話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)

ゆっくりダウト

「第8話~人族の国 ドルード!!~」

こんにちは!ゆっくりダウトです!テスト週間ですがいつもの二人がうるさいので今週も書かせていただきます(〃・д・) -д-))ペコリン
では!お楽しみください!
??「ダウト...ちょっとこっちでオハナシ(物理)しようか」
あっ.........(察し)。
─────────────
移動はカットぉぉぉぉ!
 
ハヤテ「とゆう訳でやって来ました!人族の国 アズール!!」
 
ヨウ「うるさい(グーパン)」
 
ハヤテ「( ゚∀゚):∵グハッ!!」
 
ヴェル「早く行こう(ワクワク)」
 
シュウト「うん(ヴェルかわいい)」
 
そんなこんなでただ今俺達がいるのは人族の国 ドルードです。
今から、リーゼアム学園に行くところで、今回が初めてなので、宿の人に道を聞いておいた。ん?いつの間に宿に行ったのかって?カットした所です。

ハヤテ「ここをもうちょっと行ったところに.........あっ!あった!」
 
ヨウ「ふーん(-ω-)(本に集中)」
 
ヴェル「٩(´✪ω✪`)۶」
 
シュウト「( ºωº )ちーん」

ハヤテ「シュウト?...あっ、ダメだこいつヴェルの可愛さで気絶してる。」
 
そんなことを話ながら、学園の中に入っていった(ちなみに門は入学届を出す人が多いので解放してた)
 
受付員「こちらが受験受付でーす!」
 
ハヤテ&シュウト&ヨウ「受験あんの?!」
 
ヴェル「みたいだね(*´・ ・`*)」
 
受付員「あっ、受験ですか?」
 
ハヤテ「はい、4人お願いします。」
 
受付員「わかりました~では、ここに名前とあればですが苗字を書いてください!」
 
ちなみに俺たちは苗字を自分達で付けている。
 
ハヤテ「こんな感じかな?」

最後に俺が書いて終わった。
ちなみにこんな感じだ。
─────────────
ハヤテ=アオシロ
 
ヨウ=クロガネ
 
シュウト=シラザキ
 
ヴェル=シラザキ

─────────────

受付員「わかりました~では、3日後に受験があるのでお願いします~(〃・д・) -д-))ペコリン」
  
ハヤテ「はい、わかりました」
 
そして、受付を終えた俺たちは宿に戻ってきた。
 
ハヤテ「疲れた~」
 
ヨウ「お疲れ様」 

シュウト「おつー」
 
ヴェル「緊張した」
 
シュウト「ヴェル良く頑張ったねヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙」
 
ヴェル「ん♪」
  
ヴェルが可愛いと思ってしまった。そしたらどういうことだろう、シュウトが俺に殺気を向けて来た。
 
ハヤテ(怖ぇぇぇ!)
 
─────────────
今回は短かったのですが次からは長くするのでよろしくお願いします!(〃・д・) -д-))ペコリンでは次回をお楽しみに!
 

「転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く