転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)

ゆっくりダウト

2話~疾風sideその2~

前回は、ほとんどノリで書いてしまって、何かもの足りなくなってしまいすいません(´・ω・`)今回からはちゃんと書きますのでこれからもよろしくお願いします(〃・д・) -д-))ペコリンでは、本編へどうぞ!
─────────────
俺が自分のステータスにあんぐりしていると、父親が戻ってきた。

ファロン「おーいハヤテ~飯が出来たぞ~............( ゚д゚)なんでお前ステータス見れてんの?!」
 
ハヤテ「おとうさん(真面目)」

ファロン「ん?(´・ω・`)改まってどうした?」

ハヤテ「実はボク...いや、俺は別の世界から来た転生者だったんだ」

ファロン「...転生者?( ̄-  ̄ ) ンー...まぁ、別の世界から来たなら、いきなり喋れる事もあるのか?」

ハヤテ「うん、それは分からないけど、本当はお父さんの子じy「何言ってんだ?」...え?(´・ω・`)」

ファロン「別の世界から来てたとしてもお前は俺の息子だ!(`・ω・´)キリッ」
 
本当に「キリッ!」って出そうな位の顔をしていた。

ハヤテ「......うん、ありがとう。」
 
ファロン「よっしゃ!それならまずは飯を食おうか!見た所歯は生えてるみたいだしな!」
 
ハヤテ「うん、......そういや、結局俺ってこの世界ではどういう感じなの?」

ファロン「簡単に言うと、この世界には3大神獣というのが居て、その中の一人?一匹が俺、フェニックスだ、んで、その後継者で、俺より強くなる筈のお前、つまりハヤテってことだ。」
 
ハヤテ「(゜д゜).........あ、つまり強いということかな?」
 
ファロン「まぁそういう事だな!けど、一つ忠告しておくが、その力は自分の大切な人や自分を守るために使えよ。」
 
と、いきなりかっこいいことを言い出してきてちょっとだけ、この世界でここに産まれてよかったと思った(まだ0歳だが)。

ハヤテ「うん“((。。*)」
 
ファロン「なら、こういう堅苦しい話しは終わりだ!明日から1歳になるまでこの世界の字を読み書きできるようになってもらうぞ!あっあと、剣術や魔術の練習もな!」
 
ハヤテ「うん.........え?(´・ω・`)」
 
訂正、この親は鬼でした。

─────────────
と言う訳で第2話終了しましたぁ!この話は半分ノリで始めたような感じなので、気軽に読んでくれると助かります!

耀  脩翔 「んで、俺らの出番は何時なんだ?(睨み)」 
 
おわっ!びっくりした~
まぁ、あと、1,2話したら出てくると思うよ?
という訳で皆さん!
これからもよろしくお願いします!(〃・д・) -д-))ペコリン  by作者

「転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く