたら顔が赤くなってきた。

「大丈夫?」
「ち、近づかないで羞恥で死にそう……もう」

――意外と可愛いのね、見られても大丈夫だと思っていました――

 何処の露出狂よ、私は普通よ。

「僕が悪いんですから、弄らないであげてください」

――そ、それは無理な……ププッ……相談です――

「貴女達私を置いて何喋ってるんですか? ……あれ?」

――ん?――

「どうしたんですか?」

 普通に会話にしてない?  女神と。

「なんで貴女達普通に会話してるのよ?」

――そういえば、そうですね。でも、おかしくも無いですよ?――

「そうなんですか?  そういえば、声が聞こえるのでつい答えてしまいましたけど、貴女は?」

――私ですか、私は女神ですよ――

「女神様なんですか!?」

――はい、別に様付けしなくても構いませんよ?――

「い、いえいえ恐れ多いですよ」

 完璧に私を蚊帳の外ね。
 まぁいいけど、今後のことを考えないとね。

 1人と女神の声が聞こえる中、私は溜息を吐いたのだった。


次は街に行く準備するそうですよ

(マリア)魔法使えれば、生活困らないから覚えたい
(女神)貴女なら、少し修行で、身に浸けられそうなぎします
(ケルト)僕も魔法を使いたいな
(マリア、女神)それは無理
(ケルト)酷い!

ブクマ、感想等おねまがいましますを
(マリア)増え続けるて、減ると悲しい
(女神)そんな泣いたふりしてないで、普通にしなさい

「半魔族の少女は料理と共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ウミネコ

    男性にあなたという場合、貴方の方が正解ですよ。

    0
コメントを書く