話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)

ゆっくりダウト

「第14話~その頃~」

どーも、テスト後で死んでた作者です( ˘ω˘ ) スヤァ…
今回はヨウ君視点なのでよろしく_\○_オネガイシャァァァァァス!!
(ちなみに今回はヨウ君の中の人が書いたのをほんの少しだけアレンジした感じです!!)
─────────────
ハヤテがライジュと出会っている頃、ヨウは...

???「隣、いいかしら?」
 
ヨウ「いいぞ」

謎の白髪の女性はヨウの隣に座り、話し出した

???「あなた、新入生?」

ヨウ「そうだが、あんたもか?」

???「えぇ、そうなの」

???「やっぱり、まだ図書館には人いないわね」

ヨウ「まだ入学初日だからな」

???「そうね」

女性がそういうと『そう言えば』と、言いヨウの方を見る。

???「あなた、名前は?」

ヨウ「ヨウ·クロガネ」

???「そう、私はサラ、よろしくね」

ヨウ「あぁ、よろしく」

軽い自己紹介を終え、ヨウが少ししてから話を切り出した

ヨウ「なぁ、サラ」

サラ「何?」

ヨウ「あんた…本好きなのか?」

サラ「どうして?」

ヨウ「いや、授業初日に図書室に来てる奴なんて俺と連れぐらいしかいないと思っていた」

サラ「そうなの?」
 
ヨウ「あぁ」

サラ「そうね、本は好きよ。ヨウも好き?」

ヨウ「あぁ、好きだな」

サラは少し嬉しそうな表情をして、嬉々とした声色で話し出した

サラ「私ね、夢があるの」

ヨウ「夢?」

サラ「その夢がね、すっごく大きい図書館の秘書をやるの」

ヨウ「そうか」

サラ「でも、この国にはあまり大きな図書館が無いの」

ヨウ「そう言えば無いな」

サラ「えぇ、それでヨウに相談なんだけど」

サラは少し真面目な声色で話し出した

サラ「ヨウはとっても大きな図書館の場所知らない?」

ヨウ「どれくらい?」

サラ「壁一面が本一色で、それが2、3階ぐらいあるような図書館なんだけど」

ヨウ「そうな図書館ある
訳……」

ヨウはある訳がないと言い切ろうとしたが、ふと思い出した。

ヨウ「あるかもしれない……」
 
サラ「本当!?」

ヨウ「あ、あぁ、実家だが……」

サラはヨウの手を取り、懇願するように言った

サラ「ヨウ、いつか私をあな
たの家に連れてって!!」

ヨウ「お、おう、了解」

サラ「ありがとう!」

サラは感極まったようにヨウに抱きつく。

そんなヨウは、抱きつかれて数秒硬直したあと、\( 'ω')/バッとサラを自分からはなした

ヨウ「……ごめん、あんまり抱きつかれたりするの慣れてないんだ……」

サラ「あ、ご、ごめんなさい……」

サラはハッとした表情でヨウに謝った

ヨウ「もうチャイムなるから戻ろう」

サラ「え、えぇ……」

そして、時はハヤテの決闘(笑)へ続く

「転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く