転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)

ゆっくりダウト

「第3話 ~再会~」

こんにちは!作者のゆっくりダウトです!やっぱり1週間空いてると順位も下がりますよねw今回は2本立てで2本目は明日に出すつもりなのでおたのしみに!
──────────── 
 俺の事を親父に話してから約三年が経ちました!(*^^*)
最近は修行にも慣れてきて、普通に付いていける感じかな?
あっ、そうそう、今日は毎年一回開かれる3体の神獣が集まる神獣会議らしいです!。

ハヤテ「ヾ(・ω・`)ネェネェ父さん」
 
ファロン「ん?何だ?」
 
ハヤテ「今回は俺も行かないといけないんだよね?(´・ω・`)」

ファロン「そうだぞ~、今回はフェンリルの所で会議をするようだぞ~!向こうも子供が居るらしいからな!しかもお前と同い年だしな!」

ハヤテ「へ~( ˘ω ˘ *)そうなんだ~」
 
─────────────
という訳で移動はカットォォォ!
ファロン「来ました!フェンリル一家の家!」

ハヤテ「お、おおー(棒)」

リル「ん?なんじゃ、うるさいな」 
 
ファロン「うぃっす(^ω^)!ハヤテ、こいつは俺と同じ神獣(フェンリル)のリルだ!」

リル「お主がハヤテか、よろしく頼むぞい!」 

ハヤテ(ロリバb「ん?なんか言ったか?」いや、なんでわかんだよ(´・ω・`))

ハヤテ「初めましてリルさん、ファロンの息子のハヤテです(〃・д・) -д-))ペコリン」

リル「さて、ファロン」

ファロン「ん?何だ?(´・ω・`)」

リル「何故お前は何時も2時間位遅れてくるのじゃ?(威圧)」

ファロン「すいませんでしたぁぁぁぁ!」
 
ハヤテ「おおー見事なスライディング土下座」
 
リル「ひとまず家に入れ、話しはそれからじゃ」
 
そして俺と父さんはリルさんの後ろについて行った。
 
歩いて少しすると、赤レンガの建物が見えてきた。
 
ハヤテ(.........紅〇館じゃねえか!((( ;゚Д゚))
 
ハヤテ「リルさん、リルさん」
 
リル「ん?どうした?」
 
ハヤテ「まさかこの建物って地下に図書館ありますか?」
 
リル「あるぞ?」
 
ハヤテ(紅〇館じゃねえか!)
 
リル「まぁよい、そういやモナカの所も子供がおるらしいのしかも双子らしいぞ」
 
ファロン「へー同い年ならいいなー!」
 
リル「お主は前から知っとるだろう」
 
ファロン「あっ、そうでしたww」
 
ハヤテ「うちの親が馬鹿ですいません(´・ω・`)」
 
ファロン「ちょっと?!息子よ、酷くないですか?!」
 
リル「ほれ、着いたからファロンは一階のリビングで、ハヤテは図書館でヨウにでも会ってこい」
 
ハヤテ「了解です!(ヨウって......まさかね?w)」
 
ファロン「(*・。・)ノ ホーイ」
 
ハヤテ「ってか、リルさん、図書館?図書室?へ行くにはどうすれば良いですか?」
 
リル「んぁ?そこの階段で下に降りるとスグあるぞ」
 
ハヤテ「ありがとうございます(〃・д・) -д-))ペコリン」
 
ファロン「ヨウくんに迷惑掛けないようにな~ヾ(o゚ω゚o)ノ゙」
 
ハヤテ「おとうさんもね?」
 
ファロン「わかってるよ?!」
 
という訳で親と一旦わかれた俺は、階段を下って図書室らしき所に着いた。
 
ハヤテ「やっぱりどこぞの動かない大図書がいそうだなー」

そんな事を言いながら中を歩いていくと黒いフードを被った人物が居た。
 
??「俺の読書の邪魔をする奴は誰だ?」
 
ハヤテ(ラスボスみたいな言い方だなwまぁ、ひとまず魔法を創ってと)
 
『魔法:鑑定を作成しました』

ハヤテ(おおーこんな感じで創れるんだな~それと、鑑定.........?!)
 
─────────────
ヨウ(黒鉄 耀)
種族 フェンリル(全属性)
Lv1

HP.1万
MP.1万
魔力.10
筋力.10万
敏捷.∞
物防.10万
魔攻.10万
器用.10万
運.1000万

スキル
我が道をゆく 全属性魔法使用
 
称号 転生者(笑) 神獣 おかんを超えしもの
─────────────
ハヤテ「は?.........」

ハヤテ(は?いやいやいや!全属性魔法?!ドユコト?!てか、名前.........耀?!)
 
ハヤテ「まさかの耀かよ?!(;゚ロ゚)」
 
ヨウ「ん?その馬鹿な雰囲気は疾風か?」
 
ハヤテ「馬鹿は酷くない?!「いつもの事だろ」アッハイてか、この流れはまさか......ね?」

??「こんにちは」×2
 
ハヤテ  ヨウ「あっ、こんにちは(〃・д・) -д-))ペコリン」
 
話をしてると髪が長くて色(髪の毛の)が白銀?みたいな2人が現れた。

ハヤテ「あっ!お二人は神獣ですか?」
 
??「うん、ボクはシュウト」
 
??「私はヴェルという」
 
ハヤテ(シュウト...まさかと思うけど耀の事もあるしなぁーひとまず鑑定)
 
─────────────
シュウト(白崎 脩翔)
種族 ヨルムンガンド(土or毒)
 
Lv1

HP.1万
MP.∞
魔力.10
筋力.10万
敏捷.10万
物防.10万
魔攻.10万
魔防.10万
器用.10万
運.1000万

スキル 必中
 
自動スキル 二人で一人の証
 
称号
転生者(笑)  神獣   シスコン
─────────────
ハヤテ(デスヨネー)

次回へ続くby作者
    

「転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く