話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

半魔族の少女は料理と共に

秋雨そのは

4話 素材採取は知ってないと出来ない

ゆっくりしていってください。
スペース整えました


 私はうなだれていた……。
 何故ならこの森の事を知らない。からスキルを使おうと思うが。

 1つ草を手に取った。それを確認していみる。


ただの草

 説明が大雑把なのである。

 次に木に触れて、確認してみる。


そこら中にある

 どうしろっていうの……これ。
 絶望的な状況、記憶を辿っても外に出ないように言われてた。
 あんな事あって外に出る子供はいないだろう。

 物は試し、レシピといえば、本として出てこ〜い。

 ポンッ

 出ちゃったよ。どういう原理か分からないけど。
 取り敢えず、ノートの様な本を開くと。
 いや、太さは辞書レベルなんだけどね。

 すると、見かねたのか女神が声を掛けてくる。

――マリアさん、調子は……よろしくないようですね――

 不機嫌なのを察したようだ。

「スキルの使い方分からないし、変な本は出てきたし」

――ってもう出せちゃったんですか?  魔法の特性半端ないですね――

 どういう意味だろう?
 もしかして、やらかした?

――気づいていないようですね……、いいですか? 物を根源する事自体、並大抵の人出来ませんよ?――

 そうなんだ~って感じ、ピンと来ないからね。
 でもこの本のデザイン、凄く知ってるけど。

「本のデザイン、みんなこんなのなの?」

――そんな訳ないじゃないですか、貴女が根源する時に「レシピだったらこんな感じかな」というイメージですから――

――そんな本あったら、誰かに捨てられるか燃やされますよ――

 さらっと酷い事いう、確かに元の世界で使い捨てで、捨てられてるけど。
 そういえば、もう出せちゃったとは?

「出せちゃったって事は、私に出させる気だったの?」

――当たり前じゃないですか、それをしないでどうやって、確認するんです?――

――頭の中でって言わないでくださいよ? 出来なくはないですが、パンクして死にますよ――

 毒舌になってきた気がする、女神大丈夫かな……。
 そういえばそうね、と心の中で頷きながら。

「一行に話進まないから、進めましょう」

――のんびりしても良いんですけどね、この仕事してれば特に使命無いし――

 うん、仕事面倒だから、監視しに来たってことかな。
 女神の仕事事情、面倒そうだもん。

「じゃあ使い方の説明おねがい」

――はい、レシピの「必要素材の取得場所の表示」を最初やってみましょう――

 本を使うらしいから、手に取る。

――本を開く前に、まずここが何処なのか把握しなくてはなりません――

ガクッ

 結局そこから始まるんじゃない。

――見事にコケましたね。狙いましたから――

 しかも狙ってのことだった。
 本当に進まなくなっちゃう……。

――記憶を引っ張り出しても、この国の事知らないんですか?――

「無い……、かな?」

――では、最初なので教えてあげます。この国の名前はマル……――

マルズダマ国
素材等、登録されました
特産品等、登録されました
記憶上に作成できるレシピを発見、登録しました

――……ズダマ、先越された~!――

 凄く、声の向こうでガックリしてるのがわかる。
 あれは私でも凹む……、自慢げに説明しようとして、他の人にさらっと言われるのは。
 私は気にせず、話す。

「それで、これで手に取った時に素材が分かるようになるの?」

――うぅ~、どうせ検索機能使えば登録できるもん……――

 まだ、落ち込んでる……。
 女神って意外と人間ぽいよね。

「元気出して、ほら私の知らない事いっぱい知ってるじゃない」

――そうだよね、うん――

――素材の事だけど、手に取ったときに名称がわかるようになるはず――

 どれどれ、その辺の草を取ってみる。

マル草
マルズダマ国周辺でよく取れる薬草
傷薬などに使われる事が多い
料理にも使うときがあるとか

 おぉ~、これは便利。
 使われる用途まで書いてある。
 でもなんで抽象的?

――これで捗ると思いますよ、行動の幅広がりそうですし――

「ありがとう~」

 あれ?

 始めて女神にお礼言った気がする……。


次は、料理をするようです

(マリア)その内、デザート辺り作りたいかな
(女神)可能ですよ、ただ素材が手に入る物あればの話ですけど
(マリア)それなら可能かな~
(女神)遠い地域行くようでもです?
(マリア)……やっぱり今出来ることしないと

感想等お願いします。
(マリア)感想っていうけど、読んで感想って難しいよね
(女神)適当でいいんですよ、罵倒でも感想ですから
(マリア)それは、ちょっと違うような

「半魔族の少女は料理と共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ウミネコ

    女神さんとマリアさんの掛け合い面白い!

    0
コメントを書く