転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)

ゆっくりダウト

「第10話~乗り込み!!~」

遅くなってすいません!今回は2000文字以上書けとヨウ君(リアル)に言われた作者です!!とゆう訳で今回も頑張って書きますのでお楽しみください(〃・д・) -д-))ペコリン
─────────────
やあ、今回初めて視点担当のシュウトだよ。
ハヤテ?あ あぁ、アイツは良い奴だったよ(しみじみ)
 
ハヤテ(死んでねぇよ?!)
 
ヨウ(なんかデジャブ...)
 
シュウト(なら、早く視点替わってください)
 
ハヤテ(アッハイ)
 
ヴェル(いつか私もやってみたい)
 
そして、ハヤテが起きてすぐにシュウトが連れてきた子が起きた。
 
??「う、うーん」
 
シュウト「あ?起きた?」
 
ヴェル(。¬д¬。)ジトー
 
ヨウ「みたいだな」
 
ハヤテ「ヴェルが怖い (´◦ω◦`):ガクブル」
 
??「ここは?どこ?」
 
シュウト「僕はシュウトと言うんだけど君の名前は?」
 
??「ボク?ボクはシグレって言うんだ」

ハヤテ「シグレか...ひとまず、なぜ道端に倒れていたんだ?」
 
それから俺たちはシグレが倒れていた理由を聞いた。
犯人はシグレの親の知り合いだった。 
シグレには妹がいて元々、シグレ達の親は、二人を産んですぐに死んでしまっていて、知り合いのガイアという奴が引き取ったらしいのだが、ガイアは酷い奴で、シグレ達を監禁しており、隙を見てシグレだけ逃げたけど途中で力尽きて倒れてしまったらしい
そこに偶然シュートが通りかかって、今に至る...
 
ハヤテ「という事か」
 
シュウト「大雑把にまとめたね」
 
ハヤテ「まぁね」
 
シグレ「お兄ちゃん達、妹を助けてくれないかな?(´;ω;`)」
 
シュウト&ヴェル「ハヤテ」
 
ハヤテ「ん?(´・ω・`)」
 
シュウト&ヴェル「殺ってくる」
 
ハヤテ&ヨウ「行ってらっしゃい」
 
そして俺は二人に武器を渡した。
渡した装備はこんな感じ
 
シュウト 
メインウェポン
イズマッシュ VITYAZ
サブアーム
SIG P226
 
ヴェル
メインウェポン
AK47
サブアーム
IMIジェリコ941
 
と、こんな感じで持たせた。
 
ハヤテ「こんな感じでいいかな?」 
 
ちなみに使い方は教えてある。
 
シュウト「持ちやすいね」
 
ヴェル「問題ない」
 
シュウト「んで、シグレの妹って名前はなんて言うの?」
 
シグレ「ハクウって言うんだ」
 
ヴェル「ハクウだね...覚えた」
 
次の日が何も無かったので夜にシグレの知り合いの家にシュウトとヴェルが乗り込む事になった。
 
シュウト「...シグレは寝たし行ってくる」
 
ヴェル「殺ってくる」
 
ハヤテ「行ってらっしゃい」
 
ヨウ「ムリすんなよ」
 
シュウト&ヴェル「分かった」
 
─────────────
ガイア「くそ!!シグレはどこに行きやがった!!ハクウは何も知らないのか?!( `△´)」
 
ハクウ「し、知りません」

???「すいませーん」
 
ガイア「誰だ?こんな夜中に?」

ガイアがドアを開けるとフードを被った二人の人影が居た

???「ガイアさんのお宅でしょうか?」
 
ガイア「そうだが、何だ?」
 
???「突然ですが」
 
バッ 
 
シュウト&ヴェル「貴方には死んでもらいます」
 
ガイア「なんだと?!」
 
そう言ってガイアは魔法を放った。

ヴェル「無駄だよ!お兄ちゃん!」
 
シュウト「了解!!」
 
シュウト&ヴェル「せーの!!」
 
シュウト&ヴェル「ураааааааааa!!」

バババババ!!
 
そしてシュウトはVITYAZ
ヴェルはAK47を撃ちまくった。ちなみに改造してサプレッサーを内蔵してあるので音はそれほどしなかった。
 
ガイア「う、うぁぁぁぁぁぁ!!」
 
バタッ...
 
シュウト「よし」
 
ヴェル「早く行こ」
 
シュウト「そうだね」

ハクウ「あ、あのー」
 
シュウト&ヴェル「ん?」
 
ハクウ「あなた達は誰ですか?」
 
シュウト「君は...ハクウちゃんかな?」
 
ハクウ「はい、なぜ私の名前を?」
 
ヴェル「シグレに頼まれて来た」
 
ハクウ「お姉ちゃんに?」
 
シュウト「ひとまず帰るから、付いてきて」
 
ハクウ「で、でもガイアさんが...」
 
シュウト「テレポート」
 
─────────────ハヤテ「で、帰ってきたって訳か」
 
シュウト「そういう事になるね」
 
シグレ「妹を助けてくれてありがとうございます(〃・д・) -д-))ペコリン」
 
ハクウ「ありがとう!!」
 
ヨウ(俺の口数が少ない)
 
シュウト(喋れよw)
 
ヨウ「んで、そのガイア?だったか、そいつの遺体はどうしたんだ?」
 
シュウト「あっ、わすれてた」
 
ハヤテ&ヨウ「えっ...」
 
その後、数日してからガイアが遺体で見つかったという話があった、遺体には所々穴が空いていたらしい。
─────────────
そして数日後...
シュウト&ヴェル&ヨウ&ハヤテ「行ってきまーす」
 
シグレ&ハクウ「行ってらっしゃい!!」
 
4人は学園に合格し、今から入学式に行くところだ。

作者(移動はカットぉぉぉ!)

~IN学園~
 
ザワザワ
 
???「これより入学式を始めます」
 
レイア「私は学園長のレイアです」
 
レイア「皆さんお気づきかと思いますが今年度から獣人の方達も入学する事になりました。」
 
レイア「それでは良い学園生活を」
 
レイア「これで入学式を終わります。」
 
─────────────
ハヤテ「まさかの違う種族も来ることになったんだね」
 
ヨウ「そうみたいだな」
 
シュウト「早く帰らないと」
 
ヴェル「そうだね(ハイライトオフ)」
 
ハヤテ(ヴェルから目の光が消えた?!)
 
翌日、シュウトは朝白くなっていた。
 
────────────────
今回、文を多めにしましたが、どれくらいの長さの話が読みやすいかコメントで教えてください!(〃・д・) -д-))ペコリン

「転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く