転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)

ゆっくりダウト

「第9話~ヤンデレ?!~」

こんにちは!作者です今まではスマホで投稿していたのですが、今回は初のwbe投稿です!

ハヤテ「大丈夫なの?」

ヨウ「大丈夫じゃねえだろ」

シュウト「だね」

はい、正直心配です。(特に誤字脱字が・・・)
でも、なるべくないようにするのでしてたらごめんなさい<(_ _)>
では!本編をどうぞ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
学園の受験の日、俺たちはある宿の一つの部屋に来ていた。

ハヤテ「んで、今日が受験なわけだけど、勉強はしたの?」

ヨウ「しなくてもいい」

シュウト「夜中にやってた」

ヴェル「夜更かしはだめ」

シュウト「わかったヾ(・ω・`)」

ヴェル「ん…」

ナレーション(おい、シュウトそこ変われ。)

シュウト(やだ)

ヴェル(お兄ちゃんは誰にもあげない{虚ろな目})

ハヤテ「?!」

ヨウ「どうした?」

ハヤテ「い、いやなにも?(ヴェルってヤンデレだっけ!?)」

シュウト&ヴェル「?」

ハヤテ「と、とにかく、みんなは勉強してたと。」

三人「そうだね(な)」

ハヤテ「なら、いこっか!」

三人「了解!」

そして、俺たちは学園でテストを受けた。(ちなみにテストはカット!)

受ける会場が別々だったので帰る道も別々になった。
みんな同じくらいに帰ってきたがシュウトだけが遅く帰ってきた。

シュウト「ただいま~」

三人「おかえr…?!」

シュウトは背中に同じ位の年の女の子を背負っていたのだ。
それを見た瞬間ヴェルの目から光が消えた。

ヴェル「お兄ちゃん…誰?そいつ?」

そう言いながらヴェルは矢を数十本持ちながら弓をかまえた。

ハヤテ&ヨウ「で、そいつ(その子)は誰なの?」

ハヤテとヨウがヴェルを抑えながら、聞くと

シュウト「道端に倒れてたから危ないと思って運んできた」

そのことを聞くと落ち着いたのだろうかヴェルの手から矢が離れた。
(おわかりだろうか、ヴェルは弓をかまえててその手が離れたということは…)

ヴェルの手から放たれた数十本まとめてハヤテに刺さった。

ハヤテ「えええええええええ?!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回も話が短いですが今度こそ長くするので次回もよろしくお願いします!!。







「転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く