転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)

ゆっくりダウト

1話 ~疾風side1~

1日でポイントが1000を超えてました!読んで頂きありがとうございます!これからも頑張るのでお願いします!(〃・д・) -д-))ペコリン

────────────────あっ、どうもあの神?によって転移した青城 疾風(あおしろはやて)です!
さて、今俺はどうなってるかと言うと、神が言ったように転移する...かと思いきや、転生してました(´・ω・`)
何故気づいたかと言うと、ただ今卵の中に入っているからです!( ゚д゚)何故?!)
まぁ、ステータスとか念じても出てこないし卵の殻を全力で蹴っていますw(*・ω・*)
けど、卵と言うことは親は人では無いな(´-ω-)(確信)
そんな事をしてると、卵にちょっとずつヒビが入ってきました!
てか、この卵割れねえな( ゚д゚)
あ、割れた
うおっ!目が~!目が~!(´つヮ⊂)
光がいきなり入ってきてそんな事をしてると、何やら人影が...え?早速バッドエンド?!食われたくねぇよ!
などと思っていると。
 
??「おっ!産まれたか!」
 
え......誰?
 
??「俺はお前の親父でファロンっていうんだ!」
 
でも、人間...だよね?
と思っていたらいきなりその人間が光って巨大な鳥になった。
  
ファロン「すまんすまんwこれが俺の本来の姿だ。ってかお前喋れるか?」
 
俺が驚いていると、いきなり話せとか言い出して来た。
 
疾風「おとうさん?」
 
などと声に出してみると親父?が(゜д゜)て顔をしてたw
 
ファロン「冗談で言ったのに喋れる...だと?!」
と、冗談だったらしい。
 
ファロン「ま、まぁフェニックスだったら普通に産まれたてでも話せるから大丈夫かな?てか!おとうさんって言ってくれた!ヽ(≧▽≦)/ヤター!」
 
俺は気になったから聞いてみた。
 
疾風「おとうさん?なの?」

この言い方恥ずかしいと思いきや普通にこの喋り方になる。

ファロン「そうだぞ~お前のおとうさんだぞ~(*´ー`*)」
疾風「ボクのおなまえは?」
ファロン「お前が好きに決めていいぞ~、この国?は自分で決めてもいいからな~(*´ー`*)」

などと言っているので元々の名前を使う事にした。
 
疾風「ぅーん......あっ!ボク!ハヤテっておなまえにする!」
ファロン「おぉぉぉ~ハヤテか~かっこいい名前だな~」
ハヤテ「えへへ~がんばってかんがえたんだ~(っ´ω`c)それよりも、おなかすいた~」
ファロン「ならご飯にしようか~」
 
と言って、どこかに居なくなった。

ハヤテ(え、ナニコレ(´・ω・`)俺の次の人生?鳥生?鳥なの?!あ、ステータス見れるかな?(*・ω・*)wkwk) 
と思い、心の中で(ステータス!)と、唱えると、次の様なものが目の前に浮んできた。
─────────────
ハヤテ(青城 疾風) Lv1
種族  神獣フェニックス
属性  水&氷
HP.1万
MP.1万
魔力.10
筋力.10万
防御.10万
敏捷.10万
魔攻.10万
器用.∞
運.1000万
 
スキル
衣替え  創造(物質、魔法、空間)
   
称号  転生者(笑)、神獣、神を殴ると誓った者、巻き込まれ体質
 ─────────────
えっ.........ナニコレ(´・ω・`)


「転生したら龍...ではなく世界最強神獣になってた(何故?!)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く