話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)

ゆっくりダウト

「第4話~飯!~」

遅れてすいません!昨日で埋まらなかった分を今日投稿する事にしただけなので来週からは、また、週一投稿になると思います(〃・д・) -д-))ペコリン
─────────────
ハヤテ「やっぱり脩翔だったかフム(( ˘ω ˘ *))フム」
 
シュウト「ん?疾風なのか?」
 
ハヤテ「おう!久しぶり?3年ぶり!」
 
ヨウ「俺の存在薄くね?(´・ω・`)」
 
ハヤテ「あっ、ごめんごめんww」
 
ヴェル「私の影が薄いように感じるのはおかしいだろうか......」
 
シュウト「そんな事はないよ」
 
ヴェル「よかった( ⸝⸝⸝¯ ¯⸝⸝⸝)」
 
ハヤテ(ひとまずヴェル?も鑑定しておこう  鑑定)
 
─────────────
ヴェル

種族 ヨルムンガンド(雪&毒)
 
Lv1
 
HP.1万
MP.∞
魔力.10
筋力.10万
敏捷.10万
物防.10万
魔攻.10万
魔防.10万
器用.10万
運.1000万
視力.∞

スキル
千里眼  必中
 
自動スキル
二人で一人の証
 
称号
神獣 ブラコン 
─────────────
ハヤテ(え.........やっぱりみんな強くね?)
 
ヨウ「どうした?」
 
ハヤテ「いや、なにも?(すっとぼけ)」
 
シュウト「まぁいいや、ひとまず転生前のことは親には話さないで置こう」
 
ヨウ「そうだな(´-ω-)ウム」
 
ハヤテ「あっ、ごめんwもう話してたw」
 
ヨウ&シュウト「なにやってんだよ?!」
 
ヴェル(やっぱり私は影が薄いみたいだ(´・ω・`)
 
そんなこんなでみんなと再会した俺達はひとまず一階に上がることにした。
 
ハヤテ「父さん~今戻ったよ~」
 
ファロン「おおーみんなとは仲良く出来たか?」
 
ハヤテ「うん!...ところで、父さんの隣にいる人は誰?」
 
モナカ「初めまして、シュウトとヴェルの父親のモナカと言います(〃・д・) -д-))ペコリン」
 
ハヤテ&ヨウ「あっ、どうも(〃・д・) -д-))ペコリン」
 
リル「ヨウが地下から出てくるなんて珍しいのぉ」
 
ヨウ「色々とあったんだよ」
 
リル「そうか」
 
ファロン「そういやリル、ここのキッチンって使ってもいいか?」

リル「おお、いいがお主は料理は出来なかっただろう?」 
 
ファロン「俺じゃなくてハヤテが作るんだよw」
 
ハヤテ「はい、俺が創ります!」
 
リル「ん?何か言い方が違う気がするが作って貰うとするかの(*・ω・*)wkwk」
 
ヨウ「腹減った」
 
シュウト「同じく」
 
ヴェル「また私の存在が消えて来てる(´・ω・`)」
 
シュウト「ごめんな(つ・ω・(-ω-*)ダキッ」
 
ハヤテ「(  ˙-˙  )......なら、キッチン使わさせて貰いますね」

リル「お、おお、いいぞ」
 
こうして俺が作ったのはヨウ、シュウト、ヴェル、そして俺には良くあるお子様ランチで、リルさん、親父、モナカさんにはオムライスを作ったのだった。
 
────────────
リル「このオムライスは美味いのォ」
 
ファロン「そうだろぉo(`・ω´・+o) ドヤァ…!」
 
ハヤテ「なんで父さんがドヤ顔してんの?w」
 
ヴェル「お子様ランチがおいしいモグ(u艸u`○)モグ」
 
シュウト「そうだね(っ*´ω`*)っ(´□`*)」
 
と、言いながらシュウトはヴェルにお子様ランチを食べさせている。あ、ちなみにシュウトには俺が転移魔法で口の中にお子様ランチを入れてるのでご心配なく。
 
ハヤテ「あれ?ヨウは食べないの?」
 
ヨウ「本を読んでる」
 
リル「ヨウも食べた方がええぞ?」
 
ヨウ「食べる気にはならない」
 
ハヤテ「なら、これはどうだ!」
 
と言って俺が出したのはみんな大好きハンバーガー。
 
ヨウ「ŧ‹”ŧ‹”(٭¯ㅂ¯٭)ŧ‹”ŧ‹”」
 
ハヤテ「早?!」
 
と言った会話をしてると外から何か物音が聞こえて来た。
 
ドゴォォォォォォォォン!
 
─────────────
さて、今回はどうでしたか?

ヨウ「やっと出番が増えた」
 
シュウト「同じく」
 
ハヤテ「初っぱなからでてたから問題なしだよ!」
 
アッハイ
では!コメントや指摘、応援よろしくお願いします!(〃・д・) -д-))ペコリン
 

「転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く