転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)

ゆっくりダウト

「番外編~転神トーク!!~」

この回は作者達中の人がのんきに楽しく会話する回です。

どーも!!作者ですー!

ヨウ「ヨウの中の人だ」
 
シュウト「どもども、シュウトの中の人です!」
 
(この番組は???の提供でお送りします)
 
シュウト「なぁなぁヨウ」

ヨウ「なんだ?」
 
シュウト「ダウトさぁ…なんか長くすると言っても全く長くなってない気がするのは私だけなのかww?」
 
ヨウ「俺もそう思う」
 
シュウト「だろ?」
 
ヨウ「あぁ、いい加減にして欲しい」
 
ネ..ネタが...ね?(´・ω・`)
 
ヨウ「言い訳か?」
 
すいません_\○_ドゲザー
 
シュウト「言い残す事はそれだけかなww?」

他には質問あるー?
 
シュウト「こいつ呑気だなぁ…ww」
 
呑気では無い!能天気だ!
 
シュウト「だめじゃんww」
 
ヨウ「一つある」
 
ん?

ヨウ「俺は1度だけ語り手をした」
 
ヨウ「だが」
 
ヨウ「少し出番が足りない」
 
ヨウ「と言うかヒロインがシュートしか出ていない」
 
シュウト「まぁ、確かに」
 
シュウト「ていうかまだ私語り手やってない(´・ω・`)」
 
あっ、(察し)
つまり...(ヒロインはよ(ノシ 'ω')ノシ バンバン)って事?
 
ヨウ「Exactly」
 
シュウト「一回が短いからじゃ…」
 
シュウト「一週間あるのに、あの長さは、ねぇ?」
 
 すいません!!_\○_ドゲザー2回目
(言えない...考えている時間が土曜しかしてないなんて言えない)
 
ヨウ(聞こえてるぞ)
 
シュウト「聞こえてるぞ」
 
∑(・ω・ノ)ノ
 
ヨウ「貴様が考えることなど手に取るように分かる」
 
すいません_\○_ドゲザー3回目
 
シュウト(グーパーン)
 
( ゚∀゚):∵グハッ!!

シュウト「あとは…最近顔文字減ってきてね?てかなんかサボり気味じゃね?」
 
( ゚∀゚):∵グハッ!!
 
ヨウ「全く、日頃ゲームとかしてる暇があるなら書けたはずだろ」
 
Σ(゜д゜lll)ウッ
 
シュウト「あっそうそう」
 
ん?
 
ヨウ「ん?」
 
シュウト「ちなみに、小説どこまで出来てるの?(威圧)」
 
ヨウ「あぁ、それは俺も知りたい(威圧)」
 
(((っ;・ω・)っスススー
 
シュウト「コ☆ロ☆ス」
 
ヨウ「逃げるな」
 
シュウト「逃がさんよ?(ニッコリ)」
 
やめろォォォォオ( ゚Д゚)
 
ヨウ「知ってるか?本の角って凶器になるんだぞ?」
 
ノォォ━━(゚д゚;)━━ッ!!!!
 
シュウト「さて…では…ショータイムだ☆」
 
(~作者しばき中~)
 
( 'ω')ギャァァァァァァ
 
ヨウ「粛清、完了」
 
ぐふ・・・( ゚∀゚)・∵.∵.
 
シュウト「ふう、こんなもんか」
 
リザレクション!!
 
シュウト「しなくても別に生きてるだろうに…無駄に耐久高いのからww」
 
ヨウ「作者は殺されたいのか?」
 
 殺されたい訳無いでしょドMじゃないし(ヾノ・ω・`)ナイナイ
 
ヨウ「そのうち肉片骨の欠片も残さず殺してやる……」

∑(´□`;) ヤメテー!!
 
シュウト「ヨウ、小説止まるからそれはなし」
 
(ちなみに構想はラスボス4つまで出来てます)ボソッ
 
シュウト「じゃあいっぱいかけるだろてめぇww」
 
ラスボス戦はね?
 
ヨウ(そこまで出来てるなら次の回は2万文字行けるよなぁ)
 
死ぬよ精神的に?!
 
ヨウ「死なねーよ」
 
シュウト「それでは死なんよww」
 
シュウト「プレゼント送ってやるよ」
 
ヨウ「適当な癒し持ってきてやるよ」
 
なにかな?(*・ω・*)wkwk
 
シュウト「お前が好きなずい○うの画像」
 
ヨウ「適当なも〇じの画像」
 
仝 仝▼▽仝〇▽□〒□〒〒■□〒▼□▲▲▲■●―/^/<^//<,!! (作者の叫び)
 
シュウト「日本語話せこの野郎ww」
 
シュウト「キモい(グーパン)」
 
( ゚∀゚):∵グハッ!!
  
ヨウ「死ね(本の角アタック)」
 
( 'ω')ギャァァァァァァ
 
(作者粛清中……)
 
またかー!!( ゚∀゚):∵グハッ!!
 
シュウト「今度はクリュ撃ち込んでやった(ニッコリ)」
 
リザレクション!!_:(    _ ́ω`):_
 
ちなみに親キャラとかの質問ある?
 
ヨウ「それは読者がやることだろ」
 
シュウト「モナカが話したの一回だけじゃww?」
 
ヨウ「あー、確かにな」

あっ... 

シュウト「こwいwつw」
 
ヨウ「てかまぁ、ファロン以外の親の性格掴みづらいと思うが……」 
 
う、うん...
 
ヨウ「まぁ、まともな会話シーンがないからしょうがない」
 
(以外と長く続くねw)
 
ヨウ「文字数的にはまだまだだけどな」 
 
シュウト(長くなったのはあんたの悪い所がたくさん出てきたからだろうがww)
 
そうだけども(´・ω・`)
 
ヨウ「まぁ、あまり話すことは少ないから次回からは質問などを返答したらどうだ?」
 
シュウト「いわゆるコメ返しですな(´-ω-)ウム」
 
そだね!!
とゆう訳で質問等あればコメントしてください!!(個人情報等はなしでお願いします)
 
ヨウ「まぁ、とりあえず最後はアレしとくか」
 
シュウト「ショータイムだ☆」
 
ヨウ「亜光速滅多斬り☆」
 
シュウト「ヘッドショット☆」
 
(シュート、ヨウショータイム中)
 
( 'ω')ギャァァァァァァ
 
ナレーション『次は土曜日をお楽しみに』
 
ヨウ「次は今までの倍にはさせるからよろしく」
 
 

「転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く