転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)

ゆっくりダウト

「第11話~テンプレその1登場!!~」

こんにちは!!東京マ〇イのグロックを買ってハイテンションの作者です!!
前回のあーらーすーじー
シグレの妹を助けるためにガイアの家に乗り込み!!
入学式!!
朝にシュウトが白くなってた?!
では、どうぞ!!
─────────────
ハヤテ「お、おいシュウトどうしたんだ?」
 
ヨウ「だれにやられた?!」

ヴェル「ヤリました( ´ー`)」
 
シュウト「ヤラレました(*´ω`*)」
 
ハヤテ&ヨウ「お前はなんでニコニコしてられんの?!」
 
~1時間後~
シュウト「我!完全!復活!」
 
ヴェル「私も‹‹\(´ω` )/››」
 
ハクウ&シグレ「学校は?」
 
4人「......」
 
4人「忘れてた!!」
 
イッテキマース

イッテラッシャーイ

???「ふっふっふっ」 
 
???「あの子達を驚かせてやろう」
 
(説明ですが、この???は第7話に出てきた奴です)

シュタッ! 

???「やぁ君達!!」

オクレルー!!
 
ハヤクー
 
???「...何故気づかない?」
 
???「あっ、隠密魔法消すの忘れてた(´・ω・`)」
 
~学校にて~
ハヤテ「みんなクラスバラバラだなー」  

ヨウ「なのにお前と同じクラスとか...静かにしとけよ」
 
ハヤテ「ヤダ!o(`・ω´・+o) 」
 
ドゴォ
 
ヨウ「何か言うことは?」
 
ハヤテ「ずびばぜん゛でじだ(´・ω・`)」
 
ハヤテ「さて、ここが俺らのクラスか~」
 
ヨウ「みたいだな」
 
ワイワイガヤガヤ
 
ハヤテ「席は自由なみたいだね」
 
ヨウ「そうだな」

ハヤテ「昼休みってどこ行くの?」
 
ヨウ「図書室」
 
ハヤテ「知ってた(´・ω・`)」
 
ヨウ「お前も来い」
 
ハヤテ「なんで?!」
 
ヨウ「うるさいから」
 
ハヤテ「あっ...(察し)そんなことより先生が来たみたいだよ」
 
先生「授業始めるよー席に着いてー」
 
みんな「はーい」
 
ワイワイガヤガヤヨロシクー
 
先生「今日からお前らの担任となったメロウだ6年間よろしく頼む!!」
 
ハヤテ(6年間ずっとこの先生とおなじかよ?!)
 
メロウ先生「てなわけで自己紹介よろしくな!!じゃあ、左上から順によろしく」
 
ザーコ「俺はザーコ=ワキヤークだ!」

ハヤテ&ヨウ「ブフォwwwあっ(口押さえ)」
 
ザーコ「おい!誰だ笑った奴は!」
 
ハヤテ「(*・∀・*)ノ ハーィ(煽り気味)」
 
ヨウ「......」
 
ザーコ「お前かぁぁぁぁ!」
 
メロウ先生「はい!そこまで!喧嘩したいなら放課後に闘技場でやれ!」
 
ハヤテ「ハ━━━ヾ(。´囗`)ノ━━━イ」
 
ザーコ「くそ!放課後絶対に来いよ!」
 
ハヤテ「分かった分かったw」
 
ヨウ「お前わざとだろ」
 
ハヤテ「こういうテンプレっていいじゃん?」
 
ヨウ「まぁ頑張れよ」
 
─────────────
今回は短いですがここまでにします。
 
ヨウ(中の人) 「おそくなってしかも短い理由は?」
 
艦〇れやり過ぎましたァァァ!_\○_
 
すいませんでしたぁぁぁぁ!_\○_
 
何か要望や質問があればなるべく採用するのでコメントよろしく_\○_オネガイシャァァァァァス!!

シュウト「ちょいちょいヾ(・ω・`)」
 
ん?
 
ドゴォ
 
チ───(´-ω-`)───ン

「転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く