話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

半魔族の少女は料理と共に

秋雨そのは

6話 出会いは突然に

楽しんで貰えると嬉しいです
スペース整理しました


 料理を作り終え、丸テーブルの上に2つ乗せる。
 私は、女神の目の前に座った。

「美味しそうですね」
「そうね、意外と包丁なども使えたし」

 出来上がった焼きリンジを見ながら、出来栄えを見る。

 リンジの上の蓋を開けるといい匂いが漂ってきた。

「「頂きます」」

 女神も言うんだ。

「うん、甘酸っぱさがパン粉とバチャーと合うね」
「美味しい!  料理上手だったんですね」

  そういえば、女神の名前って聞いてなかった。

「ねぇ、貴女の名前教えてもらっていい?」

 私は、美味しいのか、笑顔で食べている。女神に聞いて見た。

「私の名前ですか?」

 飲み込んでから答える。

「私の名前は、ラクシュミーです」

 あちらの世界での知識だけど、本当に女神みたいね。
 美と富と豊穣と幸運の意味だったはず。

「美味しかった~、それじゃ私は戻りますね~」

 そういって女神ラクシュミーは光りに包まれて戻った。

――そろそろ、何か起きそうな気がするので――

 戻るなり、不吉の事言い始めた。

――がんばってくださいね~――

「無茶振り過ぎない!?」

 そして、この投げっぷりである。干渉出来ないから、こうやって言うのかもしれないけど。
 何か起こるって漠然としすぎて、わからないのだけど。

「ふぅ、どうしましょうね」

 牛乳を飲みながら、一息付く。

――意外と冷静ですね、まぁ何もありませんし、私でも同じことします――

 そうなんだよね……、この家別荘みたいだけど、緊急生活用に作られてないから何も無いのよね。

ドカーン!

 すると、森の方から耳に余るような爆発音が聞こえた。

――魔物と人間が交戦中と言ったところでしょうか――

 え? あの規模の爆発、魔物がやったの?

「まぁ遠いから、いいんじゃないかしら」

 冷静装っているけど、実は内心ガクガクです。人が来るのも怖いし、魔物に遭って逃げ切れる自信がない。

(こっちに来ませんように!)

グオォォォォ―――――!

 数度の爆発音の後、魔物咆哮が響いた。
 凄い咆哮、会いたくないな~。

――見に行かないんですか? こういうのは行って確かめるものだと思いますけど――

 死地に行けと? 嫌だよ~、また死にたくないもの。

「嫌よ」

 そう言い切ると、女神がウズウズしてるような声で。

――遠目で見るだけでいいですから、お願いします――

 さっきから何故かノリノリの女神についていけない。
 もしかして、面白そうな事あると見なくては気が収まらないのかな。

 はぁ~、と溜息をついてから。しょうがないわねと口にした。

「わかりました、遠目で見て危なそうなら逃げますからね」

――行きましょう、運が良ければ凄い物見れそうですよ――

 爆発音の方に進んで行くと。木の影に隠れた。
 そこには、森の中に合わない、大きさの黒い獣が立っていた。

「何あれ?」

 私は唖然としていた。
 元の世界でもあれほど大きさの動物はいるが、あれ程ヤバイ気を持った動物はいない。

 あれが魔物なんだと、今始めて知った。

――遅かったですね~、ちょうど決着が付いたところですか――

 決着が付いた?

 私は疑問に思いながら、黒い獣から視線を横ズラすと。
 そこには、1人の男の子がそこに倒れていた。

――あの子が挑んだんですかね、でも思ったほど外傷無いような――

 そう、男の子は傷だらけであっても、死ぬ程じゃなくまだ助かる。

 やがて、黒い獣は興味を失ったのか後ろを向いて歩いて行く。
 その歩きざま、こちらをちらっと見た気がするが、敵対する時のようなヤバイ気ではなく――

――忠誠誓った部下のような、そんな柔らかいものだった。

 ともあれ、黒い獣が去ったので。急いで、男の子を運ぼうと駆け寄る。
 だけど、少女の体では男の子を運び出す力が無かった。

――手を貸しましょうか? それぐらいなら構いませんよ――

「おねがい」

 そう言って、女神と共に家に入れる。

 家に付くと、私のベットに寝かせ傷口を癒やすため。
 レシピでマル草を使った。傷薬を作った。

「本当に便利ね、これ」

――そうでしょう、私もなんでこんなものあるのか――

 自分の事のように胸を張るが、私はその胸を見てイラッとした。

 傷薬を使い、男の子が目を覚める時まで看病した。


次は男の子に何が起こったかの話です

(マリア)黒い獣の毛触ったら、気持ち良さそう
(女神)あ、手に入れたら私にも触らしてください
(マリア)まず手に入るの無理よ

ブックマーク(以下略)
(マリア)手抜きしすぎじゃない?
(女神)いいんですよ、みんな察します
(マリア)そういうものかしら

「半魔族の少女は料理と共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ウミネコ

    ブックマークすらそのうち…略されそう笑

    0
コメントを書く